30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

リタイアガイジン

【賢者の隠居】「菜根譚」に学ぶセミリタイア道

士君子「金のない奴は俺んとこにこい!」 なんだよ野菜の本か? とおもったらリタイア者向きの本でした。 「菜根譚」に学ぶお気楽リタイア道 「楽ばかり」では成長しないぞ あまり孤独に暮らしてもよくない 財産が多すぎても不安に襲われる 「正しいこと」で…

人生に絶望した社畜は「チャプリンの演説」を聞きましょう

社畜たちよ、奴隷制のために働くな。自由のために働こう! ひさしぶりにチャプリンのスピーチ聞いたらビビっときました 社畜はチャプリンの演説を聞きましょう リタイア無職が気にいったところ 終わりに あなたは「自由」のために働いていますか? 社畜はチ…

【株vs不動産】「たった2軒の賃貸物件」でFIREに成功した人

不動産はつおい たった2つの賃貸物件でFIREを達成した方法 Reddit民の反応 株の方がいいだろ vs いや不動産だ 不動産投資は資本がない場合にはよい 終わりに 私の意見 不動産はやっぱり魅力 たった2つの賃貸物件でFIREを達成した方法 「How I achieved Lea…

「社畜に必要なのは啓蒙だ」とカントは言った

啓蒙とは何か。それは人間が、みずから招いた未成年の状態から抜けでることだ。 カントのエッセーを読みました 「社畜に必要なのは啓蒙だ」byカント 他人の指示がないと動けない なんも考えないのは楽 社畜は自分で考えることを恐れる 社畜は社会に脅迫さ…

「底辺職に就くのはなにも考えてないから」byアール・ナイチンゲール

「底辺職をバカにするのはひどい!」 と話題です。 たまたまアール・ナイチンゲールの本を読みました。 そしたら底辺職についてけっこーひどいことが書かれてました…… 「頭を使えば底辺職から抜け出せる」アール・ナイチンゲール 底辺職とは「だれにでもでき…

「人の逆」が経済的独立への道――アール・ナイチンゲール

「世間一般の行動を観察し、その逆をとれば、人生で間違うことはない」 YouTubeを流してたらアール・ナイチンゲールの 「どのようにしてトップ5%のリッチはそーなったか?」 という動画があった。 おもしろいのでDeepl翻訳を引用してみます。 「人の逆」に…

【書評】「寝そべり主義者宣言」を読む33歳無職男性

目の前で起きていることにうんざりして、首を横に振りながら吐き気を催している若者たちは、もうすでに寝そべっているのだ。 「寝そべり主義者のマニフェストThe Tangpingnist Manifesto」こと「寝そべり主義者宣言」。 ネットに転がってなくて探してたんで…

【金か人生か】ジョー・ドミンゲスの「人生を取りもどす9のステップ」

セミリタイア古典 ジョー・ドミンゲスの「金か人生か(Your Money or Your Life, 1992年)」という本で 「9のステップ」 というのがあるらしい。 まだ本を読んでないけどサクッと紹介してみる。 人生を取りもどす「9のステップ」 1.過去を精算しよう 2…

「セミリタイアが嫌になった」と半年で労働に戻った人の話

リタイアを半年でリタイア 貧乏リタイアしたけど、パニックになって労働に戻った、でも労働が嫌い 混乱してるんだ。FIREのために15年費やし、9ヶ月前に貧乏リタイア(LeanFIRE)した。7ヶ月がすぎて、パニックになった。そしていま働いて3ヶ月だけど、…

【21世紀の出家】「FIREと出家は似てる」とネルケ無方はいった

「FIREと出家って似てない?」 という質問が、ネルケ無方の勉強会の動画で語られてた。 FIREと出家はよく似ている お坊さんとFIRE民はけっこー似てる 「保証があるか」が違うところ 社会になにか還元した方がいい 終わりに 意外と近いセミリタイアと仏教 FIR…

「無職はドブネズミのようにしぶとく生きろ」とバンクシーは言った

「マッシブ・アタックバンクシー展」 が札幌にあったのでいってみました。 「ネズミのようにしぶとく生きろ」とバンクシーは言った 「善意のおしつけ」ほどウザいものはない 「マジメに働く人」ほど危険なヤツはいない 終わりに バンクシー展、不満もあるけ…

リタイア後の労働――「好きを仕事に」がダメな理由

「好きなことをしていれば、お金はあとからついてくる」というのは、ほとんどの場合まちがっている。 「リタイアしたら自分の好きなことでおカネを稼ごう!」 というのは、実は危険なのです……。 「好きなこと」を仕事にしてはいけない理由 好きなことを仕事…

【燃え尽き症候群】「リタイアをやめて働きだす」残酷な現実

「リタイアをリタイアした」 livingafi氏のブログ記事を読みました。 なぜ彼はリタイア生活をやめてふたたび働きだしたのか? 「リタイア者の怖い話」と呼ばれる記事 リタイア後は「燃え尽きる」 まわりはキャリアを積んでいく――「取り残された感覚」 年をと…

【セネカ】「人生の短さについて」はリタイア者向けの名著です

「ヒマな生活をゲットしようぜ」とセネカはいった 「人生の短さについて」をUBER旅中に読みました。 岩波版は読んだけど、古典新訳文庫版を読んでみた。 意外にも、リタイアマインドがふんだんにありました…… 「人生の短さについて」のリタイアマインド 「人…

【無職哲学】ショーペンハウアー、リタイア生活を語る

「陰キャの神」が語るリタイア生活 ショーペンハウアー「幸福について」 をパラパラ読んでました。 「人の有するものについて」 という章がリタイア者向けだったので紹介します。 ショーペンハウアーの語るリタイア論 リタイア資金なんてひとそれぞれ 貧乏か…

21世紀は「お金より自由」という価値観です

すごいクルマ、でかい家は古いステータスシンボルだ。究極のフレックス(自慢できるもの)は自由だ。時間の自由、場所の自由、経済的自由。 21世紀は「お金より自由」かもしれない 「お金より自由」と私も思います 現代はだいたい「だれでも豊か」 終わり…

貧乏人でも労働から解放される――それが「LeanFIRE」です

ビンボーなのにリッチな不思議 それがLeanFIRE(ビンボーリタイア)です。 「リーンFIREの社会的地位について考えたことある?」 という質問がRedditにあった。 ひとから見れば、ぼくは低収入で底辺だ。傷だらけの古いクルマに乗ってるし、ジェネリック食品…

30歳リタイア者からの忠告「リタイアは精神的な死」

やあ友人たちよ。ぼくはかつて君たちだった! 20代のころIT企業ではたらいて、貯金し、不動産に狂ったように投資した。この肥大化した不動産市場がぼくに莫大なカネをもたらした。この一年、ぼくは働かなかった。最初の6ヶ月は純粋に恍惚だった。でもいま…

【37歳で退職】「モンテーニュ」が完全にリタイアブロガーです

400年前、早期退職して旅・読書・執筆にあけくれたおっさん 宮下志朗氏の「モンテーニュ 人生を旅するための7章」を読みました。 モンテーニュ…… 完全に「リタイアブロガー」です ミシェル・ド・モンテーニュとかいうリタイアブロガー モンテーニュのリタ…

【労働の拒否】中国の「寝そべり族」に共感する32歳リタイア男性

ニートが増えるのは「歴史の必然」です 「躺(とう)平主義」という言葉は、金儲けをせずカネの奴隷にならないことや、生活水準に対して欲が低く贅沢な暮らしはいらない、マイホームを買わない、恋をしない、結婚をしない、子どもを産まない、職場での昇進を…

「1500万円」あれば完全リタイアは余裕(かも)

少ないお金で賢くリタイア 人生で幸せになるためにはほとんどわずかしか必要ないと気づいた。以前は、毎月数千ドルを使っていたが、不満足だった。いまでは、月500ドルつかえば、私はすばらしく幸せだ。 月500ドルは、年間6000ドルだ。6000ド…

【幸福な怠惰】セミリタイア者は「怠け者」なのか?

「早期リタイアする人ってただの怠け者なの?」 リタイア生活は「しあわせな怠惰」 幸福で平和なリタイアライフ リタイア生活は怠惰ではなく「自由」 たくさん働いたから怠ける権利がある 終わりに したいことだけする毎日 リタイア生活は「しあわせな怠惰」…

実は都会暮らしこそ「負け組」かもしれません

都会ってそんなによいとこじゃないかも Quoraでおもろいのを見つけました 「都市は負け犬のためにある」グレッグ・モンクス氏 都市って「良いもの」なのか? 現代もそーかわらないかも 終わりに 田舎暮らしで経済的独立しましょう 「都市は負け犬のためにあ…

【食費0円】「フリーガニズム」で働かずに生きる人の話

彼は45歳でリタイアした。銀行には150万ドルあった。それでも月に300ドルしか使わなかった。 ダニエル・テイDaniel Tayというおもしろい人物を発見しました。 彼はシンガポールで、「フリーガン」というオルタナティブな生き方をしてる人です。 彼の…

【元マイクロソフト】35歳でリタイアしたエンジニアの話

リタイアはお金の問題じゃないんだ。マインドセットの問題だ。 35歳でリタイアしたインド人、モハメド氏のリタイア観に共感したので紹介します。 「めちゃくちゃ早くリタイアした感想はどんな感じ?」というような質問の回答とコメントから訳してます。 Im…

リタイアして作家になったマイケルさんの話

私の唯一の後悔は、もっとずっと早くにこのリタイア生活を実現しなかったことだ! Quora見てたらMichael Murphyさんのいい文章があったので紹介します。 毎日が土曜日 ↑はヘミングウェイの写真 亡き父が言っていた……「もし神がなにか良いものを作ったなら、…

【非定住】放浪型のセミリタイアもアリかもしれません

放浪型リタイア生活のすすめ 野宿しまくりの最近です。でも、昨日は蚊に刺されまくって逃げ帰りました もう蚊がいるんですね……。 野宿して思うことなんですが、旅するのにそれほどお金がかからないということです。 セミリタイアには家賃から解放されること…

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!