30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【金か人生か】ジョー・ドミンゲスの「人生を取りもどす9のステップ」

セミリタイア古典

ジョー・ドミンゲスの「金か人生か(Your  Money or Your Life, 1992年)」という本で

「9のステップ」

というのがあるらしい。

まだ本を読んでないけどサクッと紹介してみる。

人生を取りもどす「9のステップ」

1.過去を精算しよう

1.人生におけるすべての収入を計算しよう――私の場合、110万ドル稼いだ。

2.現在の純資産を計算しよう――私の純資産は20万1120ドルだ。

自分をジャッジすることなく計算するのが大事だ。

それでも、なにか感情がわきおこったなら、自分についてもっとよく知るチャンスだ。

いきなり大仕事です😅

私はテキトー計算ですが

「2200〜2300万円稼いで1000万円残った」

感じかな。

2.いまここに存在しよう――自分のライフエネルギーを調べる

1時間の労働で実際にいくら稼いでいるかを計算する。

時給20ドルと思ってるかもしれないが、労働関連の支出はどうだろうか?

驚くかもしれないが、ランチや飲み会、通勤や自動車費用、ベビーシッターなどの支出を考えると、実際の時給は5ドルかもしれない。

これは大事です。

自分の労働の「実時給」を考える。

通勤時間や、労働関連の経費込みで。

それによって

「労働が自分にとって妥当か」

が見えてくる。

「UBERで時給4000円稼いだ」

とか私もいってますが、経費や通勤?時間考えると2500円だったり。

関連:【ボロ儲け】UBERで「時給4000円」を叩き出しました

3.すべてはどこに行ったのか?

毎月、自分にあったカテゴリ分けして、支出表をつけよう。

お金がどこに行ったかわかりやすくなる。

「すべての支出を管理する」

これはリタイア後も超大事な作業です。

私もなにかを買うたびにメモってます。

関連:家計簿はGoogle KeepとSheetで楽ちんです

4.あなたの人生を変える3つの質問

1.人生エネルギーを費やしたら、それに比例して満足、充実感、価値を得ることができたか?

2.人生エネルギーの消費は、自分の価値観や人生の目的と一致しているか?

3.生活のために働かなくてよいのだったら、支出はどのように変わるだろうか?

ここで重要なのは、毎月の支出カテゴリーに+、ー、0をつけることだ。

マイナスはあなたの人生エネルギーを奪う。価値や目的にあってないことになる。

プラスはその逆だ。

ゼロは、その出費が問題なく、人生エネルギーを増加も減少もさせない。

労働や消費が自分の目的に合うか、価値観に合うかをチェックします。

5.人生エネルギーを見えるようにする

毎月の収入と支出の大きなグラフをつくり、壁に貼って毎日見えるようにしよう。

これはなかなかおもしろそう😂

Are you valuing your life energy?

↑こんな感じになるはず

6.人生エネルギーを大事にしよう――支出の最小化

自分の価値観や目的にあわない支出をやめることで、人生エネルギーlife energyの価値付を学ぶ。

このステップはかんたんだし、なんら制約を感じることはない。

  • 新しいソファを買うのに、3週間の労働を費やす価値があるか
  • 5泊の海外旅行が1か月の労働を費やす価値があるか

ほとんどの場合「そんなことはない」となるはず。

私もこれは社畜時代に習慣にしてました。

「100円のおかしを買うと、労働○分相当だ」

という感じ😅

7.人生エネルギーを大事にしよう――収入の最大化

1.可能な限り高い収入を得られるようにする

2.自分の尊厳と健康を維持する

3.自分で期間を決める

自分の目的にあった仕事をする。

収入を最大化する。

ただし、自分の尊厳や健康を犠牲にしてはいけない。

また、労働をいつまでやるかは自分で決める。

定年まで続ける必要はないのです。

8.資本とのクロスオーバーポイント

支出はかんたん・自然に減っていき、収入もかんたん・自然に増えていく。するとだんだん貯金が増えるだろう。

このお金は資本だ。

このお金をつかって、いつになったら十分な投資収益があり、経済的自立とクロスオーバーするかを計算しよう。

剰余のお金を投資してそのリターンを計算します。

よくいわれるのは「4%ルール」です。

年間支出が100万円なら2500万円あればいい。

ここまでのプロセスで支出は完全に把握してます。

かんたんに計算できるでしょう。

9.ファイナンスをマネジメントしよう

ここは長期米国債に投資することのみ教えているので、少し時代遅れだ。

この本が書かれたときは、配当が6%だったから。

しかし、理論としては問題ない。オールシーズン・ポートフォリオなど他の投資方法も利用できる。

「経済的独立」が実現したら、あとは

「一生食いっぱぐれない資産管理」

です。

英語圏のFIRE界隈ではS&P500が超人気ですが、さいきんの米国株低迷で怪しくなってます😨

とにかく「守りの投資」が必要ってことです。

マンガーが言ってたように

「賢くなるのではなく、バカにならない」

ことが大事。

関連:「投資は待つのが仕事」とマンガーは言った

終わりに お金の流れをつきとめるのです

  • いくら金が入ってくるのか?
  • いくら金が出ていくのか?
  • どれほど労働しているのか?
  • その労働は自分の価値観に合うのか?

これはだれもが考えなきゃいけない問題です。

でも、それができてるのは10%ほどでしょう。

  • 徹底的に金の流れを追う
  • 見えるようにする
  • 自分の価値観を大切にする

やることはシンプルです。

年収数千万円もいらない。

宝くじにあたる強運も必要ない。

経済的自立は

「けっこー近い」

のです😘

←こんど読みます……😅

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!