30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

21世紀は「お金より自由」という価値観です

すごいクルマ、でかい家は古いステータスシンボルだ。究極のフレックス(自慢できるもの)は自由だ。時間の自由、場所の自由、経済的自由。

f:id:mikuriyan:20210827162326p:plain

21世紀は「お金より自由」かもしれない

Reddit民の感想。

物質文化は残ってるし機能している。より多くのひとが時間に価値をおいているようだ。でもほとんどのひとは時間を犠牲にしても、かっこいい家、クルマ、仕事を誇るようだ。ぼくにとってはなにより自分の時間が大事なんだけど。

時間は多元宇宙でもっとも価値のある資源だ

これがぼくの長期計画の考え方だ。メルセデスをもつのは良いが、それを買うなら、ミドルレンジのクルマを買って労働時間を少なくした方がいい。

これ! 10000%これ! でかい家やナイスなクルマとかどうでもいい。私が気にするのは自分がしたくないことをしなくていいことだけだ。

私がしたいのは、手遅れになる前に、息子や家族と時間をすごすこと。

私と彼氏が子どもを持たないことにした理由のひとつがこれだ。もっと自由を! おおくの人々は特定のことがらを自分もすべきだとオートマチックに考える。でも私/私たちには当てはまらない。

ただ、「お金とは自由である」「お金なしでは自由になれない」という意見もありました。

「お金より自由」と私も思います

  • 時間の自由――毎日なにしてもOK
  • 場所の自由――ロンドンきてもなんも問題なし🤣
  • 経済の自由――お金の心配なし

究極の自由無職です。

豪邸もってません。

150万円で買った田舎の家です。

高級車もってません。

1万円のスクーターを自分でメンテして乗ってます🤣

でも、そっちの方が「自由」なんですよね。

いまでさえ家やバイクが心配です。

  • 泥棒や動物が入ってないか
  • 窓があいてないか
  • 押入れがカビてないか
  • ネコちゃんがバイクにいたずらしてないか

ベンツや豪邸をもってたら?

もっとめんどくせーだろなーと思います。

豪勢なものをたくさん持つほど、かえって自由を失う……🥺

関連:【働かない生活】「貧乏にこそ自由がある」のです

現代はだいたい「だれでも豊か」

昔はお金持ちと庶民の生活はぜんぜん違った。

貧乏家庭には自動車がなく、テレビがなく、冷蔵庫がなく、お風呂さえなかった。

でも、現代ではだれもがあたりまえにもってます。

乾燥機がなかったり、ルンバがなかったりするが、たいした違いはない。

いまどきスマホをもたないのは変わり者だけです。

型落ちのアンドロイドでも、iPhoneでも、することはかわらない。

同じゲームをして、同じサイトを見る。

高価なiPhoneでYouTubeのクソ動画を見て時間を無為にする人がいれば、安いアンドロイドで高度なコミュニケーション方法や情報を得る人がいる。

ビンボー人も金持ちもたいしてかわらん。

世界は均質化しているのです。

終わりに 自由は「かっこいい」

「物質的富」と「自由」どっちがかっこいいのか?

多くの人には前者でしょう。

財力はわかりやすい。

ロレックスにせよ、高級車にせよ「見せびらかすためのウリモノ」です。

テレビも雑誌も「すごーい!」ともちあげます。

ただ、人々がスマートになるほど自由を求めるでしょう。

これは現代に限った話じゃなく、昔っから「ブッダかっけえ」「ディオゲネスさいこー」って人は多かった。

私が自分の生活を話すと、だいたいの人はうらやましがります。

比較的若くて、自由ですから。

「時間はもっとも価値のある資源」

はほんとーです。

「お金より自由」

という考え方は、これからどんどん広がるでしょう。

人類がおバカじゃなければ……🤣

関連:【富は重荷】知識があれば「必要以上のお金」はいらなくなる
関連:【お金はいらない】「とにかく静かに暮らしたい」クラスタ
関連:【脱社畜】「働かない生活」で変化した価値観

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!