30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

「衣食住そろってるのに働く意味なんてねーよ」by吉田兼好

ムダなことして時間を過ごすヤツを――

アホとか勘違い野郎という。

国のため、経営者のためにイヤイヤやんなきゃいけないことは多い。

それをのぞいたら、ヒマな時間はあんまりない。

考えてみると、人間が生きてくのに必要なのは

  • 食うもの
  • 着るもの
  • 住むとこ

世の中どれほど大事なことがあっても、この3つにはかなわない。

お腹がすいてつらい。寒い。雨に打たれる。そんなことなく静かに過ごすのを楽しみにする。

だけど、人間だれでも病気になることがある。

病気……こりゃーやっぱつれーわ。

だから医療を忘れちゃいけない。

衣食住にクスリを加えた4つが手に入らないなら、それはビンボーってことだろう。

この4つがそろっていれば君はリッチ。

もしこの4つのほかになにか求めるなら……それは「強欲」というもの。

4つのことをつつましくやってるなら、不満を抱くことはないはずだよ。

無益のことをなして時を移すを、愚かなる人とも、僻事(ひがごと)する人とも言ふべし。国のため、君のために、止(や)むことを得ずしてなすべき事多し。その余りの暇(いとま)、幾ばくならず。思ふべし、人の身に、止むことを得ずしていとなむ所、第一に食ふ物、第二に着る物、第三に居(お)る所なり。人間の大事、この三つには過ぎず。饑(う)ゑず、寒からず、風雨にをかされずして、閑に過ぐすを楽(たのしび)とす。ただし、人皆病あり。病にをかされぬれば、その愁忍びがたし。医療を忘るべからず。薬を加へて四つの事、求め得ざるを貧しとす。この四つ欠けざるを富めりとす。この四つの外を求め営むを驕りとす。四つの事倹約ならば、誰か人の足らずとせん。(徒然草 第百二十三段)

「人生の時間は少ない」by兼好

無益のことをなして時を移すを、愚かなる人とも、僻事(ひがごと)する人とも言ふべし。国のため、君のために、止(や)むことを得ずしてなすべき事多し。その余りの暇(いとま)、幾ばくならず。

時間をムダ遣いするのはアホ。

そりゃーもちろん

「しょうがない」

ことがある。

  • 生活費を稼ぐためには働かなきゃいけない
  • 税金を払わないと怖い人がやってくる

「いや、俺は自分の給料のために一日8時間働いてるんだけど」

という人でも、8時間のうち数時間は「経営者の利益のため」「国に税金を払うため」に働いている。

あなたが年間2000万円分の労働をしたら、経営者に1600万円もっていかれ、国や自治体に134万円もっていかれ、地主や大家に67万円もっていかれ、手元に残るのはだいたい200万円です。
(関連:【労働、税金、家賃】会社員はどれほど搾取されているのか?

ただでさえ「時間泥棒」されてんのに。

時間をムダ使いしたらあっちうまに死にます。

「もっとまじめにヒマになれよ」by兼好

食うもの、着るもの、住むとこを確保せよ

思ふべし、人の身に、止むことを得ずしていとなむ所、第一に食ふ物、第二に着る物、第三に居(お)る所なり。人間の大事、この三つには過ぎず。饑(う)ゑず、寒からず、風雨にをかされずして、閑に過ぐすを楽(たのしび)とす。

兼好の時代とちがって

  • 食うもの
  • 着るもの

はクソかんたんに手に入ります。

20円でうどんが食える。服はジモティーで無料。

でも「住むとこ」はむずかしい。

飢え死にを恐れるひとはほとんどいないけど

「ホームレスになること」

を恐れてるひとはめちゃ多い。

  • 「家賃払えなくなったらたいへんだ😭」
  • 「住宅ローンが払えなくなったら……🥺」

と働かなきゃいけない。

「住むとこ」

は必要不可欠です。

私がリタイアしたのも、150万円ハウスを買って「住むとこ」を確保したことがきっかけです。

1万円アパート、公営住宅、ボロ戸建てや自作小屋でもいいですが。

「住むとこ」

を確保しましょう。

「ゆたかさ」

を感じますよ……🤗

関連:【賃貸より持ち家】家を買えばすぐリタイアできます

健康ってマジで大事だ

ただし、人皆病あり。病にをかされぬれば、その愁忍びがたし。医療を忘るべからず。

これはすごい現実的。

大金持ちでも、偉い人でも、ヨットや豪邸や執事やお手伝いさんをもっていても、病気ならだいなしです。

「生きるのマジつらたん🤮」

となります。

「幸福は健康が9割」

とショーペンハウアーもいってた。

さいわい日本では医療アクセスが困難ということはありません。

まあ酒を飲みまくったり運動しないと手遅れになりますが……。

関連:【無職哲学】ショーペンハウアー、リタイア生活を語る

必要なもんがそろってればリッチ

薬を加へて四つの事、求め得ざるを貧しとす。この四つ欠けざるを富めりとす。この四つの外を求め営むを驕りとす。四つの事倹約ならば、誰か人の足らずとせん。

  • 食うもの
  • 着るもの
  • 住むとこ
  • 医療(健康保険証)

ぜんぶ持ってますか?

持ってるならおめでとう、あなたはリッチです🥳

いやいや俺はぜんぜん貧乏人だ、足りない足りない:

  • もっとお金がほしい、5000万円くらいほしい
  • かわいい嫁/かっこいい夫/自慢の子どもがほしい
  • 仕事で成功したい、一流と認められたい

とか思うならそれは「貪欲」というもの。

「日々ぽよよんと過ごせたらそれでいんだわ😗」

とつつましく暮らせるなら不満なことはなんもないだろ?

……と兼好はいう。

終わりに 徒然草というセミリタイア本

  • 贅沢品を求めてあくせく働き時間を失う
  • 必要なものに満足して静かな時間を得る

あなたはどっちがいいですか?

前者なら社畜ライフ。

後者ならリタイアライフ。

オーロラやサンゴ礁、雪をかぶったアルプス、苔むした岩、きらめく滝のある星に生きてるのに、キャリアを積むとかしなきゃいけないの信じられない。

私も資産を2000万円に増やす計画を立ててますが、これは驕りでしょうね。

いまは円高で資産が激減中です。

これでよかったのかもしれません。

よか、よか、よかった……あれ、目から汗が……。

←セミリタイア本よりセミリタイア本

関連:【徒然草】吉田兼好に学ぶ「日本的セミリタイア」

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!