30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【限界突破】「年間50万円生活」はどうやって可能か

年間50万円以下、月4万円くらいで暮らす――

意外と可能なのです。

もちろん、ゴリゴリに支出を削る必要があります。

なにを生活から抹殺すべきなのか? そのメソッドを公開します。

ド節約生活で失うもの

プロパンガス

プロパンガスは地域によりますが、月3000~5000円かかります。とても払ってられない😭

水道や電気はないと生きていけませんが、ガスでできることはしょせん湯沸かしと調理です。

調理はカセットガスで何も問題ありません。お風呂については、温タオルの清拭・水シャワーで清潔感を保てます。

関連:冷水シャワーで高すぎプロパンガスから解放される
関連:【ガスなし生活】ポットのお湯だけで全身を洗う方法

暖房

暖房はバカみたいに金がかかります。

「部屋の温度を上げる」というのは、高断熱住宅でない限りエネルギーロスの塊です(私の150万円ハウスはほとんど外気温と同じです🤣)

  • 体表面の温度をあげる→電熱ジャケットや厚着
  • 小スペースの温度をあげる→室内テントやこたつ

これで乗り切りましょう。

こたつの電気代は月数百円、電熱ジャケットは数十円増えるだけです。

関連:さらば室内テント――暖房なし生活を終えて

外食

貧乏生活は自炊が基本です。

外食は一食600~800円は平気でかかります。それほどおいしいか、健康的かというとそうでもない。

一方で自炊なら一食150円くらいで健康的なメシが食えます。そして自分好みの味付けができます。おまけに料理は「楽しい」。気晴らしになります。

関連:【阿鼻叫喚】食費1万円前半の貧乏節約レシピ

ファッション

たぶん、多くの人は「若いときに一生分の服を買った」と思います。それを着回せば十分でしょう。

新しい服を買う必要はありません。

私は大学生のときに買った服をまだ着てます😅 そして実家にもたくさんストックがあります。下着はダイソーやキャンドゥで買ってますが、新しく服を買わなくて済んでます。

「断捨離」に惑わされないことです。まだ着れる服を捨てる……これはモッタイナイ!😭

関連:【ダイソー殺し】キャンドゥーの110円ドライTシャツがすごい

冷蔵庫

これは好き好きですが😅 

月600~800円電気代が安くなるようです。

あとは意外なことですが、食材ロスが非常に少なくなります。食材を溜め込んで腐らせることがなくなるんです。掃除しなくていいし、モーター音がうるさくないし、冷蔵庫なし生活は意外といいことが多い。

「暖かくなったらさすがに必要だろ」と思ったんですが、この時期でも意外となんとかなってます。スーパーでもらった氷をクーラーボックスに入れたら24時間は大丈夫なんですよね。

ちなみに電子レンジもまだ導入してないけど意外と余裕です😆

関連:冬は冷蔵庫なし生活が余裕で可能です 

自動車

私は自動車をもってますが、ナンバー返納しました😅 

自動車は一台保有してるだけで数十万円かかります。

自動車税・重量税・車検費用・自賠責保険・任意保険・ガソリン代・オイル代・タイヤ代……

おまけに、どこか壊れたら数万円ポンと飛んでいきます。人間より金食い虫かもしれません。

私はバイクとチャリで移動してますが、ひとりで暮らすならそれで十分です。

関連:【断捨離】リタイア生活に自動車なんて必要ないのです

賃貸住宅

賃貸住宅から抜けだします。

「自分の家」に住むことで毎月お金を奪われることを予防します。

家賃3万円で年36万円、6万円なら72万円の出費であり、これだけで莫大な金がかかることになります……😭

関連:家賃ほど無駄な出費はありません

終わりに 究極の不要物は「賃金労働」

労働なくして消費もなくそう

以上のように支出はゴリゴリ削減することができます。

現実に私の半年の支出は22万円ほどでした。

関連:リタイア半年間でかかったお金【2020年5月の支出】

f:id:mikuriyan:20200603093337g:plain

しかし、それは何よりも「働かない」ことによって可能なのです。

  • 「雨の日でも出勤できるように自動車が必要だ」
  • 「職場で恥ずかしくないオシャレな服が必要だ」
  • 「勤務先の近くのマンションに住みたい」
  • 「仕事で疲れてるから外食したい」
  • 「ストレス解消にショッピングしたい!」

働いてるとこのようになります。意外と労働ってのは「ヒドゥン・コスト」がかかるのです……🤔

しかし、リタイアして働かない日々を送ってると、「消費する必要がないな~」となります。(そして「働く必要なんてないな~」となります)🤣

「消費と労働」は現代の蟻地獄……

そこから抜けだしてはじめて真の自由があると言えます。

みなさんも支出をゴリッゴリ削って「経済的自由」を手に入れましょう。

自由は意外とすぐそこにあるのです😘

関連:【節約は簡単】リタイア生活は恐ろしく金が減りません
関連:【極貧】金なしビンボー生活が実は「豊か」な理由

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!