30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【さっさと辞めよう】賃金労働は「時間のムダ」です

君たちを喩えるならば……そうだな、うん……、
……茹ですぎたパスタ……そうだ、茹ですぎたパスタかな。
そうだ、我ながら素晴らしい比喩だよこれは!
ねえ、茹ですぎたパスタは食べたことあるかい?……ない?ないならそれでいい。
あのね、はっきり言って茹ですぎたパスタなんてのは、とても食えた代物じゃない。
生きたカエルに噛り付いたほうがまだマシさ……いやいやホントだよ。

でもね、パスタたちは、茹でられる前はあらゆる可能性に満ちていたんだ。
アルデンテで上げられてミート・ソースの美味しいスパゲティになったかもしれない、
あるいは柔らかめに上げられてそのままスープ・パスタにされたかも知れないね。

だけど、不幸なことに、君たちはその最適な時間を逃してしまったのさ。
誰のせいというわけでもないだろう。
茹でている最中に誰かが電話をかけてきたのかもしれない。
あるいは茹でていることを忘れて古い本に没頭していたのかも知れないね。
責めちゃだめさ。大事なのはいつだって「今」だ。そうだね?

さて、茹ですぎたパスタはどうなるだろう?僕なら捨てるね、とても食えたもんじゃない!
でも、世間にはその良心からか、あるいはもったいないという気持ちからか、
茹ですぎたパスタを食べようという人がいないとも限らない。
茹ですぎたパスタたちは、そういう人々を静かに待たなければならない……すぐに冷めてしまうけどね。

少々長くなったな。
どうだい、茹ですぎたパスタ。君たちにそっくりだとは思わないか?

 5chのコピペより🤣

リタイアは早ければ早いほどいい 

何かをはじめるには適した時期があります。

たとえば外国語学習は早い方がいいとされています。日本人はだいたい中学生から英語学習を開始しますが、9年勉強しても「r」と「l」の発音ができなかったりする。

私は20歳頃から楽器をはじめました。一生懸命練習して、それなりにうまくなった自負がありました。でも、プロ音楽家の両親から英才教育を受けた人の演奏を目のあたりにして思いました。

「遅すぎた……!」

  • 30代は固まりかけの卵
  • 40代は固まった卵

30代は、なにか新しい技能を身に着けたり、人生の方向性を変える最後のチャンスではないでしょうか。 

40代になるともう難しいと思います。固まった卵のように、どうやっても流動性を取り戻せなくなる。

「言いすぎだ!」という人がいるかもしれませんが……。

私は「固まりかけの卵」として痛感しています。

「なにかをするのに遅すぎることはない」

これは事実ですが、

「なにかをするなら早い方がいい」

これもまた事実なのです。

f:id:mikuriyan:20200604092847g:plain

嫌いな労働で時間をムダにしてはいけない

「1万時間の法則」というのがあります。

 なにかを成し遂げるにはそれくらいの時間が必要なのです。

もし1年やそこらでプロ級の技術が身につくなら、漫画家や音楽家は今の千倍に増えてるでしょう🤣

クソほど時間をかけて、何万回も練習して、やっと「一流の人」になれます。

でも、ふつうの人はそういった「時間」がありません。

「生きていくためには働かなきゃいけない」と信じて、彼らは可能性に満ちた時間を労働で消耗してしまいます。

そして、気づいたら「茹ですぎたパスタ」や「固まった卵」になっている。

実のところ、世の中の大半の人がそうです。これが「ふつうの人生」「あたりまえの人生」なのです。

なにも行動しない、流されるだけの生き方。

多数派として生きることには「安心感」がありますが。

でも、なにかやりたいこと、なりたいものがあるなら、それに挑戦しないと一生後悔するでしょう。

関連:【真実】サラリーマンには「家畜の幸福」がある
関連:【独学者のリスト】独学でも「すごい人」になれます

「自分の声」だけに耳を傾けよう

やりたいことだけやってると、いろんなノイズが聞こえてきます。

  • 「穀潰し」
  • 「早く働け」
  • 「自分勝手だ」
  • 「頭がおかしい」
  • 「お前は才能ない」
  • 「お前なんかには無理だ」

客観的にはニート、引きこもり、底辺ルーザーかもしれません。

親に呆れられ、恋人に愛想をつかされ、友人に馬鹿にされる。

でも、自分がほんとうにしたいことをしているなら、それでいいのです。

「何も間違ってなかった」

10年後、20年後にあなたがそう思うことを私が保証します。

だいたい「自分の道」を歩む人は、みなこのような孤独の道を進むのです🤔

関連:「自分が良ければそれでいい」が正しいです

終わりに ぱぱっとリタイアしましょう

人生の時間は平等ではありません。

20代の1年と60代の1年は違います。

人間の可能性は年をとるごとに狭まっていく。

「気づいたら手遅れだった」なんてことは珍しくない。

私が知るかぎり、「リタイアしなければよかった」という人はいません。一方で、「もっと早くリタイアすればよかった」と後悔する人はたくさんいる。

私も30歳でリタイアして、好き勝手生きています。でも、同じ後悔をしています。

私のような若い人がいるとすれば。

クソつまらない賃金労働は、さっさと辞めましょう。

やりたいことだけやりましょう。

自分の「内なる声」にだけ耳を傾けるのです😘

関連:【衝撃】500万円でもセミリタイアは可能です
関連:25歳でリタイアする「年季奉公人」のすすめ

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!