30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【月500円】「室内テント」+「セラミックヒーター」という最強エコ暖房

暖房効率の限界突破

「意地でも暖房はつかいたくない!😣」

と暖房なし生活をつづけてましたが。

寒すぎます。

室内テントのなかにセラミックヒーターをひきこんだらサイコーでした🤗

室内テント+セラミックヒーターというミニマム暖房空間

断熱性のほとんどない150万円ハウス。

今日は室温5℃以下です🥶

室内テントに避難して2~3時間すごしたらなんとか11℃に。

関連:さらば室内テント――暖房なし生活を終えて

体温であたたまったテント内温度(くすりゆびはアカギレしてるのでラップまいてます🥺)

それでも寒すぎます。

いちばんの問題は寒すぎてブログが書けないことです🤣

体温低下のせいで

  • アタマがぼんやりする
  • 鬱々としてくる
  • 全身がだるい
  • 指がかじかむ

とてもブログを書く気になりません。

関連:【室温3℃】アタマもカラダも破壊する「暖房なし生活」の危険性

そこでセラミックヒーターを導入してみることにしました。

前準備:テントの断熱性を高めます

暖房導入の前に少しでも断熱性を高めます。

まずは天井部の断熱性をあげるために毛布をかぶせます。

上から逃げる熱がたしょう減るでしょう。

家のなかなのにホームレスみてーだ🥺

つぎはテントの隙間を埋めます。

NatureHikeのVIK 1は構造上密閉できません。

スキマから冷気がはいってくるので寝袋でテキトーにすきまを埋めました。

←北海道旅もおともしたコスパ最強の超軽量テント。狭すぎず広すぎず絶妙

セラミックヒーターは「超小型」を選びましょう

セラミックヒーターは社畜だった4年まえに買ったものです。

←当時は2000円を切っていた

消費電力は300W。

手や足をピンポイントにあっためるのにちょうどいいサイズ。

まさか冬を乗り切るリーサル・ウェポンとなるとは……。

ガチの緊急時に使う以外は押入れのなかで眠ってました。

←たぶん同じモデル、現在3200円・500円引きクーポンで2700円

テント内ではちょうどいい大きさだと感じます。

こまめにON/OFFするならドライヤーでも十分かもしれません。

10秒でテント内をポカポカに――圧倒的なスピード感

さっそくつけてみます。

くーあったけー😭

かじかんだ手にしみます。

驚いたことに、10秒でテント全体があたたかくなりました。

テント内は狭いため瞬時にあたたかい空気が行きわたります。

1分もするとポカポカに。

ブログがすげーはかどります🤣

10分で11℃→16℃まで上昇

温度計で測定してみます。

  • 開始前 11℃:おっさんの体温であったかい。室温は4℃台です。

  • 10分後 15℃:温度計の反応が死ぬほど遅いのでアレですが、たぶん5分くらいで到達しています。

  • 15分後 16℃:体感的には温度は変わりません。ぽかぽかです。
  • 30分後 17℃:ゆるやかに上昇していきます。厚着してるので暑すぎる。

「つけっぱなし」

だと暑すぎるし電気代的にもよくないよーです🤔

ここでヒーターを切ってみます。

室温とテント内で温度差が大きく、断熱性が乏しいため急速にテント内が冷えていきます。

しかしからだが温まったおかげでつらくありません。

ヒーターOFF15分後になると少し寒い。

ヒーターOFF20分後で寒くてイヤになります。

ON/OFFをこまめにしたほうがよさそーだ

試行錯誤した結果

  • 5分ON
  • 15分OFF

のくりかえしがちょうどいい感じ。

イメージ的には:

クソテキトーなグラフ

この状態だと温度計は14℃をキープします。

まあ実際は時計をいちいち見るのではなく

  • 「暑くなったら消す」
  • 「寒くなったらつける」

の繰り返しですね。

セルフサーモスタットです。

暖房費が「月500円」という衝撃

このセラミックヒーターの消費電力は300Wです。

「5分起動・15分停止」

をくりかえす場合。

一日8時間テント内にいるとして起動時間は2時間です。

電気代はいくらでしょーか?

月の電気代は476円となります。

一日あたり20円以下🤣

もっとも、ずっとテント内で過ごすわけでもありません。

月の暖房費はせいぜい100~300円でしょう。

クソドケチな私でも

「これくらいなら払ってもいーかな」

と思いますね……。

おまけ:「ペット用ヒーター」がちょうどいい?

「300Wじゃ暑すぎるから100Wのヒーターがあればいいのになー😙」

と調べたらペット用ヒーターがありました。

←小鳥・小動物・爬虫類用。人間の尊厳ェ……。

このヒーターはサーモスタットつきです。

「制御温度範囲:15〜40℃」

となっておりなかなか理想的です。

  • 9000円ほどで高い
  • テント内を15℃以上あっためるパワーがあるかビミョー

なので手を出しませんが。

だれかためしてみてください……😅

終わりに ミニマム暖房空間なのです

  • 「室内テントでも寒いよ~😭」
  • 「でも電気代/灯油代地獄はイヤ🤪」

と悶々としてました。

「ふむ、セラミックヒーターをテント内にひきこんだらどうか?🤔」

とひらめいたとき……。

光明がさした気がしました✨👼✨

クソ高い暖房代を払いたくないみなさん。

  • 室内テント
  • セラミックヒーター

のコンボをぜひ試してみてください😘

暖房代月500円はヤバいです。

安いテントを買えばエアコンやストーブと違って導入コストもほとんどかかりません😂

こういうアイデアが出てくるから

「ビンボー生活」

はやめられないんだよなあ……😋

関連:【電気代キラー】「暖房なし生活」をサバイブする方法
関連:一戸建て・冷蔵庫なし・暖房なしの電気代は〇〇円でした

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!