30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

セミリタイアで「失敗して不幸になる」ことはありえません

「失敗幻想」をなくしましょう

  • 「セミリタイアするんじゃなかった!😭
  • 「社畜に戻りたい!💀

そんな人を見たことがありません。

たぶんフィクションのなかの存在でしょう……🤣

セミリタイアに「失敗」はありえません

リタイアしてすぐに、「【人生は簡単】セミリタイアで失敗することはない 」という記事を書きました。

しばらくたちますが、同じことを実感しています。

  • 金が減らない
  • むしろ増える
  • 税金が気になるくらい増える🤣

という感じ……。

人生かんたんすぎです😘

セミリタイアで経済的破綻はありえない 

「セミリタイアしてお金がなくなっちゃった! おしまいだー!😭」

こんな人を見たことがありません。

でも、多くの人が恐れています。

「会社を辞める→金がなくなる→雇ってくれる会社がなくて破滅」

このコースを。

でも、これはまったく社畜的幻想です……👻

なぜでしょーか?

セミリタイア者は定義上、以下のような存在です。

「健康でまだ働ける状態」で働かずに、ありあまる時間をもっている。そしてほとんどの場合、けっこーな資産を持ってます。

  • 情報を得る時間、考える時間がある
  • それを実現する体力がある
  • しばらく生きていける、事業にも使えるまとまった資本がある
  • なにをしてもいい自由がある

どーしてそんな人が飢えなきゃいけないんですか🤣

ビンボーが運命づけられた人ってのは……ワーキングプア、多重債務でクビが回らない人、病気で身体が動かない人、にっちもさっちも行かなくなったシングルマザー、そーいう人のことです。

「でも、いい年して無職の人なんてだれも雇ってくれないよ😭」

それなら自分で稼げばいいのでしょう。いくらでも方法はあります。

「そんなの俺には無理だよ😒」

というかもしれません。

このことはリタイアしないと気づけないんですよね。

雇われて働いていると、雇われてお金を稼ぐしかなくなってしまいます。

雇われて働いているからこそ、それ以外のことができなくなってしまう。

悲しい悲しいカゴの中の鳥ちゃんです……🐤

関連:【賃金奴隷】だれもあなたを助けにきません

「雇ってもらえなくなるのが怖い!」という人は考えるべきでしょう……。

  • 自分の脳みそはなんのためにあるのか?
  • 自分の腕はなんのためにあるのか?

「上司や面接官にアピールするためのお飾り」じゃないはずです。

とりあえず、健康で、自立した心をもってるなら。

だれにも頼らずに生きるチカラをもっているのです……😘

関連:【食費0円】「フリーガニズム」で働かずに生きる人の話
関連:無職でもお金を稼ぐ方法はあるのです

お金がなければお金をつかわなければいいだけ

それでもお金が稼げなければどーするのか?

お金を使わなければいいだけです。

労働関連の出費が多い社畜と違って、リタイア者は支出を徹底的にコントロールできます。

とりあえず公共料金と食費があれば死ぬことはありません🤣

私も月の支出が2万円以下だったことがあります。

関連:「生活費2万円以下」の内訳【2020年6月の支出】

「いや、そんな生活ぜったいイヤだ😱」

という人がいます。

結局、これは人それぞれですが。

私が貧乏生活をして気づいたことがあります。

  • リッチに暮らすのはハッピーです。
  • ビンボーでもわりとハッピーに暮らせます。

でも、賃金奴隷でハッピーになるのは、どれほどお金をもらっても難しい😂

f:id:mikuriyan:20201024155036p:plain

「ビンボーでも幸せになれそう」という人は、リタイアライフはマジで適正があります……😘

関連:【生活レベル】リタイアしたら「最底辺ライフ」がおすすめです
関連:なぜ私は「貧乏が好き」なのか?

セミリタイアに失敗する人は決まっている

「でもニュース記事とかでリタイアに失敗した人がいるんだが?😤」 

私が見るかぎり、失敗するリタイア者は決まっています。

「実業家タイプ」です。

事業売却してウン億円入った。もう働かなくていい金が入ったので、リタイアしてみた。でも、刺激がなくてつまんない。あるいは浪費して金がなくなった。なので実業界に戻った。

こーいうパターンが多い。

なぜでしょうか?

ひとつは、実業家は労働の質が違うからです。裁量があるし、見返りがあって楽しいです。「戻りたい😥」となるのもわかります。

もうひとつは、実業家タイプのつねとして、浪費家が多いからです😂 実業界にいると遊びを覚えちゃうんですね。

ただ、これは例外的です。

一般的な会社員は違います。彼らはセミリタイアに向けて執念でお金を貯めます。経済観念がしっかりしてるのです。そして仕事のクソさが心に刻み込まれてます🤣

ふつうのセミリタイア者――コツコツ貯蓄して投資して資金を築いたリタイア者なら、まず「失敗」はないでしょう。

関連:【セミリタイア】50歳では「遅すぎる」?

終わりに セミリタイアは簡単

  • 「あんなに働かなければよかった」
  • 「他人が求めることではなく、自分が求めることをしていればよかった」

だいたいの人は死ぬときにこういった後悔をするようです。

参考:看護師が語った、死の直前に誰もが口にする「後悔のことば」 | TABI LABO

不思議なことに、「死ぬ前にもっとパワポを作成したかった」「会議でブレインストーミングしたかった」という人はいません🤣

「仕事でバリバリ働く俺サイコー!」

という謎の価値観が広まってますが。

結局、そんなに働かなくてもいいのです。

「でも、働かなければ生きていけないんだぞ!😖」

昔はそれが事実だったでしょう。

人類はずーっと貧しかった。戦後はエンゲル係数が40%近くだった。

しかし、いまはもう豊かです。

私のような「もたざる者」でも、ふつーに暮らして行けます🤣

時代は変わったのです。

「難しいのは、新しい考えに馴染むことではなく、古い考えから抜けだすことだ」とケインズは言いました。

もう、社畜ライフは「気づいた人からいちぬけぴ」なのですよ。

セミリタイアはかんたんです。 

早く抜けだすほど、人生を楽しく暮らすことができるのです……😘

関連:「10年分の生活費」があればセミリタイアできます
関連:アーリーリタイア者の「最悪の後悔」とは
関連:【ポストワーク】「働かなくていい社会」はすでに実現している?

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!