30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【アパシー】「無関心」は悪いことではない

  • 結婚も
  • 仕事も
  • お金も
  • 成功も
  • 社会や政治も

どーでもよき無職です。

好きなだけ遊んで、好きなだけ寝る。

おなかいっぱい食えたらどーでもいい。

アパシーこそ幸福への道

  • ガッポリ金を稼げ!
  • たくさん働いて出世しろ!
  • 家族をつくれ!
  • 高級車や新築一戸建てを買え!

という世の中です。

年収300万円より年収3000万円が偉いとされます。

私みたいな金がない・働かない・結婚しない人間はカスです。

「アパシー」はストア派の理想です

2000年前は違いました。

ストア派は

「アパシー(アパテイア)」

を理想とした。

アパテイアは「パトスのないこと」です。

パトスはよく「情熱」「情念」と訳されますが。

喜び、恐怖、苦しみ、悲しみ、欲望などの意味がある。

身体の健全な状態にある人々は、暑さや寒さを辛抱することができる。そのように魂の立派な状態にある人々も、怒りや、苦痛や、狂嬉や、その他の情念に堪えることができる。(エピクテートス「人生談義」

「賢人はパトスに耐えることができる」

ってワケ。

アパテイアは「無関心indifferent」よりも「平静equanimity」が近いけど。

それがストア派の最高の状態なのでした。

関連:セミリタイアは「ストア派哲学」で楽になります

現代社会ではアパシーは悪

「アパティアっていいよね~(*´・ω・)(・ω・`*)」

と2000年前の人々は語り合ってた。

でも16世紀後半、英語圏でApathyが使われるようになったとき……

「アパシーはクソ😣」

となった。

歴史を知ってる人はピンとくるでしょう。

16世紀後半は資本主義の初期。

エンクロージャーによって都市部に浮浪者があふれかえった時代です。

「ワークハウス」や「懲治場」でてーへんに「労働精神」が叩きこまれた。

アパシーは「幸福への道」だったが……。

「治療・矯正すべき邪悪」

となった。

この考えは現代まで続いてます。

受験勉強を終えた学生が無気力になる。

これがスチューデント・アパシーで、病的だとされます。

が、冷静に考えたらどーでしょうか?🤔

受験のために一日10時間勉強するのが「病的」です。

そーいうふうにさせる社会も「病的」でしょう。

関連:【ウソだらけ】資本主義社会は「詐欺」でできている

アパシーは良いことです

鬱病とか、脳の病気で無気力状態なのはあかんでしょーが。

「関心がない」

のは良いことでしょう。

  • 「お金持ちになりたい🥺」→疲れるだけ
  • 「人気者になりたい🥺」→奴隷や道化になるだけ
  • 「権力者になりたい🥺」→不幸をまきちらすだけ

f:id:mikuriyan:20220116194411p:plain

「社会をよくしたい」のは幸福か?

ニュースを見て怒り、ヤフコメを見て怒る。

幸福にほど遠い。

逆に「反社会的」なのは幸福か?

空き巣に入る。爆弾テロ。

これもあかん。

「社会なんてどーでもいいわ😗」

と「非社会的asocial」になるのがいちばんです。

社会なんて一個人ではどーにもならん。

社会だけではない。

世の中、私たちにはどーにもならんことばかり。

  • 自分の生活をよくして、楽しくハッピーに暮らすこと
  • 自分のみのまわりの人を、楽しくハッピーにすること

そんくらいでいいのです😘

終わりに 幸福への道は無関心にある

  • 「執着はクソ」byブッダ
  • 「過剰な欲望はクソ」byエピクロス

リタイアして賢人の叡智に触れ無職です。

彼らの教えと、いまの世の中の常識は

「180度違う……😂」

と思うことが多い。

  • 幸福への道だとされてるものが、不幸への道だったり
  • 不幸への道だとされてるものが、幸福への道だったり

「社会の中」にいると気づきにくいが。

世の中ほんとーに

  • 奴隷道徳
  • 逆立ちした価値観

であふれてるのです……🤣

関連:「がんばる」はクソ――「あきらめる」と人生は楽になる
関連:【無職哲学】ショーペンハウアー、リタイア生活を語る
関連:【考える無職】社会なめまくり「哲学的ニート」のススメ
関連:【脱執着】「ほどほどに満足する」が幸せ無職生活のカギです

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!