30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【脱社畜】「働かない生活」で変化した価値観

「奴隷マインド」を抜け出した先

無職15ヶ月目です。

「いままではあたりまえと思ってた価値観」

がなくなってます。

どんな変化があったのか?🤔

「働かない生活」で変わった価値観

支配より自由

現代社会は賃金奴隷制です。

社畜は企業に支配されてます。

f:id:mikuriyan:20210212195235p:plain

でも、ニートは自由です。

好きな時間に寝て、好きな時間に食べる。

好きな時間に遊び、好きな時間に休みます。

ニートは支配されないだけでなく、支配しない存在でもあります。

「支配することは支配されること」

と理解しているからです😘

関連:【賃金奴隷】だれもあなたを助けにきません

勤勉より健康

「健康が幸福の9割を占める」

というショーパンハウアーの言葉をニートは支持します。

  • 健康な肉体
  • 健康な脳みそ
  • 健康な精神

があってのハッピーライフです。

  • 「働きづめで運動不足でうつ病」
  • 「お金持ちで美酒美食を楽しんでメタボ腹」

こういった生き方をニートは嫌悪します。

関連:貧乏リタイアはむしろ「健康になる」のです

仕事より趣味

「幸福は余暇にある」

というアリストテレスの言葉をニートは支持します。

お金や生活のために働くことは「良いこと」ではありません。

「あんなに働かなければよかった」

と多くの人が死の間際に後悔します。

自分の楽しみのために、自己発展のために、いろんな趣味をする。

お金を稼ぐにしても、「趣味の延長」として稼ぐ。

その方がハッピーなのです。

関連:「労働」も「余暇」として楽しむリタイア生活です
関連:【無料】「貧乏でも楽しめる」6つのこと

消費より自然

「モノを買えば幸せになれる」

という消費主義にニートは反対します。

自然は絵画よりも美しいです。

ニンテンドーDSよりも楽しいです。

医薬品や健康食品より私たちを健康にしてくれます。

しかも、「タダ」……🤣

関連:【シンプルライフ】労働と消費を「断捨離」した結果

お金より時間

「一日三時間しか働かず、残りの昼夜は旨いものを食べ、怠けて暮らすように努めねばならない」

というポール・ラファルグの言葉をニートは支持します。

必要以上のお金を追求するのは「精神病理」(by ケインズ)です。

ニートは生活に必要なお金があれば、それ以上働きません。

贅沢に時間を使って生活します。

それが「ほんとうの豊かさ」と知っているからです。

関連:【労働はオワコン】これからは「怠け学」の時代です

社交より孤独

「孤独の中で人間は自己に真実である」

というオルテガ・イ・ガセットの言葉をニートは支持します。

  • 「自分と他人を比べる」
  • 「ウソをつき陰謀をはたらく」

社交界とはそういう世界です。

ニートは自分を愛するため、ウソをつかないために隠遁ライフを送ります。

←岩波からでてた!

関連:【孤独の幸せ】「自分と親友」になる15の方法

未来よりいまここ

「未来のためにいまを犠牲にする」

という生き方をニートは否定します。

いまを楽しみます。

関心があるのは、将来の子どもの学費や住宅ローンの支払いではありません。

「30分後、2時間後、1日後、1週間後にどんなすばらしいことがあるか」

です。

「いまここ」を生きることができれば、将来の不安も、死ぬ恐怖も薄れていく。

人生は楽しい思い出でいっぱいになります🤗

関連:【考察】「メキシコの漁師とMBA旅行者」どちらを選ぶか

終わりに ビューティフル・ニート・マインド

「ニーティズム」というオルタナティブなウェイオブライフ

f:id:mikuriyan:20210212220621p:plain

いかがでしたでしょうか?(クソブログ風)

リタイアしてほんとうに良かったのは、こういう「オルタナティブな価値観」がゲットできたことです。

毎日あくせく働く社畜マインドのみなさまにも、美しいニートライフの片鱗でも味わっていただければ幸いでございます……😘

関連:「社畜はクソ、ニート最高」とディオゲネスは言った
関連:【人間に戻る】セミリタイア一年で変化した価値観5つ
関連:【洗脳解除】無職になって半年経つと社会復帰はムリですね
関連:アーリーリタイア者の「最悪の後悔」とは

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!