30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

ニートは社会的弱者ではなく「真の強者」なのです

実はニートは「強い」のです

  • ニートは無能
  • ニートは怠惰
  • ニートは社会的弱者
  • ニートはキチガイ
  • ニートは病気

とされます。

労働者は正しい。

ニートはまちがってる。

だからニートは教育・救済・矯正・治療されるべきだ、といわれます。

でも、ニートはほんとーに弱者なんでしょーか?

「働かないでも生きていける」

これは真の強者ではないか……🤣

ニートこそ真の強者なのかも

ニートは反社会的です

  • 働きません
  • 納税しません
  • 子どもをつくりません

もしも社会がニートだらけになったら?

社会は維持できません😨

ニートは本質的に反社会的なのです。

だから社会はニートをバチクソに叩きます。

ニートであることは悪い。恥ずかしい。異常で病的だ、と。

ある意味ニート叩きは魔女狩りです

スペイン征服者たちは、アメリカインディアンのカニバリズムを見て「気が狂ってる」と考えました。

ヨーロッパでも、反社会勢力である農民一揆のリーダー(女性が多かった)がしばしば「魔女」とされた。

日本でも、大和朝廷にしたがわない豪族は「土蜘蛛」のようなわけわからんモンスターとされた。

結局、ニートは無能でも気が狂ってるのでもないのです。

ただ「社会に反している」だけなのです。

関連:無職ニートって現代の「まつろわぬ民」ですよね

社会福祉と精神医学というシステム

「頼むからニートは賃金労働者になって!😭」

というのが社会の願いです。

働かずに生きていたニートを、時給900円の仕事に従事させる。

それが「自立支援」とか「治療」とされます。

たとえば引きこもりニートが精神科医を受診した。

カウンセリングや投薬で、バイトをはじめるようになり、社会システムのなかに吸収された。

それが「治療の効果」とされます。

しかし、

  • 働かずに生きている自由な人間
  • 賃金労働制に組み込まれた従順な労働者

どちらが「良い」んでしょうか?

社会にとっては後者が望ましいです。

しかし、本人にとってはどうか……?🤔

関連:【ハッピーニート】「無職生活は楽しい」という現実

ニートは社会が恐れるモンスターです

社会は労働者を恐れません。

しかし、ニートを恐れます。 

労働者は社会を再生産してくれます。

でも、ニートは社会をぶっこわしかねません🤣

ニートは実際、「強力」なのです。

  • 自分の価値観で生活します
  • 自分で生活環境や人間関係を構築します
  • 場合によっては、自分で生活手段や稼ぎ方を見つけます

これはなかなかできることじゃない。

社会にとって、ニートは自分に従わない。

自分を必要としない。

鬼や妖怪のようなモンスターなのです。

f:id:mikuriyan:20210502094758p:plain

「モンスターだから、なにをしてもいい」

と社会は抑圧を正当化します。

そうまでするのはなぜか?

「社会が強力無比だから」ではありません。

社会がニートを恭順させられるほど強力なら、そうすればいい。

社会がニートなんて無視できるほど強力なら、無視すればいい。

でも、できない。

それは

  • 「ニートが強力な存在だから」
  • 「社会がみかけよりも脆弱だから」

にほかならない。

「ニートは弱者だ」

とよくいわれます。

しかし、実はニートは「強者」であり、社会変革の担い手なのかもしれません……😚

終わりに 「誇り高きニート」もありです

「好き勝手に生きたいから、好き勝手生きる」

これは本人の自由です。

なにも悪いことじゃありません。

むしろそれを邪魔するほうが悪いヤツですよね?🤣

ニートは罪悪感を抱きがちです。

でも、負い目を感じる必要はありません。

むしろ、パワフルで自由を勝ちとった人間として「ドヤァ😚」してもいいのかも。

「誇り高きニート」

として生きるのもぜんぜんアリだと思いますね……😘

関連:【無職ぷーたろー】「働かない罪悪感」なんて1mmもありません
関連:「会社員は奴隷」という自覚を持ちましょう
関連:働き方改革より「働かない革命」です🎉
関連:月3万円の無職生活が「無敵」な理由

 

 

 

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!