30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

セミリタイア後に「友達をつくる」方法

「セミリタイアすると孤独になる」

というイメージがあります。

私はリタイアして1年半くらいですが、友達がちょこちょこできてます。

セミリタイア後に仲間を作る方法

セミリタイア後は孤独になりがちです

職場の人間関係がなくなる

毎日顔をつきあわせていた同僚たちは、退職して1年もすれば疎遠になります……🤣

人との出会いがなくなる

学校や職場は強制参加です。集まれば自然と仲間ができます。しかし、リタイア生活は「どこかに縛られる」ということがありません。

そんなわけで……。

自分から友達をつくらないと「マジで」できません😨

ジモティーなどのサイトで募集をする

リタイア後に友達をつくるのはかんたんです。

  • 趣味をつくる
  • 同じ趣味の仲間を募集する

そんだけ。

楽器、ゲーム、登山、料理、カラオケ、釣り、バイク、温泉めぐり、映画、散歩……。

なんでもありです。

趣味という接点があるので、一緒になにかすることができます。

同じ趣味なら共感できるし、話題も生まれます。

f:id:mikuriyan:20210326172813p:plain

そして「友達をつくりたい」という人ばかりです。

自然と仲良くなることができます😘

「自分から仲間をつくる」ことを私たちは学んでいない

私たちは友達をつくることで無能です。

「クラスのみんなと仲良くしましょう」

と教わります。

でも、

「知らない人と仲良くしましょう」

とは教わらない。

電車のなかで自然と会話が発生する確率はほとんどゼロです。

職場関係や家族関係が濃密になる一方、外との関係は閉ざされる。

これは不自然であり、不健全です。

途上国にいけばよくわかるでしょう。

私たちは本来、だれとでも仲良くできるのです。

f:id:mikuriyan:20210326171309p:plain

↑タイ旅行時の写真です😍

そういう自然な感覚が、リタイアすると戻ってきます。

関連:【高貴な野蛮人】リタイアすると「自然人」に戻れます
関連:【人間に戻る】セミリタイア一年で変化した価値観5つ

「ゆとりがある」と友達ができやすい

リタイア者は時間的・金銭的にゆとりがあります(私はビンボーですが🤣)。

友達をつくりやすいのです。

社畜時代は、私も交友関係はほぼゼロだった。

休日にだれかと会うのなんてイヤでした。

疲れていたし、読みたい本もあった。

貴重な自由時間は少しでも自分のために使いたかった。

でも、リタイアしたあとは「時間持ち」です。

「他人と共有してやってもいいぜ」

となります。

結果、すごく自然な感じで仲良くなることができます😘

リタイア後の「仲間」はとっても多様

職場や学校は、自分と似たような人の集まりです。

だいたい同じ経歴の集団です。

でも、リタイア後の人間関係は多様です。

  • 50代の大企業社員
  • 30代の業務委託契約で働く半自営業
  • 20代の起業家
  • 50代の元公務員の早期退職者
  • 40代の半海外在住の元コンサル

みんなすごく「おもしろい」です。

世界が広がる感じがあります。

「リタイア無職はヘンだと思われないのか?」

ということですが、おもしろがってくれる人が多い。

会社員はわりとドン引きする人いますが……🤣

「孤独が好き」でも人と会った方がいい

私はスキゾ気味です。

ほとんど人と関わらなくても大丈夫です。

なので月に1回くらいしか人と会いません。

関連:「人間嫌い」は直らないので孤独に隠遁した方がいいです

でもたまに人と会うと、良い効果があるなあと感じます。

感情的に満たされるし、頭がスッキリします。

心理的に健康な人間は高度に独立的であるが、同時にまた人間関係を楽しむこともできる。彼らは社会のもっとも個人主義的なメンバーであると同時に、もっとも社会的で、友情に満ち、愛情深いメンバーでもある。 

個人としての独立性を保ちながら、友情を楽しむ。

これが健全な人間関係でしょう……😘

「幸せな人」と良い関係を築きましょう

「幸福は衝撃波のようなものだ」

とニコラス・クリスタキスはいいました。

「ある人々の幸福は、彼らとつながりのある他の人々の幸福に左右される。このことから、幸福を一種の集団現象と見なすことができる」……「幸せな友人が一人増えるごとに、私たちが幸せになる確率は9%ずつあがり、反対に不幸せな友人が一人増えるごとに、私たちが蓄積した幸福量は7%ずつ減少する」

「人生をエンジョイしている人」

と友達になりましょう。

そういう人と一緒にいれば、自分も人生をエンジョイできます。

つまんない人と一緒にいたら、つまんなくなる……😒

終わりに リタイアは「友達」でもっと豊かになる

友達はコスパがいいです。

お金かかりません。

ただ話してるだけで楽しい。

趣味や知識が発展していきます。

社畜時代は「他人はクソ」と思ってました。

でも、リタイアしてゆとりある生活をしていると

「人間関係を発展させた方がゆたかだなあ」

と感じます。

だいたい、人間に必要なものはわずかです。

水、食料、住居、友情。

こんぐらいあれば、ハッピーに暮らせるのです。

リタイア生活は自由でゆとりある生活です😍

心をオープンにして、良い友だちをつくりましょう……😘

関連:【孤独な無職】「ひきこもり生活」がもたらすもの
関連:【快適な孤独】リタイアすれば人間関係から解放されます
関連:【孤独の幸せ】「自分と親友」になる15の方法
関連:【隠遁】引きこもり生活には「自由」があります

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!