30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

セミリタイアの非課税ラインは年収98万円です

年収0円男の私です。

が、先月治験で10万円稼ぎました。働きすぎたな……😘

セミリタイアして収入が鼻くそになったときの税制を調べています。そこで、税制上もっとも有利になるのは年収98万円以下だとわかりました。

※なお、テキトーに調べただけなので自己責任で読んでください。

所得税の課税ラインは103万円

基礎控除が48万円です。青色申告だと55万円がさらに控除されます。つまり年間所得103万円以下は年収0円……無収入扱いになります。所得税は免除です。

「ふん、お前みたいな雑魚から金をとったらそっちの方が金かかるわい」と税務署から判断されるのです。

アルバイトのような給与所得の場合も、基礎控除48万円+基礎給与控除55万円で103万円からが課税ラインになります。

バイトと事業をかけもちした場合ですが、バイトと事業でそれぞれ55万円儲けた、となれば158万円が所得税課税ラインの上限となります(多分)

住民税の課税ラインは98万円

住民税の基礎控除は所得税と異なり、43万円です。

これも青色申告控除や給与所得控除が適用されますので、事業でもパートでも43+55=98万円が課税ラインになります。ここを超えるとだいたい10%の課税になるので恐ろしいラインです。

ちなみに「事業しつつバイトもしてます」という場合は、バイトで148万円稼いで、事業で50万円の赤字でした~😎 というときは住民税フリーになります。

国保は所得33万円以下で月1000円代に

国保は青色申告控除、給与所得控除は効かないみたいです😩

やっぱ効くみたいです😅

働いてるときはわからないですが、国保ってめちゃくちゃ高いです。病弱ならお得ですが健康優良無職にとってはあまりに理不尽な金額。

ただ、これも収入に応じて2割~7割の減免が受けられます。

所得33万円以下で7割免除です。国保は年2万円ほど、月1000円代になるみたいです(市町村による)。

これは青色申告控除前の所得、98万円から7割軽減となります。

年金の課税ラインは112万円

扶養なしの単身世帯で年間所得57万円以下なら年金は全額免除が可能です。これも青色申告控除と給与所得控除の55万円分が適応されますので、上限は112万円になります。

学生特例などの猶予ではなくて免除です。減額はされますが「年金がもらえなくなる」ということはありません。

20歳から受給までずーっと「全額免除」だったとしても、満額時の半額は保証されます。その場合の支給金額は月3万円くらいだと思いますが……少なくとも払い損にはならないですね🤣

ところで、2020年から基礎控除が10万円あがり、青色確定申告や給与所得控除は10万円下がったのですが、こういったところでは課税ラインが下がってることになりますね。

補遺:個人事業主は経費が計上できる

「年100万円じゃ生きていけないよ~😣」というブルジョアな人も多いと思います。

会社員と個人事業主の違いは、個人事業主が経費としていろんな出費を計上できることです。(所得=収入ー経費)

たとえば自宅をオフィスにしてる場合。賃貸なら家賃、持ち家なら固定資産税や修繕費の何割かを経費に計上できます。そして電気代、電話代、ガス代、水道代、ネット代も経費になります。

「ブログの取材で旅館に行ったんだ!」となればその交通費や宿泊費が経費になりますし、「ブログの記事にするためにブガッティ・ヴェイロンを買ったんだ!」とすれば何割かは経費扱いになる……はずですが、もちろん事業の実態がなければ税務署に目をつけられます。

ともあれ、収益が300万円であっても、もろもろの経費で200万円使ったとすれば「事業のための出費が嵩んだんです~😚😚😚」と申告することで「課税するまでもない雑魚」扱いになります。

補遺:住民税非課税だと医療費も安くなる

大病や大怪我で入院して何百万円の医療費がかかった! というような場合、高額医療保険制度が適用されます。この制度は所得に応じて上限が変わります。

たとえば年収1000万円だと、 「252,600円+(総医療費-842,000円)×1%」が月の上限額となります。

一方で住民税非課税者だと、「35400円」となります。

つまり何百万円の医療費がかかったとしても、その月の支払いは35400円(4ヶ月目からは24,600円)が上限になるということです。

うーん、民間医療保険の存在意義って……?

f:id:mikuriyan:20200210104349j:plain

補遺:固定資産税は減免されません

私は持ち家リタイアです。

固定資産税も非課税世帯の減免があるかなーと思ったのですが、多くの市町村で「非課税世帯」かつ「高齢者」または「寡婦・寡夫」または「障害者」でなければないみたいです。

残念! 老後に期待ですね。

まとめ

以上まとめてみます。

  • 所得103万円以下は所得税0円
  • 所得98万円以下は住民税0円
  • 所得112万円以下は年金0円
  • 所得98万円以下は国保2万円/年

(間違ってたら教えてください)

なお、国保や年金は免除の申請が必要です。

セミリタイアするなら年収98万円以下だとほとんど国保しか払わない無税空間で生活できるわけです(もちろん消費税やガソリン税からは逃げられませんが)。

f:id:mikuriyan:20200210125922j:plain
無税バリア!(「下敷きバリア」を進化させた高校生に「最強」の声!! – クイ~ズ

年収98万円以下の方が生きやすい可能性?

うーん、調べるのにとても疲れました……。日本の税制はほんとうにぐちゃぐちゃしてます。わざと複雑にしてますよね、絶対。

でも、これで「税金を払いたくなければ年間所得を98万円以下に抑えればいい」ということがわかりました。

98万円は月8万円。個人的には余裕で生きていけます。

これまで何百万円税金を払ったんだろう? 会社員のときは強制的に2割以上とられて、給与明細を見るたびにイライラしてました。税金から解放されると思うと気分的にすごく楽ちんです。

「社会の寄生虫め!」「フリーライダー!」

うーん、いい響きですね。

私は他人に理不尽に奪われるのが何より嫌い。奪った相手には徹底して奪い返します。相手が人間だろうと国家だろうと同じです。そもそも国の方が寄生虫だと思いますよ。ただ生きてるってだけで吸血してきますから……。

まーそんな私にとって、年収100万円以下の方がかえって生きやすい気がします。

1円でも税金を払わないよう健気にがんばっていきたいです🤣

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!