30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【読書=自由】「働かないために本を読む」のです

「読書しろ! 読書しろ! 読書しろ!」

というラップソングが好きです。

So READ, READ, READ!
Stuck on the block, READ, READ!
Sittin’ in the box, READ, READ!
(Fire in the Booth, Pt..1 by Akala)

こんな歌詞聞いたことない🤣

人々が奴隷化されたとき
まっさきに禁止されたのは読書することだ
知性ある人たちが自由をつかみとる
自分の力を知れば束縛されることはない

Cos when people are enslaved
One of the first things they do is stop them reading
Cos’ it is well understood that intelligent people will take their freedom
Cos’ if we knew our power we would understand that we can’t be held down

読書とは自由なのです

「本さえ読めたらそれでいい」

とリタイアした無職です。

読書による読書のためのリタイアです😘

私が読書に「目覚めた」瞬間

私はインテリ家庭に生まれなかった。

本は身近ではなかった。

ただ、学生時代のあるとき、心理学の本を読みました。

なんかのビジネス書で紹介されてた本です。

そこで「頭がパーン」となった。

脳みそが一気にアップデートされた🧠

そのとき読んだのは「マズローの心理学」という本です。

まさにその本に登場する「至高体験」を経験した。

至高体験とは「そのひとの人生でただひとつもっとも嬉しく幸せな、もっとも幸福な瞬間」……人間が十分に機能しており、強壮な感じがし、自分に自信を持ち、完全に支配している瞬間のことである。

「本、すげえ😳」

となり、そっから読書しまくりました。

10年経つと……。

立派な無職のできあがりです🤤

好きすぎて3回買った😍

本が読めないと奴隷になる

読書は、その習慣のない人にとっては、初めて一人でラーメン屋(寿司屋、銀座のバー)に行くくらい勇気がいること。無理矢理読めと言われると、眠っているところを起こされてラーメンを食べさせられるくらい苦痛だったりもする(絲山秋子)

「読書に目覚めた人」

は幸運です。

ある意味、現代では読書は「特殊能力」です。

「読める人」「読めない人」の差は広がりつづける。

でも俺たちは歴史を勉強しない
MTVを見るのに忙しいから
But we ain’t studyin’ history
Too busy watching MTV(Akala)

本を読めない人はテレビやツイッターで世界を認識する。

日本のテレビはクソのなかのクソです。

あんなの見てたら永遠に自由になれません。

本は「目」です。

本が読めるなら、世界をより詳細に認識できる。

本が読めなければ盲人であり……

「盲人は盲人に導かれる」

のです😭

読書すれば自由になれます

私の経験から言えることだが、いつも考え続け、本を読み続けていれば、働く必要はない。(「マンガーの投資術」)

このマンガーの言葉もほんとーに好きです。

私もほんとーに働かないですんでます。

読書によって

「働くのってクソだな〜」

と感じたからでもあるし、読書によって

「なんか働かなくても食えてるな〜🤗」

となったからでもある。

読書すげえ。

私が出会った賢人はいつも読書をしていた――全員だ。バフェットと私がどれほど本を読んできたかを知れば、誰もが驚くだろう。子どもたちが”足の生えた本”と呼ぶほど、私は本を読んできた。(同)

ってわけで、みなさんも「賢人」になりましょう😘

関連:よく考えて、読書すれば「働く必要」なくなります

終わりに しかし読書も飽きてきますよ

読書家とは経験の大盗人のことである。そして人間は、他人の経験を貪欲に盗むことによって成長する。(「独学のすすめ」加藤秀俊

ただ、さいきんは読書への情熱は減ってきた。

書かれてることに新鮮味がない。

  • 争う人間は滅びる、助けあう人間が栄える
  • 社会はだいたいクソ、個人が正しい
  • 世の中で起きるすべてはどーでもいい
  • 少しのものに満足する人がリッチメン

ぜんぶあたりまえ。

仏教修行の最終形は「無学」=「もう学ぶことがない状態」です。

私も学ぶべきことが少なくなったことを感じます。

(っていったらガチ勢にボコボコにされそうですが)

読書は「筏」で、いつまでも愛着する必要はない。

ともあれ読書=自由です。

みなさんもたっぷり読書して

「川の向こう」

へ行きましょう……😘

関連:【図書館】「本さえ読めれば幸せ」なリタイア生活です
関連:親ガチャを克服する「読書」という武器
関連:セミリタイア希望者におすすめの本・書籍【2020年】

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!