30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

リタイアすると「生の負債」がなくなります

だれにも負わないでただ生きる

「生の負債」がなくなるリタイア生活

  • 働かせてやってるんだから金よこせ
  • 国に住ませてるんだから金よこせ
  • 家を貸してるんだから金よこせ

社畜は労働の成果の90%くらいを吸いとられます😭

関連:【労働、税金、家賃】会社員はどれほど搾取されているのか?

「それはしょうがないことだ」

とされる。

「生きること」

それは負債を返すことだ。

会社、社会、家族に尽くさなければならない😖

「生の負債」の起源

奴隷は捕虜だった

  • 「なんでもするから命だけは助けちくり〜😭」
  • 「……こいつを殺すより道具として使った方がいいんじゃないか?🤔」

奴隷は「生の負債」をもつ。

生きているのはなぜか?

主人が自分を(殺せたのに)殺さなかったから。

自分の命は主人のものだ。

だから主人に感謝し、服従する。

社畜も同じ。

  • 会社で働くのは、そうしなければ死ぬから
  • 国に税金を納めるのは、そうしなければ豚箱行きだから
  • 家賃を納めるのは、そうしなければホームレスになるから

「生かされている」

だから服従しなければいけない。

  • 働かせてくれる会社に感謝
  • 自分を守ってくれる国家に感謝
  • 住まわせてくれる大家に感謝

これが奴隷根性。

今日の搾取は、主として(等価交換であれ不等価交換であれ)交換ではなく、負債にもとづいている。言い換えるなら、今日の搾取は、99%の人びとが1%の富裕層に――仕事・カネ・服従を負うというかたちで――従属しているという事実にもとづいているのだ。(「叛逆」ネグリ・ハート

自由とは「ただ生きる」こと

  • 家賃フリー(持ち家)
  • 納税フリー(住民税非課税)
  • 会社フリー(無職)

リタイアしてからこんなんです。

超快適です😚

アタマを下げることはありません。

自分の力で生きてるからです。

国や企業を利用することはあります(給付金、配当金)。

でも、べつに依存しません。

利用できるかぎり利用する――ただそれだけ。

「なにかのために生きる」

ことはありません。

会社、家族、国のために生きることはしない。

「なにかしなければいけない」

ことはありません。

労働や結婚の義務はない。

「生きる」ことは純粋に「生きる」ことになる。

ただ、自分がしたいことを気の向くままにする。

「自由の生活」

がゲットできます🤤

終わりに 借金をチャラにしましょう

逆に世界こそが、あなたから生を借りている。(「負債論」デイヴィッド・グレーバー

「殺人鬼が自分を殺さずに助けてくれた」

からといって、彼の言いなりにならなきゃいけないでしょーか?

そもそも、殺人が悪いのに。

現代社会は「働いて搾取されなきゃ生きていけない」おかしな社会です。

「労働か飢餓か」

をつきつけられてるのです。

f:id:mikuriyan:20220412231556j:plain

脅迫して契約なんて成り立ちません🙅

そんなんチャラでいい。

借金はポイポイ捨てましょう。

負債を埋めるだけの人生なんてクソです。

プラスにしていく人生をはじめましょう……😘

関連:借金なんて「返さなくていい」のです
関連:【真実】サラリーマンには「家畜の幸福」がある
関連:「お金なしでリタイアする方法」ボブ・ベルモント
関連:【無職】「イヤなことはしない」ただそれだけの人生です

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!