30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【コスパライフ】「自由な生活」を安く買いましょう

使うお金は少なく
楽しみは多く

自由な時間は、金で買えるもっとも価値ある商品だ。一秒一秒を楽しもう。宝くじが当たって得られるもっとも貴重なことを考えてみよう。それは自動車でも豪邸でもなく、自分が楽しめることをいつでもできることだ。みんな、仕事をやめよう、自分の健康を大事にしよう。それを賃金のために売ってはいけない。(Take care of yourself bro, don't ruin your health for a wage. : antiwork

自由を「賢く」買おう

お金で買えるもっとも貴重なのは、自動車や豪邸ではない。

好きなときに、好きなことができること:「自由」です。

自由ライフのコスパをガンガンあげよう

「自由な生活がしたい」というとき、

  • 「月20万円は最低でも必要」
  • 「月3万円あればよゆー」

という人がいます。

燃費」がアメ車みたいに悪い人がいれば、ハイブリッドカーみたいな人がいる。

当然、燃費がいいほどよいのです。

また、同じ月3万円生活でも

  • 「何もすることがなくて無為な生活を送る人」
  • 「毎日やることを見つけて生活を充実させる人」

がいます。

これは「馬力」で、いくら燃費がよくても低パフォーマンスのクソライフでは意味がない。

トヨタやホンダの開発者と同じく、目指すべきは高馬力・低燃費

つまり「コスパ最強ライフ」です。

コスパをあげる方法

  • パフォーマンスをあげる:無料でできる楽しみを見つける。頭をよくし、自由な価値観をもち、体力をつけ、健康になる。
  • コストを下げる:節約生活を実践する、お得情報やポイ活、不労所得を見つける

私が大好きなのは読書です。

どんな高収入でも本が読めなければクソです。

逆にビンボーでも本が読めれば楽しい。

また、昨日は山歩きしてきました。交通費だけでめちゃんこ楽しかった😚

「お金がなければ楽しめない」というわけでもないのです。

最新の書籍を買うことができなくても、図書館で古典を読めば深い知恵を得ることができます。

野山をえんえんと走る没入感、鎖場のスリルはバイク・ツーリングに匹敵します。

こんな感じで、「お金がかからない趣味」――もっといいのは「お金が稼げる趣味」があると生活のパフォーマンスがあがります😘

関連:【図書館】「本さえ読めれば幸せ」なリタイア生活です
関連:【低山登山】4万歩・20km・累積標高2000mを歩いた無職

そして自由ライフに必要なのは資産よりはるかに「節約」です。

このリタイア理論(?)は前に述べました。

関連:【数式】「節約」がセミリタイアへの近道である理由

節制はガチで大事です。

「節制」sophrosume さまざまな文脈で慎みと節度をもつことによって知性、ことに「自分を知る」ないし「自分の分を知り、守る」という意味で「自己にかかわる知の支配」という生きた知識をもって行動できる人間の理想の全体が、この語に込められている。(「ニコマコス倫理学」の注釈より)

まさにリタイアマインド……😚

コスパをあげると「チートモード」になる

自由ライフのコスパをあげまくると何が起きるのか?

自由な生活がゲロ安になります。

自由な生活は「この世でもっとも価値のあるもの」。

それが水や電気のようにバカ安で買えてしまう。

黄金が数百円で売ってるようなバーゲンセールです。

f:id:mikuriyan:20210206191231g:plain

私はリタイアして最初の一年を50万円以下の生活費で暮らしました。

ちょー低燃費です。

そして、社畜時代とは比較にならないほど楽しくてチェリッシュな日々を送りました。

ハイパフォーマンスです。

「こんな生活チートなんじゃないか?🤔」

と思えてきます。 

まさにLife is easy as fuck.

関連:【限界突破】「年間50万円生活」はどうやって可能か
関連:「貧乏は恥ずかしい」というナイーブな考えを捨てましょう

終わりに 自由を「賢く」買いましょう

人は、おのれをつづまやかにし、奢りを退けて財を持たず、世を貪らざらんぞいみじかるべき。昔より、賢き人の富めるはまれなり 

日本を代表するニート、吉田兼好は言った。

とはいえ兼好は地主でした

生きていくのにお金は必要。

しかし、必要なお金をガリゴリ減らすことはできます。

  • 使うお金は少なく
  • 楽しみは多く

そーしてリタイアライフのコスパはガンガンあがっていきます。

自由が安く手にはいれば、この世は「黄金郷」なのです😘

関連:【極貧】金なしビンボー生活が実は「豊か」な理由
関連:「貧乏に慣れる」と人生楽勝になります
関連:【ビンボー飯】「タンパク質」を制する者は貧乏を制する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!