30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【人生を攻略】「資本主義の果実をつまみ食い」がリタイア生活です

落ちてるもんを拾って食う無職生活

これはあまり教えたくないのだけど、不合理なひとがものすごくたくさんいる世界では、経済合理的に行動するだけで、けっこう楽に生きていける。これは、ゲームの鉄則を知らないプレイヤーのなかで、自分だけが鉄則を知っているのと同じことだ。
その意味で、日本というのは「とてもいい国」なのだ。「人生は攻略できる」より 太字は原著)

と橘玲がいってた。

私もロンドンから帰国して思いました。

「ちょっぴりアタマを使えばラクに生きていける😚」

日本の良いところはここにあります。

「賢く生きる」のがセミリタイアです

「自由」を経済的に定義するなら、「国家にも、会社にも、家族にも依存せずに生きていくのにじゅうぶんな資産を持つこと」になる。これが「経済的独立」だ。

……経済的に独立している人間に対しては、パワハラもセクハラもできない。いじめと同じで、逃げられないと知っているからこそ、安心して好きなだけいたぶるのだ。

……なにかに依存していると、逃げ場がなくなってしまう。そこでしか生きていけないなら、なにをされてもひたすら耐えるしかない。これでは、自由な社会における「奴隷」だ。

経済的に独立していれば、理不尽なことが起きたらいつでも別の場所に移っていける。「自由」とは、イヤなことをイヤだといえることなのだ。

お金があれば、シャネルの服やスーパーカー、豪邸やプライベートジェットだって買えるだろう。これはたしかにそのとおりだけど、お金にとらわれない「自由」に比べたら、そんなものにはなんの価値もない。(同著)

ここはすげー共感しました。

リタイアすると「パワハラ」は消える。

「イヤなことをイヤだ」といえるようになる。

そして、人生の最大で最上の買い物は「自由」です。

それに比べたら「超高級品」なんてハナクソです。

関連:仕事を辞めると「パワハラ」は一切なくなります
関連:リタイア後は物欲がなくなる・金が減らなくなる法則

リタイア者は「採集者」です

「人類は狩猟採集社会だった」

といわれます。

が、その前に「採集時代」があったという説が有力です。

そのへんの動物とおなじ。

「拾ったものを食うだけ」です。

魚介類、卵、木の実、果実……。

彼らは狩猟しませんでした。

お肉が食べたいときは?🍖

ライオンのような肉食獣の食いのこしをゲットしました(スカベンジング)。

狩猟採集民といえば「石斧」ですが。

狩猟の道具ではなく、屍肉を切りとったり、骨髄を割るために生まれたとされる。

そういう生活ができたのは豊穣な熱帯林に生きていたからです。

気候変動で乾燥化がすすむと、森林はなくなっていった。

人類はサバンナで生きるようになった。

弓や罠を発明し、狩猟するようになった。

狩猟はチームプレイです。

さらに人間は肉食獣にとって「おいしいエサ」です。

サバンナに逃げ場はありません。

集団で身を守る必要があった。

つまり……「コミュ力」が大事になりました。

そして人類は農耕をはじめました。

農耕は狩猟採集生活よりも過酷で、しかも報われなかった。

狩猟採集時代より身長は下がり、骨密度も減ったのでした。

さらにヒエラルキーができた。

労働しないで生きる主人と、主人のために働く奴隷が生まれた。

勤勉を賛美する宗教も生まれた。

そんで農耕から1万年後。

資本主義が生まれました……。

人類はかつてないほど働くようになった😭

「いやそれが何の関係あるの?」

ってことですが。

リタイア者は採集者に近いです

採集者は、生産者ではない。

生産するのは森林(自然)ですから。

それをぽいぽいつまんで食います。

人類の祖先は、豊穣な森林でいろんなもんを拾って食って生き延びた。

リタイア者の生活はそれに近い。

「資本主義の果実」

を食うのです😚

おまけに資本主義社会は、森林の何百倍も豊かです。

生命の危機もない。

チームワークなんてしなくても、おもいきりわがままに生きることができます。

関連:【食費0円】「フリーガニズム」で働かずに生きる人の話
関連:【孤独のなかの自由】「自由」と「快適」はトレードオフです

ウーバーイーツで年収660万円?

たとえば私はウーバーで「おいしー」時間だけ働きます。

ピークタイムなら時給2500円もいけます。

これは「手取り」です(私は超低収入なので🤣)。

時給2500円は、年収にすると500万円です(年2000時間労働で計算)。

手取り500万円は会社員の年収660万円です。

つまり、UBERでピークだけ稼働すれば

「瞬間的に年収660万円」

になる。

めんどくせー上司もなく、責任もなく、バイクでジャンクフードを運ぶだけ。

これで時給3300円です。

もちろん、これは良エリアのピークタイムの話です。

クソエリアや暇な時間だと時給200円になることもある。

「ぼくはUBERで生きていくんだい!🥺🚲」

という専業さんは、時給200円でも泣きながら配達しなきゃいけません。

が、リタイア者はおいしーとこだけパクつけばいい。

関連:【時給200円】UBER旅★3日目、ついに大赤字です
関連:【時給2500円】私はUBERの奴隷です

おいしー話を「採集」しよう

①宝くじは買わない
②マイカーもマイホームもいらない
③ウマい話は君のところにぜったい来ない

と橘玲氏はいいます。

③は正しい。

ウマい話は勝手にきません🤣

リンゴは地面から空に落ちない。

ただ「落ちてる」ことはある。

リタイア者はそれをひょいっと拾うだけでいい。

  • 半額の弁当
  • 激安コスパ商品
  • 1〜5万円の原付二種バイク
  • 寝てるだけで稼げるバイト
  • 割安な不動産
  • 割安な株

f:id:mikuriyan:20211103205410p:plain

110円(+KODOクーポン)でコーヒーとソーセージマフィンのご機嫌朝食無職

世の億万長者のたいはんは「投資家」です。

投資家はなんら生産的ではありません。

彼らはなにをしてるか。

「おいしーもん拾ってくる」

これだけです。

それで「まじめにコツコツ働く人」よりお金持ちになる。

関連:【貧者の知恵】「中古ユニクロ」がコスパ最強な理由
関連:【働くのはアホ】頭がいい人は「がんばらない」そして「働かない」

終わりに あくせく働いても幸せにはなれない

社畜がガムシャラに働くのはなぜか?

  • 「一生懸命働けばお金持ちになれるから」
  • 「幸福になれるから」

でしょう。

しかし、これほどひどいウソもない。

労働がもたらすのは「マヒ」です。

頭がマヒした人間はなにしても失敗する。

関連:「労働は民衆のアヘンである」by無職

必要なのは「知恵」です。

「懸命」より「賢明」です。

知識があればたいして働かずに生きていける。

私たちが生きてるのは

「豊穣な森林」

の何百倍もゆたかな社会ですから……😘

←なんてことは書いてませんが、まーまーいい本です😚

関連:【金持ち無職・貧乏社畜】リタイアするなら「ロバキヨ」読みましょう
関連:【悲劇】会社員を続けるとバカになります
関連:【考える無職】社会なめまくり「哲学的ニート」のススメ

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!