30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【究極の自由】「労働から逃げ続ける」孤独な無職ライフ

  • 働かない
  • ひとりぽっち

そんな生活が楽しいです。

労働から逃げる人生、なかなか楽しい

よくぞ脱れた。よくぞ脱れた。わたくしは三つの曲れるものから脱れた。わたくしは、鎌で[刈ること]を脱れた。わたくしは鋤で[耕やすこと]を脱れた。わたくしは小さな鋤で[耕やすこと]を脱れた。たとえそれらがここにあろうとも、もはや用はない。……

これは「仏弟子の告白(テーラガーター)」に出てくるスマンガラ長老の詩です。

「労働から解放されたぞ~🥰」

というよろこびが表現されている。

「労働から逃げる人生」は楽しい

働かない生活をして3年目。

  • ロンドンへいった。北海道へいった
  • バイクを何台も買った
  • パソコンやスマホを買った
  • 何十回も山を登った

それでお金が増えている。

たまにUBERや治験をしますが……。

フルタイムで働くことはもうないでしょう🤔

  • 雇われずにお金を増やす方法
  • お金に依存せず生きる方法

これらのスキルが、無職でいると高まっていく。

「お金を稼ぐためにだれかの奴隷になって時間を失う」

必要はない。

社会と無職は「トムとジェリー」みたいなもん。

社会は巨体で力がある。

でも、すばしっこいネズミちゃんは捕まえられない。

関連:【チート】リタイア生活は「ズルい」生活です

「ひとりぼっちの人生」は楽しい

上のスマンガラ長老の詩は、「労働」ではなく「性欲」ではないかという説もある。(定方晟氏、PDF

  • 「鎌」=陰茎
  • 「鋤」=指
  • 「小さな鋤」=舌

まあ経典におちんちんなんて書けないわけで……😂

いまは札幌にひとり旅です。

  • 朝8時起きる
  • 「今日なにするかな~🥱」と情報チェック
  • 楽しそうなところを散策
  • 疲れたらホテル帰って酒飲んでゲーム

こんな気ままな旅が楽しい。

藻岩山をのぼる無職🗻 こんな景色は、人生ではじめて。

完全に雪山。アイゼンなしで死に近い登山💀

札幌市街。右にトムラウシ山が見えるらしい。130kmあるけど……。

北海道、なかなか気にいりました。

  • 「今年の夏にバイクでまたこよ🤗」
  • 「トムラウシ制覇してやるぞ😤」

と思った。

とはいえ、北海道のシーズンは6月以降。

「その前に福岡か沖縄いきたいな~😍」

とも計画してます。

なんでもできる。

なぜなら私は「無職」で……。

「ひとり」だから😘

だれも私を起こさない。だれもチャイムを慣らさない。だれとも会う予定もない。これは孤独だろうか? 自由だろうか?

だれか忘れたけど、こんなこと言ってた。

関連:【孤独の幸せ】「自分と親友」になる15の方法

自分の力で自由になるしかないのです

社畜がイヤイヤながら働くのはなぜか?

  • 「依存してるから」――自分からアタマを下げて支配してもらう
  • 「弱いから」――力が弱くてつかまる、逃げられない

結局

  • 人は、自由になろうと思わなければ自由になれない
  • 人は、自分の力の分しか自由になれない

関連:「無職はドブネズミのようにしぶとく生きろ」とバンクシーは言った

「有名になって悩める社畜たちを救うぞ🤗」

と思ったこともある。

でもいまはこう感じます。

「他人を助けることは正しくない」

人間は、本来的に行動によって他の人間を救うことは出来ない、一人の人間が真に救われるのは、その人間が自力で、自ら救うからである。「天は自ら扶ける者を扶ける」とは、天が、誰をも社会的に救わないということである。人は他人を刺戟し、他人に影響を与えることがあるけれども、それは、刺戟され、影響される者が、それを自ら汲みとり、消化する自分自分の素質を持っていて、自発的に、そうした刺戟や、影響を摂取するからである。(なんかの本)

キリストはまーまーいいヤツでしょう。

でも、彼の名のもとでエゲツない搾取や虐殺が行われた。

マルクス主義でも同じ。

  • 「ひとびとを抑圧から解放したい」
  • 「ひとびとを救いたい」

これが結果的に人間を奴隷化し、心や肉体を殺した。

結局、救われるヤツは救われる。

救われないヤツは救われない。

それだけ。

「社畜を救うこと」にこだわらない。

それが私の自由であり、社畜の自由でもある。

関連:【賃金奴隷】だれもあなたを助けにきません

終わりに「逃げた先に楽園がある」のです

  • 仕事
  • 家族
  • 野心

そーいうのにガチガチに縛られた人生も「幸福」かもしれない。

少なくとも、世間はいってくれます。

「ああ、あなたはすばらしい幸福者だ。うらやましい!🥺」

でも

  • 金ない
  • 仕事ない
  • 嫁いない
  • 影響力もない

「なんにも縛られない生活」

も、なかなかすばらしー🥰

「逃げた先に楽園がある」

ってわけですな……😘

関連:【無職3年目】「楽な方に逃げる」が幸福のカギです
関連:【労働・税・家族】「社会から逃げる」のはかんたんです
関連:【清貧生活】社会から離れてひっそり暮らした結果

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!