30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

「日本に帰りたくない」とむせび泣くイギリス滞在無職

ロンドンと日本、どちらに生まれたかったか?

ロンドンです(即答)

ロンドンの良いところ

  • 政治の公平性がある――国の代表者が「仮にこうなったらこうします」ときちんと明言できる。感染者数がいくらだったらロックダウンを緩和します、など。「仮定の質問には答えられない」とならない。
  • 統計が信頼できる――統計は可能なかぎり事実を示すものとなっている。「理想やメンツのためにねじ曲げるもの」ではない。
  • 税制・物価が公平――安いものは安い。ミソもクソも8~10%の消費税ということはない。食費や本は無税。
  • 経済的に豊か――最低賃金が日本の1.5倍(日本の平均最低賃金が現在902円、英国は23歳以上8.91ポンド=1346円)。
  • 若者が多く、だいたいみんな元気――移民が多いのもあるが、若者や子どもが多い。そんでみんな元気。夏だからか?
  • 合理性――ロンドンの道路は「アタマがいい人が考えてるな」と感じる。信号機もスマートで、長すぎず短すぎない。日本の場合、やたら金はかけているが、そんだけ。運転マナーも日本よりいい(チャリ目線)。
  • 市民が公平性に敏感――労働者の権利意識が強い。定時になったらさっさと帰る。良くも悪くもストライキが頻発する。
  • 公共性が高い――公園や博物館など、市民に開かれた施設が多く、底辺層がハイカルチャーにふれるチャンスがある。日本の美術館は高いと1000円くらいとられる。
  • 文化レベルが高い――「ネトウヨ本とビジネス書しか売れない」日本の出版業界だが、ロンドンでは文化レベルの高い本がふつーの書店に置かれている。書店に入るとよだれがとまらない。
  • しずかで美しい街並み――基本的に静か。幹線道路もなんか静か。バスやタクシーが電気化されているし、厳しい騒音規制があるからかも。街並みはどこにいっても美しく、HSP気味の私にはとても嬉しい。
  • 食事がおいしい――日本のコンビニやスーパーの弁当は、砂糖と化調でごまかしすぎだし、塩分も濃い。ロンドンメシの方がまだうまいです。
  • サイトがわかりやすい――インターネットサイトがすっきりしてわかりやすい。政府系でもわかりやすくて泣きそうになる。日本の官庁サイトはゴミのなかのゴミ。

f:id:mikuriyan:20210828161847p:plain

なんてことない道もいちいちキレイで憎たらしい🥺 青い道は自転車専用レーン。

f:id:mikuriyan:20210828165251p:plain

私のいちおしの古本屋、SKOOB BOOKS。スーパーの帰りにたまたま寄ったけど、すげーいい本屋でした😚

 ←帰国したら読みたい本。ネトウヨ本があふれる理由が明かされる……。 

関連:【LIDL】イギリス貧乏メシ――「自炊すれば食費は安い」ロンドン

ここが変だよロンドン

ダメなとこもあげます。

  • トイレがねえよ(激怒)――トイレ難民になります。公園にもないことが多く、あっても有料だったり。さいきんは慣れてきてカフェやバーで借りてます(注文はしない🤣)。
  • 仕事が雑――垂れた塗料、まるみえの配管用の穴、傾いた床。こっちの職人はいい加減です。日本の職人さんはロンドンいくと引く手あまたでしょーね😘
  • デザインが不親切――オシャレな分、わかりにくい・使いにくいものが多い。オーブンのつまみ、シャワーの音量調節、コインロッカー……すべてわかりにくい。まあ一回わかりゃーいいんですが。
  • 微妙に感じる同調圧力――町並みがきれいなだけ、ボロい服装はゆるされない雰囲気。パブリックではパブリックな服装が必要。サンダル短パンでは外に出にくい(出るけど)。
  • 格差を感じる――金ピカのランボルギーニが置かれる横で、乞食が物乞いしている。
  • 何もかも高い――ちょっとした商品が10ポンドや20ポンドする。外食は特に高く、安くても15ポンド(2000円over)くらい。1ポンドショップはあるが、雑な商品ばかり。ダイソーはよーやっとる。ホテルも高い。
  • 治安が悪い?――私はあまり感じなかったが、知り合った日本人が重犯罪を目撃している。警察が人手不足のようで、日本のように交番の前でつっ立ってる、職質してくるということはない。
  • 思ったことは態度に出す――日本人のように感情を隠すことは少ない。不機嫌なら不機嫌。嫌いな相手には嫌そうに接する。私も「こりゃー嫌われてるな🥺」と感じることがあった。まあ好かれると露骨に好かれますが……。
  • 気候は微妙――8月だってのに寒すぎます。夏はいいけど、冬はかなりクソだと思いますね……。

これが敗戦国の末路か……

なんでこんな記事を書くんだ?

ロンドン帝国戦争博物館でボコボコにされた零戦を見たからです。

f:id:mikuriyan:20210828152952p:plain

フルボッコされた零戦。

f:id:mikuriyan:20210828153142p:plain

銃痕だらけ。薄いアルミ板がところどころにあり、修復歴がたくさんあることを示しているらしい。

f:id:mikuriyan:20210828153006p:plain

寄せ書き。なにを思う、朝野くん🥺

f:id:mikuriyan:20210828154540p:plain

私が零戦をはじめて見たのはネトウヨ博物館 遊就館でした。この落差……🤣

まあ英国の戦争博物館ですから

「イギリスすげー!ホルホル🥰」

なところもあります。

それでも「日本の戦争ってなんだったんだろう?」と思わされます。

  • 奇妙な精神論
  • 足りない物資
  • 人命軽視
  • 貧相な武装
  • 無謀な戦略

さいきんどっかでみたよーな……🤣

f:id:mikuriyan:20210828153445p:plain

リトルボーイのレプリカ。

f:id:mikuriyan:20210828154015p:plain

例のトラウマ漫画も展示されてました。画像は死亡フラグ(「雨水ほどきれいなものはないよ」)😭

←これイギリス人が描いたんですね。

日本はまた負けます。

というか、もうすでに負けてるのかもしれませんが🥺

関連:「こんな国に税金払いたくない」のは当たり前です

終わりに 日本に帰りたくないけどイヤイヤ帰る無職

「ヨーロッパを嫌いになるための旅行」

でした。

「日本も欧州もたいして変わらん」と思いたかった。

関連:【西洋白人コンプ】イギリス旅行で「ガッカリしたい」無職男性

でも、見事に失敗しました。

  • 「そら幸福度高いわな~」
  • 「自分でグレートとかつけるわな~」

と感じた。

「日本に住む意味、あるんだろうか🤔」

とわりと真剣に考えてしまった。

「日本がイヤなら、出ていけ!」

と背中を押してくれる勢力もいますが……🤣

「場所にしばられない」

のがリタイア者の強み。

ロンドンだけでなく、世界を放浪して

「もっとステキな場所」

を探してもいいかもしれません……🤔

以下おまけの画像。

f:id:mikuriyan:20210828174912p:plain

ロールス・ロイスのマーリンエンジン、27000cc水冷V12気筒SOHC48バルブ(航空機用)。オタク心をくすぐる😍

f:id:mikuriyan:20210828175414p:plainナチス・ドイツのRh202連装対空機関砲。狙うは垂直離陸できるハリアーⅡ。うるさいハエどもを撃ちおとせ!🥳

f:id:mikuriyan:20210828175537p:plain

巨大な高射砲8.8cm FlaK。対空砲だが水平射撃ができ、対戦車砲としても使われた。四足がかわいい。ちなみにflak(激しく批判する)の語源がこいつ。

f:id:mikuriyan:20210828180016p:plain

ジムニーの先祖。

f:id:mikuriyan:20210828180143p:plain

中戦車T-34、ソ連製。こんなのが街角から出てきたら絶望😱

ちなみにロンドン帝国戦争博物館のいちばんの見どころはホロコースト・コーナーでした(撮影禁止)

関連:【金もらって旅に出る】「オトクすぎる」ロンドン治験のメリット8つ
関連:【ロンドン】海外治験の「最低限」の持ち物をまとめました
関連:【250万円で永住権】セミリタイアと「フィリピン移住」の相性のよさ
関連:【海外暮らし】「セミリタイア・ノマドワーカー」のすすめ

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!