30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

リタイアを先延ばしする「もう一年症候群」

「あと1年はがんばって働こう😥」

「もう一年症候群(One More Year Syndrome、OMYS)」

なんて言葉がFIRE界隈であるらしい。

  • せっかく手に入れた地位だから稼げるだけ稼ぎたい
  • あと1年働けばあれも買える、これも買える

1年ですめばいいですが。

5年、10年となっていく……。

「もう一年症候群」はなぜ起きるのか?

「最低限の数字」ではまだ怖い

セミリタイアを目指す人は

「だいたいこれくらいあれば足りるだろう」

という金額を設定します。

一般的には4%ルールです。

生活費が年100万円なら、2500万円。

年200万円なら、5000万円。

これは「最低限」の金額です。

その金額が近くなると

  • 「もっとお金があれば生活をアップグレードできるんじゃないか」
  • 「もっとお金があれば生活のリスクが下げられるんじゃないか」

となっていく。

問題は

「万が一のリスクを考えたらキリがない」

ということです。

「お金を稼ぐために時間を失う」

という本末転倒になる。

「蓄財の習慣」がやめられない

リタイア希望者は生まれたときからニートが約束された有閑階級ではありません。

何年もかけて資産を築き上げます。

  • 労働
  • 節約
  • 投資

をがんばる。

これはけっこー楽しいのです。

はじめて資産が500万円、1000万円となったときは嬉しかったはず。

ただ、リタイアとは

「蓄財中心の生活から離れること」

です。

人間は変化を嫌う。

そこから「変わる」ってのはけっこー大変なのです。

経済的に独立したら仕事はそんなにつらくない

「いつでもやめられる」安心感

リタイアに十分なお金が貯まると、仕事がけっこー楽になる。

RE(リタイアアーリー)ではなくても、FI(経済的独立)してるからです。

クビを切られても資産で食っていけます。

「どーせいつでもやめられる」

なら仕事も気楽にできます。

ここまでいくとむしろ

(はやくクビにしてくれ……!)

という人も多いでしょう🤣

f:id:mikuriyan:20220409234224p:plain

まあお気楽ぐーたらサラリーマンってのも悪くない生活です。

終わりに 「フライング」がおすすめです

「なにを恐れるべきでないかを知るのが、勇気である」プラトン

「もう一年症候群」の治療法は

  • 過剰にリスクを恐れず、ふんぎりをつける
  • 変化を恐れない、挑戦する勇気を

って感じでしょーか。

私はもともと「2000万円は貯めよう」と思ってました。

転職先の内定ももらっていた。

しかし、たまたま150万円ハウスを見つけた。

「持ち家ならどーとでもなるんじゃね?🤔」

とリタイアした。

「先延ばし」というより「フライング」ですが、こーいう人も多いでしょうね。

50歳でリタイアしようとして、40歳でリタイアしたり。

私は30歳でリタイアしたが、まったく後悔はしていません。

「20代でリタイアしたかった😥」

とすら思います。

  • お金をとるか?
  • 時間をとるか?

結局は「バランス」の話ですが。

個人的にはフライング気味でいいかと思います。

人間はだいたいリスクを過大に評価しすぎるのです。

ともあれ、

「ずるずると社畜をやめられずにあとで悔やむ」

というパターンはクソでしょうね……🤣

関連:アーリーリタイア者の「最悪の後悔」とは
関連:【新入社員へ】「働かないために働く」のです
関連:1000万円で「今すぐ」リタイアという選択
関連:【無限の可能性】「30代でセミリタイア」が最高の選択です

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!