30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【ステルスライフ】「社会から消える」方法

だれにも見つからない秘密基地で生きる

「いつも見ているぞ」

という社会で「隠密無職」になる方法😘

f:id:mikuriyan:20220102225445p:plain

社会から消える方法

社畜ライフは「まるみえ」です

「会社員はガラス張り」です

収入は税務署にほぼ完全に把握されている。

「トーゴーサンピン」や「クロヨン」、さいきんは「クサイ」とか。

所得を把握されている割合が

  • 会社員の9割
  • 自営業者・経営者の3割
  • 農業・水産業が1割

ということです。

会社員はカモです。

税制だけでなく、会社員は「まるみえの生活」をしている。

昼は会社、夜は家庭。

会社に数日こないだけで

「あいつはどうしたんだ」

となる。

これは良い面もあるが、しがらみにもなる。

無職は「社会から消える」ことができる

「死にたいんじゃなくて消えたい」

とメンヘラはよくいいます。

独身無職は社会から「消える」ことができます。

私は働いてないし、ひとり暮らしです。

家もほとんどだれもこない山の上です。

私の生活は「だれも」把握していない。

(ブログにはいろいろ書いてるけど🤣)

  • 昨日どこにいたか
  • 明日どこにいくか

だれも知らない。

私が何しようが、だれも「知ったこっちゃない」。

お気楽な生活です😘

社会は意外とガバガバなのです

  • 零細個人事業主が脱税をした
  • 少額の万引をした
  • 無人駅でキセルをした
  • ミラーコツンの当て逃げをした

法的にはまっ黒ですが……。

実際はほとんど捕まりません。

たとえば万引犯を捕まえるのはたいへんです。

「バッグに入れた」だけでは誤認の可能性がある。

なので「Gメン」は犯人が

  • 棚から取って
  • ポケットやバッグに隠し
  • お店を出るまで

ずーっと監視しなきゃいけない。

f:id:mikuriyan:20220102230739p:plain

捕まえてからもたいへんです。

「店長」や「警察官」が何時間もかけて調書をとらなきゃいけない。

店長と警官が2時間かけたら、時給3000円として、人的コストだけで12000円かかる。

「数百円の万引で、そこまでするか?」

という話です。

ふつーに商品を買う消費者からコストを埋め合わせた方が楽チンです。

「コンシューマー・レポート」によると、犯罪税(小売店が盗難損失補填の目的で商品価格を値上げすることによって、各世帯が負担する年間の上乗せコスト)は450ドルにのぼるという。(「万引きの文化史」レイチェル・シュタイア

「パノプティコン」はいい加減です

  • キセルを防ぐより、無人駅に駅員を置くコストの方が大きい
  • 零細個人事業主を税務調査する方がコストが大きい

世の中そんなことはたくさんあります。

キセルをしろ、というのではありません。

社会は意外とガバガバなのです。

みんないい加減なのです。

いい加減な人が、まじめな人(たとえば社畜)を搾取することでできているのがこの社会です。

もちろんこの社会は「監視社会」です。

パノプティコンは存在する👀👀👀

f:id:mikuriyan:20220102220655p:plain

しかし、パノプティコンは「見る可能性」でしかない。

「監視人」は見ていないことの方が多い。

それを「見ているぞ」と演出しているだけなのです。

終わりに 無職はステルス性が高い

「隠れて遁れる」

と書いて隠遁生活です。

  • めんどくせー人間関係
  • ややこしー社会的義務

とはオサラバです。

だれにも見つからない、だれにも縛られない

「秘密基地」

で生活する。

そんな感じがリタイア生活にはあります。

「忍者無職」

になりましょう……😘

←ロンドンでタイトル買いしそうになった本😍 小説みたいだから買わなかった……。

関連:【陰キャの理想】「隠遁生活」が楽しすぎます
関連:最悪の苦しみ=「お金と人間関係」から解放される隠遁生活
関連:「人間嫌い」は直らないので孤独に隠遁した方がいいです
関連:【考える無職】社会なめまくり「哲学的ニート」のススメ

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!