30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【年収100万円】「山崎寿人」は貧乏リタイアのパイオニア?

  • 30歳でリタイアして
  • ポイ活や治験で年収100万円稼いで
  • ビンボー暮らししてるおっさん

を見つけました。

おまえは俺か……🤣

年収100万円で生きる「山崎寿人」という男

※以下引用はすべてAllaboutのインタビュー記事からです。

中高一貫の名門校から東大へ進み、大手酒類メーカーの広報マンとして活躍――。そんなエリート街道から一転、“年収100万円の自由人”として生きることを選び、豊かな節約生活に突入した山崎寿人(やまさき ひさと)さん。以来、24年間無職、年間100万円生活を続けています。

いい変態っぷりです。

インタビュー記事は10年前なので、いまも続いてるならビンボー生活34年。

パイオニア感あります……😘

なぜエリート街道を脱落したのか

非常に恵まれた環境で自由に仕事ができていたし、充実していました。会社からも評価してもらっていたけれど、30歳になった時に、「ここにいても、これ以上面白い仕事とは、この先もう出会えないんじゃないか」と、“お腹いっぱい”になってしまったんです。

ちょうど小説を書こうと思っていたこともあり、1~2年フラフラして広い世界を見たあとで再就職するのもいいかなと。

「先が見える」感じがしてやめたようです。

……だんだん自分の生活をデザインし直して、新たにクリエイトする面白みにハマってしまった。この生活をもっと突き詰めてみようと思ったんですね。

小説家になるためにリタイアしたけど「生活をデザイン」することにハマったらしい。

これはすげーわかります🤣

なにからなにまで自分で生活を構築するって、楽しいんですよね~。

関連:【自由人】生活を好きに「デザイン」できるリタイア生活

お金はどーしてるのか?

幸いにして、親の遺してくれた古マンションの家賃収入が年間100万円あったので、それを頼りにこの生活に移行しました。その不動産は維持費の関係で数年前に1千数百万円で売ってしまいましたが、年金の受給年齢までの支出を計算すると使えるお金は年間100万円なので、これまで通りのやりくりを行なっています。

完全に親ガチャです。

マンションを売ったあとも持ち家に住んでるっぽい。

「いや、おまえただの勝ち組やんけ!」

という指摘が本のレビューにたくさんあるが、当然でしょう。

(「名門中高一貫校→三浪して東大」も、親ガチャみたいなもん)

参考:「持てる者」が示す無意識の傲慢さ―山崎寿人『年収100万円の豊かな節約生活術』感想 - ブックワームのひとりごと

どーやって節約してるか?

収入  3万円
パーティのカンパ  1万円
収支 食材費  2万2922円
光熱費  1万2389円
被服費  198円
通信費  1089円
交通費  589円
医療・衛生費  455円
雑費  297円
残高  2061円

料理が上手で、定期的にパーティを開いてるようです。

なので食費は高い。

「冷暖房も普通に使う」ってことで光熱費も高い。

それ以外は超きりつめてますね~。

移動はバイクとのこと。

なにより家賃がないのは大きいです。

持ち家パワーです😚

関連:【お金が減らない】「持ち家リタイア」は簡単すぎます

節約マインド① 資本主義から距離をおく

モノやサービスをたくさん作ってたくさん売る。それをどんどん拡大していくのが資本主義です。当然、自分がその輪のなかに入れば、良いモノが欲しいし、もっと稼ぎたいという価値観になる。ですから、少し距離を置いて眺めるくらいのスタンスをとるのがいい。

「資本主義から距離を置く」

のは大事です。

私も意識的に社会から離れるようにしてます🤣

物欲にとらわれたときは、「これはゴミ候補生なんだ」と思うようにしました。欲しいと思った瞬間に“ゴミ候補”と、自分で自分に言い聞かせ、さらにゴミに出される画像を思い浮かべて、脳に刷り込みをしていく。すると、本当にそれにしか見えなくなるんですね。

「すべてはゴミになる」と震災で瓦礫の山を見て悟ったようです。

なんか「方丈記」っぽい。

節約マインド② ゲームみたいに楽しむ

僕としては、月3万円、年間36万円で家計を収めることが一種のゲームのようなもの。最近は慣れてきて刺激がなくなり、少々つまらなくなってしまったので、もう少しハードルをあげて、年間予算を一割減にしようかと考え中。どうすれば一番面白くなるのか、試行錯誤しています。

「節約生活はゲームみたいで楽しい」

これは鬼節約した人ならわかるでしょう。

低レベルクリア的なやりこみ要素がある。

ただ、軌道にのると刺激がなくなるのはたしか。

ド底辺ライフでも、慣れちゃうのです……🤣

しかし年間支出年36万円はすごい。

私はがんばって年間45万円、てきとーで年間60万円ってとこです。

関連:「貧乏に慣れる」と人生楽勝になります
関連:「年60万円」でリッチに生きる★貧乏リタイア生活

ポイ活や治験で稼ぐ

比較的割がいいのは、アンケートモニターや座談会、インタビューですね。また、家電量販店は、来店するだけでポイントが貰えるので、よく立ち寄ります。時々ボーナスポイントが加算されたりもするので、これだけでも年間5000円分以上のポイントが貯まるんです。

私はポイ活はあんましませんが。

都内だとたくさん案件ありそうです。

時には、お金のいい治験バイトをやることもあります。血糖値が高いので糖尿系の治験や健康商品のモニターが多いです。1日1万円くらいになるので、割がいい。治験は止めておけ、という人も多いのですが、同成分のものが他社で承認済みなど、リスクが少ないものを選んでいますね。

「同成分のものが他社で承認済みなど、リスクが少ないものを選んでいますね。」

これはほんと大事。

わかってますね~🤣

関連:【副作用】「治験は怖くない」けど、怖い案件もあります……。

自分を幸せにしてるだけ

この世に生まれてきた以上、自分を幸せにする責任があると思っているんです。僕はただ、それを果たそうとしているだけ。

こういうと傲慢に聞こえてしまうかもしれませんが、僕は小さい頃から、社会や国より自分の価値が下だと思ったことは一度もないんです。そういう意味では、世間の価値観というものからどこかズレていたのでしょうね。もちろん、世間一般の価値観を否定する気もないし、比べたって意味の無いことです。

めちゃくちゃ共感しました。

私も自分の生活が第一です。

それ以外のすべては国や社会、神や仏だろうと「下」です。

……僕としては若隠居が楽隠居くらいかなと(笑)。“30歳まで5年間みっちり働いていたからもういいじゃないか”と思うのですが、世の中の価値観はそうではないようです。

皆それぞれの価値観で人生を選択しているわけです。そこにはリスクもあるし、我慢しなくちゃいけないこともあるけれど、プライオリティをつけて、自分を納得させていく。リスクとメリットをはかりにかけながら、その人なりの生き方を選ぶことでしょうね。

社畜ライフが向いてるならそうすればいいし、イヤならやめりゃーいい。

みんなが自分のきもちいー生活をすりゃいいんですね……😘

関連:「自分の生活」ほど大事なものはこの世にありません

終わりに 正直ビミョーだが共感します

「ん……お前はほんとーに俺か?😲💦」

とビミョーな気分になりました。

アマゾンのレビューが的確です。

 どこがスゴイの、コレ(-_-#)

 著者が年収100万円で暮らせる理由は、

 1.ご両親が遺してくれたマンションに住んでいるので
  家賃がかからない。
 2.ご両親が遺してくれたマンションから年100万円の
  賃貸収入がある。

 つまり、すべてご両親のオカゲなんですね。

 だから、サバイバル技術で参考になるのは料理レシピくらい。

 (……)

 私はちゃんと自分で稼いだオカネで暮らしているぞ。

 自活もできてない人がこんな本を書くなんて、

 甘ったれるなよ、とチョット思いました。

けっこー同感です。

メンタリティの部分ではすごく共感しましたが😘

私はやっぱ

「たたきあげの無職」

が好きです……🤣

 ←ちっと賛否両論です😂

関連:【不都合な真実】貧乏ほど「お気楽イージー」に生きていけるのです
関連:セミリタイアの非課税ラインは年収98万円です
関連:「週15時間労働」で生活できます【ケインズ正しかった】
関連:「家畜の人生」は楽しいですか?

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!