30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【勝者】セミリタイアは「勝ち組」の生活です

「資本主義の勝ち組になろう!」

これが幼稚園児の思考。

  • エリートになれ
  • 億万長者になれ
  • 投資家になれ

よのなか幼児向け絵本であふれてる👶

「資本主義に勝とう!」

これが大人の考え方……😉

資本主義に勝つ無敵の生活

「負け組」

とはだれか?

  • 奴隷
  • しゃべる道具
  • 他人のために生きる人

人類史を見ると、初期の奴隷はだいたいが

「戦争捕虜」。

文字どおり

「負けた人」

です。

「本来殺すところを救った」

だからその生命は「主人(勝ち組)」のものになる。

資本主義と個人は戦争状態にある

でも現代は平和で平等だ🤗

(少なくとも日本では)戦争がない、捕虜がいない、奴隷もいない――

というのはウソ。

個人は資本主義と永遠に戦争状態にある
The individual is forever at war with the Capitalism.――某海外無職

社畜は弱い。

資本主義に負けている。

だから奴隷状態にある。

「労働か飢えかWork or Starve」

つまり、資本主義に敗北して:

  1. 殺されるか
  2. 奴隷労働するか

の二択をつきつけられる😭

戦争捕虜と同じです。

社畜は

  • 「かつて負けている」
  • 「日々負けている」

しかし、もはやそのことは自覚ができなくなっている。

負けていること――

それはあまりに「あたりまえ」だからです。

もっとも、資産家でも「成功者」でも負けてる人はいる。

結局、資本主義社会の勝ち組は「資本」ですから。

資本主義に勝つ方法

自由人の定義はすごくかんたん。

「自由に労働をやめられる人」

です。

  • だれと
  • いつ
  • どのように
  • なにを
  • なぜ

働くかを自分で決められる。

それが資本主義に勝った人。

「勝者」

とは、返り血を浴びたおどろおどろしい人ではない。

  • 寝そべる人
  • ほほえむ人
  • ぽやぽや暮らす人

なのです……😘

終わりに 日々勝利を実感しています

「ユダヤの戒律所にある<汝望むなかれ>という文句は滑稽だ、幸福への道は不自由を感じなくてすむようにすることにあるのであって、不自由に耐えることを要求すること、つまり<望むなかれ>などという文句のなかにあるのではない」エピファネス

  • いまの生活でもまあ満足だよ
  • 俺の人生こんなもんさ
  • 俺は社会の義務を果たしているんだ

社畜は「負け癖」がついている。

セミリタイアは逆。

  • 朝起きて勝利を実感します
  • お出かけして勝利を実感します
  • 寝る前に勝利を実感します

セミリタイアは自由。

自由とは勝利です。

勝利は「力」がもたらすもの。

みなさんも資本主義を打ち負かす

「パワー系無職」

になりましょう……😘

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!