30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【最強の抗鬱剤】「走る」「歩く」だけで人間は幸せになれる

幸せは歩いてゲットです

「無職でなんだか憂鬱だよお🥺」

という人は

  • 歩きましょう
  • 走りましょう

そんでだいたい解決します。

今日も往復14kmを歩き無職

「持久走」という人類固有の能力

猫ちゃんはいつ幸せか?

ネズミを狩っているときです😻🐭💦

鳥は飛ぶとき。

魚は泳ぐとき。

「生まれもった特殊能力」

を発揮するとき、動物は幸せになれる。

人間の特殊能力は?

  • 知性
  • コミュニケーション

がまず浮かびます。

でも

「持久力」

もスゴイ。

1日に10km移動できる動物はそう多くない。

人間と馬が50kmマラソンしたら、人間が勝つと言われる。

人間は瞬発力こそないものの、獲物をひたすら追いつづけてハントした。

そのために汗腺やアキレス腱が発達した。

チンパンジーやゴリラのアキレス腱は長さ1cmにも満たないが、ヒトのアキレス腱は通常10cm以上の長さがあって、非常に太く、走行中に身体が生み出す力学的エネルギーのほぼ35%を蓄積したり放出したりする……大きな大臀筋、項靭帯、大きな三半規管、短い足指といったいくつかの形質は、効率よく歩けるかどうかにはさほど影響を及ぼさず、もっぱら走るときに役に立つ。つまり、これらは走るための適応なのだ(ダニエル・E・リーバーマン「人体 600万年史」

人類は走るために進化してきた。

つまり「走ることが幸せ」といえる。

「1日30分の早歩き」はあらゆる抗鬱剤よりも効く

  • 莫大な開発コストをかけて
  • 超エリートが長い年月をかけて開発した
  • 科学の結晶

それが「抗鬱剤」。

しかし

「1日30分の運動」

だけで、抗鬱剤と同等の効果が得られるとされる。

参考:Exercise for depression

摩周岳のがけっぷち😨

文明とはそれ自体の生みだす悪への治療法を発見する絶望的なレースである。“Civilization is a hopeless race to discover remedies for the evils it produces.”

ルソーのこの言葉が好きです。

  • 「抗うつ剤すばらしい!」
  • 「文明の力サイコー!🤗」

という人がいればちょっとおかしいでしょう。

うつ病は文明社会にしかないんだから。

「うつ病の原因は文明社会の不平等(格差)だ」

ともいわれる(Nスペとかで)。

しかし

「歩かない生活」

も一因でしょう。

人類はもともと遊動的(ノマディック)だった。

現代のように定住はしていなかった。

人間はひたすら「歩いた」のです。

人類は「歩く/走る」ようデザインされている。

「歩かない/走らない」と……。

人間は壊れる。

エンジンをかけずに放置してたらすっかりダメになるように。

機械に運ばれるのではなく

「自分の足で歩く」

とハッピーになれます😘

終わりに 登山でもしましょう

登山がおすすめです

  • 長時間の有酸素運動
  • 自然のなかを歩く
  • 「頂上」という目標がある

これは

  • 獲物を追いかけていた時代
  • 遊動的な生活をしていた時代

にかなり近いんだと思います。

摩周湖。右のさきっちょに登ってきました

私もひとりぽっちの旅を続けてます。

疲れたりイヤになることもある。

でも、登山にいくと……。

すげー満たされます😍

ってわけで無職は山に登りましょう(ざつなススメ方)😘

無料温泉(池の湯)に入る無職。コケがすごくて足を入れた瞬間すっころびました……🥺

関連:鬱になったときの最強の治療薬を教えます
関連:リタイア無職に「登山」がおすすめな理由10選

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!