30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

トレイルランニングは「死ぬほどきつい」…けど爽快です

心臓が破裂する

  • 中古のトレランシューズ
  • 中古の軽量バッグ

を買いました。

いつもの里山を走ってみました。

この世にこんなきついスポーツはない

上り、死ぬ

最初の1kmでバテました

めちゃくちゃきついです。

ふつうに歩いてもゼイゼイいう道です。

そこを走ります😭

この世でこんなにきついスポーツはないんじゃないでしょうか。

トレランっていうか、半分歩いてました。

f:id:mikuriyan:20211219170119p:plain

爆発しそうな心臓をかかえて絶望的な気持ちになる無職🥺

下りはおもしろい

しかし、下りは別物です。

おもしろい!😍

すいすい走れる。

アスファルトの道路と違って、風景の変化に富んでいる。

そして道幅も狭い。

疾走感がすごいのです。

f:id:mikuriyan:20211219171508p:plain

これはランナーズハイが原因かも。

「ランナーズハイになると、すべてが強烈に感じられる。青い色はより一層青く見える。意識が研ぎ澄まされるのだ」(ランナーズハイは進化の適応 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

「ずっと走ってたい🥰」

となりました。

12kmを2時間で駆ける無職

  • 12km
  • 2時間(休憩込み)
  • 上り・平均時速6km
  • 下り・平均時速8.4km

もともとトレランしようと思ったのは

「登山するには時間が遅すぎる」

ときがあるからです。

近所の里山は歩けば3時間。

冬は14時スタートだと真っ暗になります。

トレランなら2時間で帰ってこれるので、寝坊した日でもサクッと登山できます😚

せっかく人間に生まれたんだから走ろう

人類はクマのような力はない。

ウサギのような瞬発力もない。

でも「持久走」は得意です。

リーバーマン氏とデニス・ブランブル氏は2004年に共同で、人類は約200万年前に長距離を走るように進化したという説を発表した。リーバーマン氏とブランブル氏はこの説の根拠として、しなやかな腱や短い前腕など、身体的な適応をいくつか挙げた。(同)

人類が狩猟で獲物を追い詰めることができたのは、どこまでも追いかけることができるから。

走ることで

「地球の覇者」

になった。

爆走して王者の気分を楽しみましょう……😚

関連:【高貴な野蛮人】リタイアすると「自然人」に戻れます

走ると「大麻様物質」で気持ちよくなれます

走るとふわーっと気持ちよくなる「ランナーズハイ」。

脳内物質のエンドルフィンの影響とされてたが……。

エンドカンナビノイドの方が重要かもしれないとか。

大麻様物質ですね。

長時間走り続けると気分が高揚してくる「ランナーズハイ」は、エンドルフィンの分泌によるという説がある。しかし最新の研究によれば、大麻と同様の働きをする脳内物質(内因性カンナビノイド)の影響のほうが大きい可能性があるという。(ランナーズハイは「脳内大麻」で引き起こされる:研究結果 | WIRED.jp

f:id:mikuriyan:20211219173923p:plain

無料・合法で大麻も体験できてしまう……😚

終わりに たまには「全開走行」した方がいいです

ひさしぶりに100%の力を使いました

  • 心臓がバクバクする
  • 血圧があがる
  • 汗がだらだら
  • 気管支が広がる
  • 肝臓がエネルギーを生産する

全身がゴウンゴウンと音を立てて「走ること」に集中します。

自動車のエンジンは、たまに全開した方がいい。

固着したカーボンや老廃物がとれるから。

人体もたまには「全開走行」すべきでしょう。

  • 頭スッキリ
  • 健康になる
  • 身体がかっこよくなる
  • 自信がつく
  • お金かからない
  • 気持ちいい疲労感
  • 夜はぐっすりスヤァ😪
  • ごはんうまし

トレラン、おすすめです😘

f:id:mikuriyan:20211219173327p:plain

みかんをひろったのでこのあとチューハイに絞っていれます😚

関連:リタイア無職に「登山」がおすすめな理由10選
関連:「登山」はリタイア者の特権的な趣味です
関連:【野宿登山】「大倉―蛭ヶ岳ピストン」という体力バカコースを無職が制覇
関連:【3万歩】遭難予備軍が「表丹沢」を登ってきました

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!