30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【冷たい社会】「世界は地獄」と社畜が思うのもしかたがないです

冷たい社会であたたかく生きる方法

「世界は地獄だ」

と思うと、自殺したりうつ病になります。

でも、結局そう思い込むのは「アホだから」です。

社畜をやめると世界が変わる

近くのばーちゃんちの草刈りをしました。

ばーちゃんは90歳近い。

自分で草刈りなんてムリです。

私が電動マシーンでババーンと一気に刈ってやりました。

前回は現ナマをもらいましたが……😂

そのとき「お金はヤメロ🙅」ときつくいいました。

今回はビール他をもらいました✌😘✌

f:id:mikuriyan:20210526121235p:plain

しあげ作業中🤤

f:id:mikuriyan:20210526121317p:plain

なんかいろいろもらった。キンキンに冷えてやがる……😨

関連:【ドブさらい】田舎の近所付き合いも悪くないですね

ひとを助けるのはひととして当たり前です

「田舎の濃密な人間関係は恐ろしい😨」

という人がいます。

たしかにヤバいところもあります🤣

関連:【破滅】「都会に疲れたから農村に移住」の間違い

でも、都市は都市でヤバい。

他人を助けない人が多すぎます。

f:id:mikuriyan:20210526120031g:plain

「人を助けるなんてめんどくせー😓」

と私も思っていた。

ただ、リタイアすると気づきます。

人助けは気持ちいいです。

褒められるとかお礼がもらえるとかじゃない。

世界が明るくなるんですよ。

なぜか?

自分が人助けをすると

「自分も助けてもらえるだろうなー🤗」

と思えるからです。

都会のエリートの心は壊れている

リタイアを志す人はエリートが多いです。

「進学校→有名大学→大企業」

のコテコテな人生を歩んできた人が多い。

そういう人は何を学んできたか。

  • 「競争に勝つこと」
  • 「他人を打ち負かして自分が勝つこと」

受験でも就活でも出世競争でも他人を蹴落としてきた。

「そんなのあたりまえだよ」

と言うかもしれませんが……。

こうなると、世界は地獄になります。

「自分が他人を蹴落とす」ということは、

「他人も自分を蹴落とす」ということだからです。

 結果、つねに不安と恐怖に襲われます。

  • 「仕事をクビになったらどうしよう?」
  • 「病気になったら? 障害者になったら?」
  • 「老後はどうしよう?」
  • 「孤独になったらどうしよう?😨」

あたりまえです。

他人を助けてこなかった人が「自分だけは助けてもらえる」なんて思えるはずがない……。

関連:【鬱病はまだマシ】こころが「完全に」壊れた人が多い

「だれも助けてくれない」これはただの幻想です

「この世は冷たい! 地獄! だれも助けてくれない!😭」

という人は実験をしてみましょう。

新宿駅で、胸をおさえていきなりぶっ倒れてみてください。

必ずだれかがあなたを介抱してくれます。

「だれも自分なんて相手してくれない! 孤独だ!😭」

という人は、ネットでも街頭でもいいから

「寂しくてしょうがないからだれか相手してくれ」

といってみてください。

だれかが相手してくれます。

現実にはどーとでもなるんです。

「だれも助けてくれない」というのは、「だれも助けてこなかった」人間の幻想でしかない。

人を助けると不安がなくなる

じゃーどうすれば不安と恐怖から抜けだせるか。

「人を助ける」

それだけです。

  • 自分は助けてあげた
  • だからこんどはだれかが自分を助けてくれるだろう🤗

となります。

もちろんこれは論理的にはおかしい。

私が近所のばーちゃんの庭を草刈りしただけで世の中なにも変わりません。

自分が助けられる保証はない。

しかし「他人を助ける」という経験は、深層心理に影響を与えます。

主観的に世界が変わるのです。

世界は

  • 明るくて
  • 調和のとれた
  • 信頼おける場所

になる。

そーすれば、老後の不安はなくなります。

孤独に死んでいく恐怖もなくなります。

「この世界も捨てたもんじゃないな」

となります。

関連:「老後の不安」よりも心配すべきことがあります
関連:セミリタイアすると経済的不安が「なくなる」理由

終わりに 自分のために他人を助けましょう

CAF World GIving Indexの2018年の調査結果のなかで日本は「Helping a stranger(見知らぬ人を助ける)」の項目でなんと、調査対象国144カ国中142位です。 (Plum / プラム@男女共同参画局推し on Twitter

日本人は他人を助けません。

こんな国が自殺大国なのはあたりまえではないでしょーか?

「世界は地獄」だからです。

生きるに値しないからです。

結局、社畜ワールドはクソです。

人間の自然なこころを壊します。

犬が犬を食う世界です。

社畜ワールドを抜けだせば、自分のほんとーのこころをとりもどせます。

「他人を助けて自分もハッピーになる」

これが人間の本能です。

たしかにめんどくさいと感じることもある。

でも、めんどくさくてもお皿は洗うでしょう?

歯を磨くでしょう?

それと同じことです。

したほうがいいし、しなきゃいけないし、すればスッキリするのです。

そーして世界は明るく信頼おける場所になる。

歯磨きをしないで虫歯になるよりは、歯を磨いたほーがいい。

それが「あたまがいい」ってことです。

「社畜はアホ」なのです。

だから社畜ワールドは地獄です。

悲しいことにこれは事実です。

f:id:mikuriyan:20210526122242p:plain

人助けして昼から飲むビールはまいう🤤

関連:官僚、政治家、医師、専門家、エリート「みんなバカ」です
関連:リタイアして「人のために生きる」のもありです
関連:【健康がすべて】仕事をやめると健康になる理由
関連:「会社員は奴隷」という自覚を持ちましょう

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!