30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【1泊500円】「ショボい民泊」をもくろむ無職男性

  • 築古のボロを買います
  • ちょこっと改装します
  • 一泊500円くらいで客をとります

そんな民泊経営を考えてます🤣

「ショボい民泊」を始めたいです

目的:

  • ちょこっとお小遣い稼ぎ
  • 住むところのないひとに社会奉仕、的な
  • 自分も別荘的に使う
  • コミュニティ形成

「賃貸」より「民泊」な理由

「リタイアしたら不動産王になるぞ!」

と思ってました。

関連:不動産投資とセミリタイアは相性バツグンです
関連:不動産投資で月10万円の不労所得を

が、賃貸経営に関心がなくなってます。

  • 入居者が入らなければ負債
  • 家賃収入は固定で、あまりおもしろくない
  • 居住中は自分が利用できない

ほったらかしで金が入ってくる「パッシブ・インカム」なのが賃貸経営です。

これは「忙しい人」「ガッツリ稼ぎたい人」には向いてます。

どんどん投資を拡大できます。

でも、リタイアするとヒマだし、「そんなにお金いらね🤤」となります。

民泊経営はパッシブとアクティブの半分くらいでしょうか。

  • 客に貸すことができるし、自分でも利用できる
  • 客との関わりがある
  • 客は流動的にゲットできる

ちょっとめんどくさいけど楽しそうだな〜という感じです。

関連:実は「アクティブ・インカム」こそセミリタイアに大切です
関連:投資は「倫理的」なのか?【養分を搾取】

一泊500円――ほぼ道楽です

ドミトリー一泊500円

とか考えてます。

ベッドが6個くらいあって、テキトーに寝てもらう。

一泊500円なら、僻地でも、ボロくても、人がやってくるでしょう。

「そんなんじゃ儲からねー🤣」

ってことですが。

まー半分は道楽です。

「住むところがない」

ってのはほんとーにしんどいですからね😭

私が野宿スキルを高めたり、家を買うスキルをゲットしたのは、住むところがない(or高い)からです。

困ってる人に居場所を提供できたらいいなあと思います。

関連:「お金」より「スキル」が人生を楽しくします
関連:リタイアして「人のために生きる」のもありです

民泊なら「自分も使える」

宿泊施設というより「シェアハウス」的に考えてます。

自分でも使えるし、他人も使えるという感じ。

私は現在こんな生活です。

  • 「ガスなし生活」でお風呂に入れません。
  • 「暖房なし生活」で冬は電気毛布にくるまってます。
  • 「冷蔵庫なし生活」で冷蔵庫がありません。

べつに好きでしてるんでいいんですが🤣

関連:【令和最新版】月3万円生活を実現する「ヤバい節約術」10選

「たまにはお風呂に入って冷えたビールが飲みたいなあ……」となることがあります。

民泊ハウスはお客さん用に設備を整えます。

冷蔵庫はあるし、ガス・冷暖房完備です。

自分ひとりだと「もったいないなあ」となりますが、お客さんとシェアしたら安いもんでしょう。

(経費になるし……🤤)

関連:セミリタイア個人事業主、「税金との戦争」について語る

民泊ならボロいのも味かも

ボロ屋に住みたい人はいません。

でも、「一泊だけならいい体験だ」という人はいるかもしれない。

賃貸物件だと、和室ばかりだとマイナスポイントです。

でも、民泊なら旅館っぽくていい感じかも。

賃貸用だとかなりシビアにリフォームしなければいけないが、民泊ならテキトーでいいのかも。

f:id:mikuriyan:20210328214731p:plain

「民泊をなめるなおじさん」に怒られそう……🤣

「コミュニティ」ができたらおもしろい

「きままにふらっと寄ったらだれかがいる場所」

がたまに欲しくなるんですよね。

私はひとりで隠遁ライフを送ってますが、やっぱり適度に人と関わった方が気持ちいい。

学生時代は「部室」があった。

私の休日の過ごし方は、大学の図書館か空き講義室で読書して過ごし、疲れたら部室にいきました。

そこにはたいていだれかいました。

楽器でセッションしたり、酒を飲んでだべったりした。

「あの感じがいいな〜」

と思うんですね。

ゆるーい人付き合いができればいいと思ってます。

常連とか、長期宿泊者とかいれば

「あやしいコミュニティ」

もできるかもしれません。

そこからいろいろ可能性が広がればおもしろいです。

関連:セミリタイア後に「友達をつくる」方法
関連:【孤独な無職】「ひきこもり生活」がもたらすもの

「イヤになったらやめればいい」の精神です

  • 甘い考えで起業しても失敗する
  • 経営がめんどくさくて嫌になる
  • DQNや浮浪者にめちゃくちゃにされて終わり

そんな気もしますが……🤣

「イヤになったらやめればいいか〜」というノリです。

私はもう「稼ぐ必要がない」です。

ブログとYoutubeと治験で食えてますから。

それに、民泊起業のリスクは小さいでしょう。

飲食店は「毎月の家賃」「従業員の賃金」「仕入れコスト」が重くのしかかります。

でも、家は買ってしまえば家賃がかかりません。

そしてサービスを提供するのは人間ではなく「家」です。

家は給料がなくても24時間働いてくれます。

「客がだれもこなかったら?」

それはそれでいい。

DIYリフォームのおもちゃにしたり、自分の別荘地にしたり、賃貸で貸したり、転売したり、親族の保養所にしたり……。

いろいろ道はあります😘

関連:【遊びで家を買う】「趣味」としてのボロ戸建てリフォーム

終わりに リタイア後は気楽に起業しよう

  • 「起業は難しい」
  • 「リスキーだ」

というイメージがあります。

たしかに「俺は会社員をやめて喫茶店をやるぞ!」「就職しないでYoutubeで大儲けだ!」ってのはやべー雰囲気がぷんぷんします🤣

でも、無職のおっさんが「月1万円でも、2万円でもちょろっとお小遣いでも稼ぐか〜」ってのはぜんぜんリスクはないと思います。

リタイアすると起業はぐっと身近になります。

雇われなくてもいろいろ稼ぎ方はあるのです。

「テキトーに」金を稼ぎましょう……😘

 ◆ 

この民泊案は今日思いついたばっかなので、もう少し煮詰めてみます。

「民泊用物件が手に入るか」

がすべてですね〜🤔

関連:セミリタイア後は「小さな事業を長く続ける」のです
関連:【リタイア→起業】個人事業主が「いちばん楽しい」理由
関連:「複数の収入源」があるとリタイアは安泰です
関連:「雇われずに生きる」経済的独立の幸せ

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!