30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【仕事やめて自己実現】無職だから楽しめる人生もあります

無職だから到達できる領域

  • セミリタイアしたら人生楽しすぎて草🤗
  • セミリタイアしたらやることなくて憂鬱🥺

ハッピー無職、サッド無職。

どこで差がつくのか。

あいかわらず変なとこにいる無職

セミリタイアのふたつの自由

「なにからの自由」か「なにへの自由」か

セミリタイアにもふたつあります。

「freedom from」型のネガティブ・リタイア

  • 上司がイヤ
  • 仕事がイヤ

だからリタイアする。

労働が「過負荷」なタイプ。

「freedom to」型のポジティブ・リタイア

「自己実現したいから」

リタイアする。

働いてたら「真の自分」になれないからリタイアする。

労働が「制限」なタイプ。

ひきこもりや一般的なニートは前者が多く、セミリタイア者なんかは後者が多いでしょう。

「労働が嫌い」なのか、自己探究なのか

「リタイアしてなんもすることなくなっちゃったよ!🥺」

という人は

「スケールが小さい」

んでしょう。

人間としてのスケール。

そーいう人は、企業文化や労働でムリヤリ自分をひきのばしてもらった方が幸せかも。

一方、ビッグな無職は毎日

「楽しいこと」

を見つけてくる。

世界の良いもの、楽しいことを嗅覚で見つけてくる。

そんなかんじで人生をゆたかにする。

小さな箱で育てられた植物が、たくさんの空間と日光を与えられて、すくすく伸びる感じで

  • 大金を稼ぐ
  • コンクールで入賞する
  • 多くのフォロワーができる

そんな必要はない。

ただ、自分の楽しめることだけする。

そーして自己実現する。

自己実現って、スピっぽい言葉だけど。

よーするに「自分になる」プロセスです😘

このような人々は、独立自足的になる。かれらを支配する決定要因は、もはや基本的に内的なもので、社会的なものでも環境的なものでもない。それらは、かれら自身の精神的本性の法則であり、可能性や能力であり、才能、潜在性、創造的衝動である。自己を知ろうとする欲求であり、ますます統合し、一貫したものになろうとする欲求である。さらにまた、現実の自己や理想の自己、自己の使命、職業、運命を自覚するようになろうとする欲求である。(「完全なる人間」アブラハム・H・マスロー

終わりに 人生を楽しめる無職ライフ

「自分の人生おもろー🤗」

って思います。

変なとこに行って変なことをします。

  • ふつうでは会えない人に会う
  • ふつうではできないことをする

同じようで違う空。どこにいるかはまだ書けません😂

「無職になってよかったな」

と思いますね。

  • 密度が濃いというか
  • 自分の意志で生きてるというか
  • 自分のしたいように生きてるというか

「YOLO=You Only Live Once」

です。

独立自足して

「自分をおもいっきり自分にする」

そんなリタイア無職ライフを送りましょう……😘

 

関連:【高次元の無職】ひとはリタイアしてから「自己実現」するのです

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!