30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【生活レベル】リタイアしたら「最底辺ライフ」がおすすめです

じつは楽しい「サイテーの生活」

「勝ち組が超勝ち組になる」より、「底辺ライフでちょっと贅沢をする」方が楽しいです😘

リタイアしたら生活レベルをゴリゴリ下げてみましょう

月3万円のクソ底辺ライフを送ってます。

私はこれまでそんなに貧困ライフを送ったことはなかった。

だいたい食費は少なくても2万円です。

ヤフーのプレミアム会員とか、アマゾンプライムとかふつうに入ってました。

典型的な「買い物好きの消費者」だったんですが。

リタイアを機に生活レベルをガクッと下げた。

  • 食費1万円
  • ガスを契約しない
  • 冷蔵庫や電子レンジなし
  • 自動車なし
  • 洋服を買わない

そんな生活に移行しました。

そこで思ったことは「必要だと思っていたものが、それほど必要ではない」ということです。

そして、貧困生活は意外と楽しいということです😂

関連:【月16万円→月4万円】生活費をごっそり削る方法

貧乏生活はありがたみを感じやすい

1を1.5にする方が、100を110にするより楽しい

プトレマイオス一世という、初代ファラオになったちょー偉い人がいます。

彼は一時期ヤバいほど貧乏になった。エジプトのボロ小屋で、粗末なパンを食って飢えをしのいだ。

のちに彼はこういいました。

「あのとき食ったパンよりうめえもんはなかったわ🤤」

f:id:mikuriyan:20200912220738p:plain



これは 「限界効用逓減の法則」のわかりやすい例でしょう。

財の消費量が増えるにつれて、財の追加消費分(限界消費分)から得られる効用は次第に小さくなる、とする考え方。(限界効用 - Wikipedia

飢えた人にとっては、粗末な食事であってもすごい幸福を与える。

一方で、金持ちで毎日グルメ三昧の人は、豪華なコース料理を食べても「こんなもんか😒」となる。

大学生がバイトしてはじめて買った30万円の軽自動車の方が、3台目に買った2000万円のポルシェより喜びを与える。

まあ世の中うまくできています。

関連:「必要なもの=安い」「不必要なもの=高い」の法則

これは「収入対幸福度」のグラフでも同じです。

年収150万円の人が300万円になるのは強烈な喜びです。

一方で、年収2000万円が4000万円になってもそれほど嬉しくない。

f:id:mikuriyan:20200912181259p:plain

意識的に生活レベルを下げると、ちょっとしたことで喜びを感じることができます。

たとえば、ふだんは5袋200円のインスタントラーメンを食べてると、300円くらいのサッポロ一番のラーメンを食べると非常にうまく感じます。

f:id:mikuriyan:20200912181737j:plain

↑最近若干あがりつつある私の生活レベル

「一食あたり20円で幸福が買える」のであり、非常に安上がりといえます🤣

関連:リタイア半年間でかかったお金【2020年5月の支出】
関連:【納豆豆腐丼】食費1万円以下のビンボー飯

極貧からじわじわ生活レベルをあげてみましょう

「いや、お前みたいな底辺ライフとかゼッタイムリなんだけど😒」

というかもしれません。

ずっと貧乏ライフをする必要はありません。

様子を見ながら少しずつあげていけばいいんです。

貧乏リタイア者は、はじめは「この生活が維持できるんだろーか?😰」と不安になります。

最初は財布の口を固くしばっておきましょう。

そこから様子をみながら支出を増やしていく。

「持たない生活」で満足できるようになるかもしれないし、生活レベルをあげるなかで感動や喜びが生まれると思います。

むしろおすすめできないのは、「リタイアしたからパーッと金を使おう!🤗」となることです。

リタイア後の変なテンションでキャンピングカーやボートを買ったりする人がいますが。結局「いらね」となる人が多いです……😂

関連:【蟻地獄】会社員はなぜ「浪費」してしまうのか?

究極の最低生活は「野宿旅」

「限界を超えて生活レベルを低くしてみたい」

という人におすすめなのが野宿旅です。

テントや寝袋をチャリやバイクに積んで放浪します。

泊まるところは無料キャンプ場、林道の先、公園の東屋などです。

f:id:mikuriyan:20200525142054j:plain

これは公園野宿

関連:【クソしんどい】自転車野宿旅には「究極の自由」があります

こういう体験をしてから家に帰ると、なにもかもありがたい気分になります。

水道があること、トイレがあること、電気があること、冷暖房があること、プライバシーがあること、雨風がしのげること、あたたかい布団があること……。

最終的に「月3万円の生活でもクソ豊かだな」となります😂

関連:【底辺生活】月3万円生活が「ちょうどいい」です
関連:「野宿スキル」でセミリタイアは10倍楽しくなる
関連:30代で公園野宿するのも乙なもんです

リタイア後は「儲からない事業」 をはじめても楽しいです

先のグラフでわかるとおり、

  • 年収0円から年収50万円にあがるのはクソ嬉しい
  • 年収50から年収100万円も楽しい

です。

どんな起業家でも言うとおもうんですが、ビジネスってはじめが大変で、そしてはじめが楽しいんですよね。年商3億円を4億円にするより、ゼロスタートから100万円稼げたときの方が嬉しい。

私のこのブログも、別に事業としてはじめたわけじゃないですが、アドセンスでゼロ収入→月5000円→月1万5000円とちょっとずつ増えてます。

関連:【アドセンス】リタイアブログで半分メシが食えてます

これっぽっちでも、ブログ収入が増えていくのはめちゃくちゃ嬉しい😍 給料があがるより何倍も嬉しいです。

お金が入ってくれば、生活レベルをちょっぴりあげることもできます。

また、収入が増えたらリタイア生活は完全に軌道に乗ることになります。

とはいえ、必要以上にお金持ちになったり贅沢する必要もありません。

結局、消費やお金儲けが楽しいのは「ある程度まで」です。

リタイア後は「儲からない事業を趣味的にやってみる」のが楽しそうです。

関連:「金儲けに飽きた」から人生の後半が始まります
関連:貧乏人はムリして金持ちにならなくていいのです

終わりに リタイアして生活をリセットしましょう

社畜ライフとリタイア生活はぜんぜん違います。

考え方、価値観、生活方法、ほとんど変わってくる。

会社員時代はあたりまえのように「消費者的生活」を送っていると思いますが。

ちょうどいい機会だから貧乏ライフを試してみましょう。

金がなくても工夫すればどーにでもなりますからね。

生活費3万円で生活してみたら

「意外とこれ、いいやん……」

となるかもしれません😘

関連:リタイア生活には「お金」以外のすべてがあります
関連:アーリーリタイア者の「最悪の後悔」とは

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!