30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

子持ちでも「早期リタイア」はできる……と思います

f:id:mikuriyan:20200804114359p:plain

というような質問を頂きました。

結論から言うと、「わかんね😕」です。

私は子どもを持ったことがないからです。

でも、かんたんな予想では「なんとかなるんじゃないかな?」と思います。

リタイア者と結婚――NINKs, LINKs

まず「子なし夫婦」ならリタイアは余裕だと思います。

  • 家賃や住宅修繕費
  • 通信費・水道光熱費
  • 自動車の維持費

などをシェアできる。さらに家事や掃除などの労働もシェアできる。ずっと効率がいいんですね。

そしてお金が必要になれば、二馬力で稼ぐことができる。

二馬力の良いところは、税負担が小さくなることです。

「なるべく働きたくない~」というぐーたら夫婦であれば、ふたりで100万円ずつ稼いで世帯年収200万円、これで国保以外は払わなくて済みます。

(私はこういう夫婦をNINKs=No income, No kidsあるいはLINKs=Low income, No kidsと呼んでます🤣)

単身者で年収200万円だと30万円ほど税金で持っていかれるので(エグすぎ😭)大きな違いとなります。

NINKsやLINKsは、むしろ単身者より「リタイア向き」かもしれません。

関連:【結婚願望】セミリタイア者でも結婚したい!

子持ちでリタイアは可能なのか?

一方で、子どもが生まれるといろいろ大変かもしれません。

「子育てはお金がかかる!」けれども

子育てにかかる費用は、一般に年間100万円以上かかると言われています。大学まで行かせるとなると総額で3000万円以上。

ただ、これは平均です。

抑えようと思えばかなり抑えられると思います。

f:id:mikuriyan:20200806093600p:plain

ガキンチョひとり育てるのにもっとも金がかかるのは「食費」のようです。これは貧乏メシでも食わせとけば安く上がるでしょう。

関連:【死なない飯】「健康的な貧乏飯」は可能なのか?

教育費」については無償化がすすんでるようです。

  • 保育園、公立小学校、公立中学校は無料
  • 公立高校は世帯年収910万円以下なら無料
  • 私立高校は世帯年収590万円以下なら支援あり
  • 国公立大学は世帯年収390万円以下なら入学金・授業料無料

ただし給食費や、授業で必要なもの(絵の具セットなど)は有料となります。学費が無料でも、教育費は年間30万円ほどかかると見たほうが良いようです。

それにしても大学無償化の流れはいい感じですね。貧乏家庭は大助かりでしょう。(ていうか、「子どもが大学に入る前にリタイア」すれば学費無料になるウルトラCができそうですね)

塾や習い事」については、自分で教えちゃいましょう。

リタイア生活の良いところは、なんでも自分でできるということです。暇だからです。塾に通わせずに自分で教える。習い事をさせずに、自分の趣味を教える。

そういった親子の交流があった方がお金が浮くし、むしろ健全に育つかもしれません。

現実には1500万円もあれば足りる?

保育園・小中高大学の授業料無料。大学の生活費は奨学金orバイトで稼がせる。

これでめちゃくちゃテキトーに算出してみますよ。

  • 子どもの生活費:月2万円
  • 子どもの教育費:月3万円

ハイ、月5万円です。年間60万円。これを22年で1320万円

あら、けっこうお安いですね~😘

年間60万円なら夫婦でちょろっと収入を増やせばいいだけです。

夫婦ともにセミリタイアしても育てることは可能そうです。

リタイア者の子どもは「モンスター化」しないのか?

とりあえず気になるのはここです🤣

どうなんでしょーね?

  • 貧乏メシを食わせる
  • 塾に通わせない
  • 旅行とかもあんましない
  • ゲームもほとんど買わせない
  • 両親が無職でゴロゴロしてる🤣

こういう子どもが健全に育つのかどうか。

私が子どもだったら……と思うと複雑です。

f:id:mikuriyan:20200806103530j:plain

子どもに「サバ缶豆腐丼」を与えたら虐待扱いされそうです🤔

難しいのは、リタイア者は隠遁ぐらししてますが、子どもは「学校」という社会システムの中心にいることなんですよね。あきらかにここに衝突が生まれるでしょう。

私が見るかぎり、海外の子持ちリタイア者はホームスクーリングしてる人が多いです。そっちの方が自由に子育てできそうですね。

まあ逆に「天才」が生まれるかもしれませんし、おもしろい挑戦だとは思います。

終わりに なんとかなりそうです

「子育てにはめちゃくちゃカネがかかる」

と思ってましたが、学費無償化が進んでおり、「思ったより金かからんな🤔」と思いました。

ざっくりみて「資産3000万円以上あれば大丈夫」だと思います。

セミリタイア生活は、収入も支出も自分でかなりコントロールできます。子どもができたなら、ちょっと働く時間を増やしたり、いろんな収入をゲットすればいいだけです。

ただ、私のような1000万円リタイア者だと「子どもが健全に育つのか?」という点で疑問が残ります🤣 

自分にはお金をかけなくてもいいけど、子どもは潤沢に金をかけた方が幸せになってくれそーですから。

とはいえ、単純に経済的なモデルで考えると、 別に子どもがいても問題ない気がします。

めちゃくちゃ「想像」で語ってみましたが。

「意外となんとかなるんじゃないかな?」

と思いました😘

今回の記事は参考にならなかったと思います。

当てずっぽうで書いてますから。

実際に子育てしてる人はコメントで助けてくれると幸いです……🤣

関連:【統計】「子どもを持つ=幸せ」とは言えない時代になっています
関連:こんな国で子どもつくるのはアホと上流階級だけです

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!