30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【リタイア起業】仕事をやめると「仕事が楽しくなる」のです

「仕事が苦しみから楽しみに変わった」

 「定年前、しなくていい5つのこと」大江 英樹 

という本を読みました。

定年退職者向けの本ですが、アーリーリタイア者向けにも良い情報があります。

リタイア後の「仕事」は楽しい

60歳で定年になったあと、半年間だけ再雇用で働いて会社を辞め、独立して仕事をする決心をしました。その後今日までの8年間は、どこの組織にも属さず一人で事務所を作って活動を続けていますが、サラリーマンとして現役時代に働いていた頃とは仕事に対する考え方が180度変わりました。仕事が苦しみから楽しみに変わったのです。現役時代は休みの日が来るのが楽しみでしたが、今はまったくそんなことはありません。(太字は私)

著者は元証券マンです。

リタイア後は「経済コラムニスト」としてセミナーや文章業をしている。

うーん……証券マンなんてつまんないでしょうね(失礼😂)

ちなみに昨年(2019年)1年間で、 全く仕事をしなかった日はたった5日間しかありません。「それでよく身体がもちますね」と人からは言われますが、私にとって今の仕事は趣味みたいなものですから、何の問題もないのです。

これはよくわかります。

私もブログを365日毎日続けました。

運動や節約もそうですが、習慣化しちゃえば苦痛に感じないです。

関連:【一年目】セミリタイアブログを365日毎日更新した結果

サラリーマン時代、仕事は苦行でしたが、独立して自営になると仕事が本当に楽しみになるということがよくわかりました。仕事を楽しいと思える最大の理由は、好きなことをやっているからだけではなく、自分に決定権があるからです。そしてこのことはとても重要だと思うようになりました。(太字は私)

そうそう。

奴隷労働はつまんないけど、自由労働は楽しい。

「なんでも自分の自由になる」

と仕事は楽しいんですよね。

社畜時代はただの歯車、家畜、養分でした🐑🐑🐑

いまは気分は軍師です😂

f:id:mikuriyan:20210126125723p:plain

人間にとって最高の幸せは「道楽を仕事にすること」です。こう言うと「いや、仕事はそんな甘いものではない」という人がいるでしょう。でもそれはその人がサラリーマンで「やらされる仕事」しかやっていないからです。 

これもわかります。

私は「好きを仕事に」 よりも「遊びで稼ぐ」って方が好きですけど。

関連:「労働」も「余暇」として楽しむリタイア生活です

「アーリーリタイアはやることがなくなる」かも?

定年退職者向けの本であり、アーリーリタイアにはアンビバレントな記述がありました。

  • 趣味があっても、時間が余って退屈になるだろう
  • 会社員を一度やめたら戻るのが難しいので、会社員としての権益を享受してからリタイアするのがいい
  • ただ、起業してやりたいことがあるなら選ぶ価値はある

一理あります。

たしかに会社員に戻るのは難しいです。

でも、「会社員として失った時間」も二度と戻らない。

どちらが良いかは人それぞれでしょうね。

私はアーリーリタイアしたことをまったく後悔してませんし、多くの人にとって「最高の選択」になると思ってます。

でも、向かない人もいるでしょう。

とにかく自由が好きじゃないと向かない。

「自由なんてだれでも好きだろ😤」

というかもしれませんが、世の中、自由より隷従を好む――管理され命令される方が気楽な人も多いのです🤔

関連:「会社員は奴隷」という自覚を持ちましょう
関連:【賃金奴隷】だれもあなたを助けにきません

リタイア本は「不安を煽る」ものが多い

多くの定年対策本やセミナーで語られていることは、あまり正しくないことが多いのです。その理由は、実際に「定年」を経験したことのない人や、定年の経験はあってもかなり昔のことだったりする人が語っているからです。

さらに悪いことにそれらの言説は、どちらかと言えば「不安を煽る」タイプのものが多いということです。

そーなんです。

セミナー講師は不安を煽るんです🤣

「それは危険だ! 間違い! こうするのが正解! 私の話を聞いてよかったね!」というのが彼らの仕事だからです。

「リタイアなんて怖くないよー自分の好きにやればいいんよ……🤤」

これでは仕事にならないのです。

あらゆる「信者ビジネス」は不安を煽ります。

そうすれば「迷える羊たち」がついてきてくれますから。

関連:【恐怖心】セミリタイアと「経済的不安」について
関連:【チャート式】セミリタイアの経済的不安をなくす方法

リタイアは思ったよりかんたんぽん

ところが私自身の体験から言えば、定年は、迎えるまでは不安は大きいものの、実際に経験してみると、それほど心配する必要はないことがよくわかります。むしろ、そうした不安に煽られて、間違った行動を起こす方がよほど危険なことだと思います。  

これがリアルです。

リタイア生活は思ったよりもかんたん。

あくびが出るほどです……🤤

そもそも、文明以前、人類はみんなリタイアしてました。

雇われることはない。

お腹がすいたらそのときだけ仕事して、あとは遊んで暮らしていた。

だから、私たちもテキトーにぽやぽや暮らす本能はすでにあるのです。

難しい知識や訓練はいらん。

自分のしたいよーに、したいことすれば、勝手に生きていけるんですね……。

(ちなみに「間違った行動」とは投資に全ツッパみたいなことらしいです🤣 )

関連:【人生は簡単】セミリタイアで失敗することはない
関連:【高貴な野蛮人】リタイアすると「自然人」に戻れます

終わりに なんかすることあった方がいい

「意外と参考になるな〜」

と思いました。

私はあまりリタイア本を読まないんですが、たまたま本屋で手に取りました(立ち読み)。

私が感じてることは、だいたいのリタイア者に共通するようです。

やっぱり、リタイア後はなにか「したいこと」があるといいですね。

Youtubeでもブログでもセミナーや芸術でもいいですが。

「毎日これをせずにはいられない」

ということがあればサイコーです。

  • 毎日打ち込んで
  • どんどん技術が高まって
  • 多くのひとに役立って
  • 稼ぎも大きくなる

それはきっとステキなことだと思いますね……😘

 ←夫婦関係、地域共同体との関わり方、年金や投資についても書かれてますが、あんま興味ないのでスルーしました🤤 気になる人はぜひ。

関連:【リタイア→起業】個人事業主が「いちばん楽しい」理由
関連:【忙し無職】「何もやることがない」わけでもないリタイア生活
関連:実は「アクティブ・インカム」こそセミリタイアに大切です

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!