30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

HSPにとって静かな家に住めることはプレシャスです

音を気にせず生活したことはありますか?

前にも書きましたが、私の150万円ハウスは非常に静かです。無音です。

はじめは慣れませんでしたが、これはとてもいいことだぞ、とだんだん思うようになりました。

音に敏感で騒音には苦しめられました

私はHighly Sensitive Personという奴で、音に敏感なのです。

私は大学のときに木造アパートに住んでいました。そのとき騒音にかなり悩みました。上階の住民とは戦争状態でした。向かいは犬がキャンキャンうるさいし、隣の老人は朝の4時から日曜大工するし、発狂しそうな環境でした。

f:id:mikuriyan:20191125203500g:plain

就職してからは隣家から離れた田んぼのまんなかの一戸建てに住みました。しかしそこも抜け道になっていて非常に車の騒音がうるさかった(十字路になっていて、家のまえで加速していくので余計にうるさかった)。

転職してからは鉄筋コンクリートのマンションに棲みました。最上階角部屋です。ここも、鉄筋コンクリートのくせにうるさかった。下階の騒音が聞こえてくるし、隣人が水道を使うときに「ガコン」と鳴るウォーターハンマー現象がした。

それに、私が騒音主になったのでびっくりしました。入居して数日後、下階から大家さんを通じてクレームがありました。

「うるさい、工事でもしてるのか? こっちは赤ちゃんがいるんだ」と。

あなた方の家族構成なんて知らないですよ……と思いつつ、何が騒音なのか考えたら、そのときニンニクを切ってたんです。ニンニク切るだけで下階にそんなに響くのか、と驚きました。

それからは私もすり足で生活するようにしました。結局、鉄筋コンクリートでも響くんだなあ、と思ってがっかりしたのを覚えています。

騒音は大大大っきらいです!

はじめて静かな家に住んだ

今回買った150万円住宅は、ほんとうに静かです。「耳が痛いほどの静けさ」と言ってもいいでしょう。

それまで10年近く、寝るときは必ず耳栓かイヤホンをしていたのですが、不要になりました。

ここは別荘で使われている家が多いので、ほぼ唯一の隣人定住者まで20mほどあります。また、自動車がよく通る道までは、Google Mapで調べたら100mありました。大きな車が通るときに少し聞こえるかな? 程度です。

騒音は出し放題です

こちらが出す騒音についても気にしなくて大丈夫です。

私は楽器が好きなので、自由に練習することができます。また、スピーカーからそこそこ大きな音を出して音楽が聞けます。

階段はドタドタのぼりおりして大丈夫ですし、ニンニクどころかかぼちゃもがんがんカットできます。

意外といいのが、独り言をぶつぶつつぶやけることですね。好きな歌を口ずさんだり……。大笑いしたり……。なんだか解放的です。

現代では静けさがとても貴重です

私がこの家を買った理由のひとつはこの「静けさ」にもあります。

世の中には、ほんとうに「静かな家」がぜんぜんないからです。

静けさは、ひとつでも騒音があると台無しです。「閑静な住宅街」でも、抜け道になっていて自動車がうるさかったらアウトです。犬が吠えてたらアウトです。隣人の夫婦喧嘩がうるさければアウトです。道路族がいたら最悪ですね。逆に隣人が神経質でも気をつかってしまいます。

「騒音」で検索すればわかりますが、騒音は恐ろしいくらいのストレス・憎悪・怨恨・メンタルイルネスを生みだしています。「静けさ」、それは現代社会ではプレシャスなものになっているのです。

この家を買ったのも、静けさに価値があると思ったからです。もし売却/賃貸するときは「騒音フリー」を売りにしたいと思っています。意外と買い手/借り手があらわれるのではないでしょうか? 

少なくとも私にとっては、そういう物件が非常に魅力的です。

ただ、難点をあげるなら……12時とか21時に町内放送が流れることですね。なまじ静かなだけにほんとうにびっくりします。

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!