30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

セミリタイアすると自信や自尊心がなくなる理由

自分はなんてうんこちゃんなんだ……💩

と思うことがあります。

f:id:mikuriyan:20200402082945j:plain

この前野宿した公園。

労働者のもつ「プライド」

労働者間には、細かーいヒエラルキーが存在します。

収入、階級、学歴、旦那の収入、嫁の美人さ、着てる服、乗ってる車、家、住んでる場所、子どもの学校、などなど……。

端的な例があります。

ある人が給料日に「これっぽっちかあ……」とぼやいた。

同僚が「いくらだったんだ?」と聞きます。

しつこくきくので、彼は「○○円だよ」と答えてしまった。

同僚は憤慨しました。「俺より1000円高い!」と。たった1000円でも、彼には大きな違いだった。「あいつの方が俺より認められてるだって!?」。それ以降、二人の仲は最悪になったといいます🤣笑

労働者なんて年収300万円だろうと1000万円だろうとルーザーです。

でも、労働者は年収1000万円のぼくは勝ち組! とか信じている。

関連:年収300万円も年収1000万円も負け組です

どうでもいい差異をひたすらに強調し、格差付けする――実は、これは昔からの統治のテクニックです。システムにとって、負け組たちが団結して勝ち組に「ツケを払わせる」ことがもっとも恐ろしい。だから負け組と勝ち組の間に無限の格差をつくり、負け組と負け組を争わせて、自分まで攻撃が向かないようにする。

世の中うまくできてます🤣

頭のいい勝ち組たちは、本来は負け組である年収1000万円くらいの「低所得者」に「お前たちは恵まれている、優れている、選ばれし民だ」って教えます。

年収300万円くらいの人も、年収150万円と比べて「決して多くはないけど、そこそこ給料をもらってるんだ」と考えてます。年収150万円の人は、生活保護者と比べて、自分は働いて自立してるから立派なんだ、と考えてるかもしれません。

このように「チンケなプライド」が労働者には醸成されていくのです😪

リタイアすると「人間」になる

セミリタイアすると、人は労働者ではなく人間になります。

仕事を辞めてしまえば、人類の大半が属している「雇われ人」という枠組みから外れることになる。

会社でどんな肩書があったとしても、年収いくらもらってたとしても、そこでいったん「ただの人間」になります。

労働者でいたときは、自分の比較対象は「同じ労働者」になることがふつうです。

同じ会社のだれだれと比べる、同業他社のあいつと比べる、大学の同期と比べる。まあそんなふうに比較して、落胆したり満足すると思います。ある意味、楽な世界です。同レベルの争いだから。

しかし、労働者をやめて「人間」になると、比較対象はすべての人間になります。

リタイアすると、あまり労働者は眼中になくなります。自分と縁遠い存在になるからです。

お金持ちかどうかも気になりません。お金は重要ではないとリタイアすると気付けるからです。

それよりも、「充実した人生を送ってるか」「すごいことをしたか」が大事になってきます。

たとえば私が最近自分と比較してすげー嫉妬心を覚えたのは、「岩崎圭一」という人物です。たまたま知った人なのですが、2001年、28歳で160円ぽっちを手にして日本を出て、いまだに旅の途中というとんでもない人です。彼はエベレストに登頂したり、スペインのゴット・タレントという人気番組で入賞したり、ヤバいおっさんです。(けいの無銭旅行記EXP

www.youtube.com

「彼に比べて自分はなんてちっぽけなんだろう」と……。

1000万円でセミリタイア? そんなのよちよち歩きの赤ちゃんでもできるわ! と自分が情けなくなったのでした。

ともあれ、リタイア者の「比較対象」、ある意味での「目標」は歴史的・地理的に広がっていきます。

リタイア者は仕事を言い訳にできない

労働者には、最強の言い訳があります。

「仕事があるから」です。これ、便利な言葉ですよね。

「今は仕事してるから、いろんなことができないのはしょうがない」と考える。

「世界旅行? 無理無理、明日も仕事なんだ」

f:id:mikuriyan:20200402091810p:plain

自分の才能を開花させない言い訳、つまんない人生を送る言い訳ができるのです。

でも、いざ自由人になれば、言い訳がききません。

自分がなんでもない人間でいることは、自分の責任になってしまう😓

もちろん、それは自由があることの裏返し。でも、これはときどきしんどくなることがあります。

終わりに セミリタイア者は世界を知るのです

ある意味、それは良いことなのかもしれません。

リタイアすると視野が広がります。変なプライドがなくなって、まともな、人間らしい価値観を得ることができます。年収とか肩書とかうんこちゃんだと思えるようになる。

世界はとっても広い。

信じられないくらいすごい人がいる。

そういうことを知ることができる。

その分、自分はちっぽけだなあ、何もない人間だなあ、と感じることになりますが。

そこから何かが始まるのかもしれませんね。

f:id:mikuriyan:20200402173842j:plain

私ももっといろんなことにチャレンジして、人生を「生ききり」たいですね😘

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!