30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【自己愛の延長】「子どもをもたない」理由4つ

「子どもをもたない」と人生はかんたん

親不孝者の30代無職男性です。

「子どもをもたなくていい」

と考えてからすげー楽になりました。

経済的に楽だし、人生も楽になります😘

子どもをもたなくていい理由4つ

1.子どもがかわいいのは6歳くらいまで

  • 「子どもがかわいい」
  • 「子どもがいて幸せ」
  • 「子どもをつくってよかった」

とかいってる人の子どもはだいたい「6歳以下」です。

小さくてカラダが弱い。

親がいなきゃなんにもできない。

子どもからすりゃ親に見放されたら死にます。

だから親の関心をひこうと必死です。

そりゃーかわいいでしょう。

f:id:mikuriyan:20210520103900p:plain

だれしもみんなかわいいこどもでした🤤

でも子どもはすぐ大きくなります。

自我が芽生えてきます。

腕も足もたくましくなってきます。

理屈をこねるようになり、ヒゲは生え、おっぱいは膨らみ、顔も大人びてくる。

親から独立しようとします。

こうなるとかわいくないでしょう🤣

f:id:mikuriyan:20210520103815p:plain

大学を出て就職すれば、親はほとんど「他人」です。

どれほど愛そうと、尽くそうと、親は「めんどくさい存在」になっていく。

関連:【統計】「子どもを持つ=幸せ」とは言えない時代になっています

2.「家庭」は根本的に病んでいる

資本主義社会では「家庭」と「職場」は神聖化されます。

職場は労働が生産されます。

家庭は労働者が生産されます。

だから映画でもドラマでも

  • 「まじめに働く人はすばらしい!」
  • 「家族を守る人は素晴らしい!」

となります。

私たちは「労働はすばらしい」と思うくらい「家庭はすばらしい」と信仰してます。

ただ、家庭というのは本質的に不自然です。

近代的なモデルにすぎない。

もともと子どもは共同体で面倒をみました。

家庭という狭い牢獄のようなものは限定的だったでしょう。

北極圏の狩猟採集社会では、子どもが家庭を選ぶことができたりします。

イヤな親はグッバイです🤣

でも、近代社会では「家族の絆」がある。

  • 親と合わずに家出する子ども
  • 学校なんていかずに働きたい子ども

も家庭に閉じ込められます。

職場とおなじで、家庭も強制的な組織です。

強制的な人間関係はかならず腐敗します。

「病んだ家庭」「毒親」があるのではありません。

家庭というのはだいたい病んでるのです。

「病んでない家庭」「毒じゃない親」が例外的なのです。

関連:こんな国で子どもつくるのはアホと上流階級だけです

3.家族愛は自己愛の延長にすぎない

「家族愛はこの世でもっともすばらしいものだ」

という人がいます。

でも、家族愛はしょせん「自己愛」です。

どーして家族「だけ」を愛するんですか?

一緒に暮らしているから?

血がつながっているから?

自分の資産を継ぐから?

どうして家族「以外」を愛さないんですか?

どうして家族以外は見放すのですか?

某首相は国民に「自分のことは自分でしろ」といいました。

しかし、自分の息子はコネでいい仕事につかせた。

あれも美しい家族愛でしょーか。

家族愛なんてイビツな自己愛の延長でしかない。

そこにあるのは「自分と他人の区別」です。

  • 自分に近いもの、似ているものは愛する。
  • 他人は愛さない。排除する。

これは利他主義でもなんでもない。

みみっちい自己愛です。

4.子どもがいても結局ひとりで死ぬ

「でも子どもは遺伝子を残してくれる」

とかいう人がいます。

これは死から目をそらしてるだけです。

遺伝子が残ったからなんなんでしょーか?

あなたは死にます💀

死んだあとに自分の遺伝子が残ったから何の意味があるのか?

子どもはあなたの分身ではない。

子どもはあなたと一緒に死んでくれない。

死んだら子どもや孫に乗り移れるわけではない。

子どもがいよーがいまいが

「ひとり寂しく死ぬ」

のです。

あなたの生命はそこで終わり。

ゲームオーバーです。

f:id:mikuriyan:20210520105836p:plain

ドラゴンボールもありません🤣

関連:異常にハイコストな「ふつうの生活」を選ぶ理由はないです

終わりに それでも子どもをもつなら……

子どもは自分を束縛します。

そして自分も子どもを束縛しなきゃいけない。

そんなものをわざわざ「生産」する。

これはかなりアホくさいです……🤣

そんなわけで私は「子どもいらねーな」と思ってます。

自分ひとり生きていくだけならほとんどお金は必要ない。

お金が必要ないから働かずに自由に生きていけます。

「でも、子どもをもってもいいかな〜」

と思うときもあります。

たとえば身寄りのない孤児をひきとって育てるとか。

もし孤児を自由に主体的に育てることができれば、不幸な人間をひとり救うことになるでしょう。

それだったらいいかな〜と思ったりします。

まあ、たぶんそんなことしませんが……🤣

  • 自由に生きたい
  • 働かずに気楽に暮らしたい

なら「子どもをもたない」のは良いチョイスだと思いますね😘

関連:【労働・税・家族】「社会から逃げる」のはかんたんです 
関連:「会社」と「家庭」という牢獄から脱出しましょう
関連:セミリタイアして「いちばん幸せなこと」
関連:子持ちでも「早期リタイア」はできる……と思います

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!