30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

「お金がない」ことの意外なメリット――健康、時間、お気楽さ

「いっそお金がなければいいのに」

と思う無職です。

1000万円でリタイアしてド貧困生活を送りました。

はじめは年間40万円のエクストリームビンボー生活。

いまはプレミアム無職生活です。

  • 生活レベルが「3倍(年間120万円)」になった
  • 資産がもりもり増えた

しかし気づきます。

「お金があること」

には悪いこともある――😐

1.お金があるほど「こだわり」が増える

お金があるほど:

  • 住むところがきになる
  • 食べるものがきになる
  • 着るものがきになる

つまり「執着」が生まれる。

  • ぼくはタワーマンションに住んでるんだ!
  • ぼくは高級グルメをたくさん知ってるんだ!
  • ぼくはフェラーリ乗ってるんだ!

なんて気にしてるのは金持ちだけです。

お金がなければ:

  • 家:150万円ハウス
  • 着るもん:中古のユニクロ
  • 食事:なっとうごはん

でおわり。

あれこれ考えるひつよーありません。

お金がなければタイムリッチになれます……😂

2.お金があるほどお金を気にする

この続きはcodocで購入

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権は有料領域以外はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!