30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【ニート起業】「無職からお金持ちになる」のがかんたんな理由

無職はお金持ちへの近道

「お金をがっぽり稼いでリタイアする」

これがふつうのリタイアです。

でも、

「リタイアしてからお金持ちになる」

のもおもしろいかもしれません😍 

夢は無職のお金持ち

なんでお金がほしーのか?

ビンボーでも楽しい

それがリタイアライフです。

無理してお金を稼ぐ必要はありません。

関連:貧乏人はムリして金持ちにならなくていいのです

ただ、生活が安定してくると「やっぱりお金ほしいなあ」となります😚

貧乏リタイアははじめは「サバイバルモード」です。

「やっていけるのかな😥」と不安だらけで、生存することが第一です。

でも、リタイアして一年もすると

  • 「たいしてお金へらない🤗」
  • 「よゆーじゃん🤣」

となります。

こーなると目標は「生存」ではなくなります。

「もっと楽しく」「もっとゆたかに」暮らそーとなります。

Surviveではなく、Thrive(繁栄)が目標になる。

リタイア生活はすでにゆたかです。

時間、自由、体力……。

ビンボーリタイアライフにはお金以外のすべてがある。

だから、あとはお金があれば生活が完成するってわけ😘

関連:リタイア生活には「お金」以外のすべてがあります
関連:【セミリタイアの感想】150万円ハウスに住んで1年が経ちました

どーやってお金をかせぐのか?

社畜労働は下の下です。

あくせく働いてせいぜい数十万円です。

「自分のしたいことをして、たっぷりお金を稼ぐ」

やっぱりこれがサイコーです😍

まず思い浮かぶのは「投資」ですが、なんだっていいのです。

個人的にはあまり投資が好きではないです。

「10を100にする」ような行為だからです。

「0から1にする」方がわくわくします。

芸術家や職人みたいな感じ。

かっこよくいえば「創造的なお仕事」ですね……。

f:id:mikuriyan:20201229223255j:plain

関連:「お金」より「スキル」が人生を楽しくします

リタイア後の「自由労働」は楽しい

「仕事がクソだからリタイアしてるのになんで働くの?😥」

ってことですが。

社畜労働と違って、自由労働は楽しいです。

ある実業家の人がいってた「起業の楽しさ」は以下です。

  • 情熱をとことん追求できます
  • 収入に上限がありません
  • 働く場所や時間を自由にできます
  • 人間的に成長できます

この「成長」ってのは「自分って思ったよりできるじゃん😚」という感覚のことです。

あと彼女がいう起業のサイコーの良いところは「自分の運命をコントロールできること」だとか。

「自由労働」はけっこー楽しそうではないですか?

私たちは子どもの頃、だれにも強制されなくても砂場で山をつくったでしょう。

自分がしたいからする自由労働は「遊び」と変わらないのです😘

関連:「労働」も「余暇」として楽しむリタイア生活です

「無職はお金持ちへの近道」かもしれない

無職はお金持ちへの近道

というのは変な感じです。

でも、事実です。

「脱サラして起業したい😣」

という人の最初のハードルは「仕事をやめること」だからです。

起業がリスキーなのは、仕事をやめて失敗したら再帰が難しいからです(特に日本では)。

「仕事をやめたら生活できなくなるかもしれない……😭」

という恐怖に打ち勝つことは難しい。

しかし、リタイア者は?

はじめから無職です🤣

f:id:mikuriyan:20201229223158p:plain

無職がスタンダードです。

これが強みなのです。

  • すでに無職です
  • 無職でも生活が破綻しないことがわかってます
  • 若いので気力も体力も充実しています

テキトーにいろんなビジネスを吟味して試すことができます。

たくさん失敗して、経験して。

最後には「遊んで稼げること」が見つかるでしょう……😘

関連:リタイアした後は成功するまで失敗するだけです
関連:【持ち家は最強】「大人家おじさん」という選択肢

終わりに 「お金持ちの無職」を目指しましょう

  • 自分が楽しめる範囲で働いて
  • ひとの役に立つことをして
  • たくさんお金が入ってくる

サイコーです。

「会社員のうちにたくさん稼ぐ・貯金する・投資する」

これもリタイアのひとつの道ですが。

「とりあえず貧乏リタイアして、あとからお金持ちになる」

という方法もあるかもしれません。

実はこーいう隠れた道こそ、早く辿り着ける。

そんなことはよくあるのです……😘

関連:【会社員以外の生き方】リタイア、自営業、起業家を検証します
関連:【リタイア→起業】個人事業主が「いちばん楽しい」理由
関連:「激務→貯蓄→リタイア」のスタイルはもう古いかもしれません

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!