30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

金があっても幸せになれない「お金依存症」という病

「お金を欲しがる」

のはドラッグやセックスを求めるのとだいたいいっしょ🤣

「お金依存症」という病

「お金を求める」

のは中脳辺縁系が関わってきます。

「報酬系」です。

これは食事、ドラッグや酒、セックスによって活性化するところと同じ。

ハーバードの研究者であるハン・ブライターと同僚らによれば、お金を求める行動は、コカイン、セックスやその他の瞬間的で激しい喜びと同じ部位を活性化することがわかった。(Dope, Dopes, and Dopamine: The Problem With Moneyより和訳)

「お金を求める」

のは人間的行為のようですが……。

実際は原始的・動物的です。

お金もつぎからつぎへと欲しくなる

ドーパミンは新しい刺激によって活性化する――つまりこれまでにない体験によって。私たちは再体験を求める。しかし問題がある:もしつぎに同じ量のコカインを吸引すると、あるいは同じ量のお金を稼ぐと、ドーパミンレベルは上昇しないだろう。(同)

酒もドラッグも「耐性」があります。

一億円稼いでも

「こんどは10億稼がなきゃ気がすまない」

となる。

「お金をひとりじめする」と「わけあたえる」はぜんぜん違う

脳スキャンによって以下のことがわかったらしい(異論も多いらしいけど)。

自分のためにマネーを取っておくという人は、食べることとセックスに関わる脳の部分が活性化し、寄付をするという人は脳のまったく別の部分――つながりと絆に関わる部分――が活性化したのである。(「値段と価値」ラジ・パテル

この部分はジョージ・モールらの論文による。

  • お金をひとりじめする行為は、グルメとセックスの部分が活性化する(中脳辺縁系)
  • 「他人への共感性が高い行為」は脳の社会性の部分が活性化する(前頭前野、他)

前頭前野は「ヒトをヒトたらしめ,思考や創造性を担う脳の最高中枢であると考えられている……系統発生的にヒトで最もよく発達した脳部位であるとともに,個体発生的には最も遅く成熟する脳部位である。 」と脳科学辞典にある

前頭前野が機能低下した例としては「平気でうそをつく」サイコパスや、前頭葉に棒がぶっささって人格が変わった「フィニアス・ゲージ」の例がある。

前頭前野の機能が弱まれば、

「人間らしさ」

を失うことになる。

彼ら(サイコパス)は、普通の人が求めるのと同様のものを欲しがりますが、それに加えて、権力や地位、富などに異常なほどの執着心をもっています。その「欲望」の度合い、欲しいものは何でも手に入るという特権意識、そして手に入れるためには手段を選ばないという姿勢が我々と異なるのです。また、自分の欲求や目標を他人と共有しないという点でも大きく異なります。つまり、サイコパスは、他人のためという感覚や、家族や友人の幸福、社会の繁栄、社会のルールや期待などへの配慮、相互依存といった、通常の人間の行動を導く価値観は全く持ち合わせていません。彼らは、独善的に行動し、罪の意識や後悔の念を抱くことなく、他人にどのような犠牲を強いようと常にナンバー1を目指すのです。(「【事例から学ぶ「有効な不正対策」】 「スーツを着た蛇」を知る男たち」よりロバート・ヘア氏)

お金好きは「グルメとセックス」が大好き?

私は何人か金持ちの実業家をしってます。

世間的には「かがやかしい成功者」だが……。

彼らに共通するのは

  • 食欲と性欲が強い(もちろん金銭欲も強い)
  • 冷淡で、共感性に乏しい

ということです。

彼らがしてるのはなにか。

従業員を徹底的に搾取して、自分は金持ちとなる。

そして夜遊びやグルメ三昧です。

「それくらいしかカネの使いみちがないのかな?🤔」

と思ってたけど。

「お金を求めることと、食欲や性欲がリンクしてる」

と考えるとスッキリします。

f:id:mikuriyan:20211228215355p:plain

「最低賃金あげてちょ」「貪欲が経済をダメにする!」

日本社会も「カネ、グルメ、セックス」だらけ

「エコノミックアニマル」

と呼ばれてひさしい日本人ですが、あいかわらずカネカネカネです。

テレビをつければ「おいしー!」「うまそー!」を100万回繰り返します。

インターネットでは日本はポルノ大国とされる。

f:id:mikuriyan:20211228092951p:plain

そのものずばり「フードポルノ」です🤣

  • 「食文化が豊かなんだ」
  • 「性に開放的な文化なんだ」

という説明はできますが。

結局は「中脳辺縁系」を活性化しているのであり……。

それとひきかえに「前頭前野」を犠牲にしてるように思われる。

●Helping a stranger(他人を助けたか)が142位!!(つまり下から3番目)
●Donating money(寄付をしたか)が99位
●Volunteering time(ボランティアをしたか)が56位
東大祝辞の核心「日本は世界一冷たい国」 上野千鶴子氏の声が届かない理由 (2ページ目) | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)のWorld Giving Indexより)

関連:【冷たい社会】「世界は地獄」と社畜が思うのもしかたがないです

終わりに 「カネとグルメとセックス」以外の楽しみを持とう

「十分なお金をもっている」

のに、労働者には還元しない。

人々の健康や自然を破壊する。

そんなひとがヒーローのように扱われる現代です。

しかし、金儲けを追求するひとは

「薬物依存症者」

とたいして変わらない。

クスリは一時的には快楽をもたらすが、最終的には破滅です。

自分だけよければよいという人生は、一動作、一呼吸ごとに、苦悩、不幸、死、滅亡へ向かってとめどもなく突き進んでいるのである。(トルストイ「人生の道」)

お金ばかり求めても幸せになれない。

それよりは、思いやりや共感のこころをもって

「人間らしく」

生きた方が楽しいでしょう……😘

←めちゃんこおもろい本です😚

関連:いくら稼げば「十分」なのか?
関連:「欲をなくす」なら資本主義でも自由になれるという話
関連:「お金のため」「自分のため」ではしあわせになれません

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!