30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

ミニマリズムは消費主義が生みだした新興宗教です

ミニマリズムの宗教性

平熱パニックおじさんです。とりあえず無事です。

私の好きなリタイアブロガーさんが書いてましたが、COVID-19騒動の影響でミニマリスト界隈に激震が走っているようです。

「ミニマリズムってうさんくさいな(直球)」と前々から思っており、今日はそういうもやもやした違和感を言語化する試みです。ミニマリストのみなさんは読まない方がいいかもしれません……🤣

ミニマリズムの批判的考察

ミニマリストと隠者は違う

私の違和感の核は、「ミニマリストがなにか隠者や求道者、思想家みたいに扱われている」というところです。

私は逆だと思ってます。

  • ミニマリストは「依存的」で「文明志向」
  • 隠者は「独立的」で「反文明的」

ミニマリストって、たしかに「モノ」を持たないんですが、その分「レンタル」や「サービスの消費」には積極的です。(というかサービスを消費しないと生活が成り立ちません)

自動車は持たないが、レンタルする。洗濯機は持たないが、コインランドリーで洗濯する。冷蔵庫は持たないが、都度コンビニやスーパーでモノを買う。

f:id:mikuriyan:20200422110213j:plain

こういった生活が可能になった背景には、さまざまなサービスが商品化されて物流が効率化されたことがあります。

つまり、ミニマリストの生活は高度産業文明社会が可能にした新しいライフスタイルに過ぎません。

世間で言われてるように、消費主義にそむいてるわけではないのです。

反社会的というよりは向社会的であり、反消費主義ではなく、より高度の消費主義です。

ここが非常に勘違いされているところなのかなと思います。

ミニマリズムを一言で言えば「高度産業文明社会に大きく依存する消費主義的ライフスタイル」なのです。

ミニマリストと新興宗教――アイデンティティの欠如

ミニマリズムは新興宗教に近いです🤣

ミニマリストが受け入れられた背景には、都市部住民のアイデンティティの喪失があると私は考えています。

ミニマリストの資格は、極言すればただ「部屋にモノがない」。それだけです。部屋にモノがなければ、「自分はミニマリストである」というアイデンティティを持つことができます。

単なるフリーターでも、何ら特技や優れた実績のない人でも、部屋にモノがなければ「自分はミニマリストだ」と思うことができる。自分が優れた人間、特別な人間になった気になれる。

この類のアイデンティティの埋め合わせは「自分は選ばれし民なのだ~」系の新興宗教が典型的ですが、それ以外でもヴィーガンや左翼主義者など一般的にけっこー見られます。

ミニマリストの多くは「何者でもない自分」が嫌でミニマリストになるのですが、そのことから目をそらすために「倫理的正当性」「思想的原理や主義」を生みだします。

あたかもミニマリストな生き方が、反消費主義だとか、地球に優しいとか、哲学的な意味があるのだ、というふうに後付けで価値を創出していきます。

だから彼らは、自分を隠者や求道者、思想家のように考えてしまう。実態はただの「アイデンティティの脆弱な消費主義者」に過ぎないのですが……。

(ボロクソ言ってすみません……🤣)

なお、ミニマリズムの宗教性については、以下の増田がズバッと書いています。

anond.hatelabo.jp

道具を備えることの大切さ

今回のCOVID-19騒動のような「有事」――つまり産業文明社会の機能が麻痺したときに、もっとも安全なのはだれか。

隠者です。彼の生活は大部分「内部」で完結しているからです。たとえば自給自足の小屋暮らしみたいな人。 

一方で、まっさきに困るのはだれでしょうか? 

ミニマリストです。

食事や家事を「外部」に依存してますから。生活を維持するためには、さまざまな道具や家電が必要となります。

ミニマリストの生活はほとんど外部に依存しているため、社会的変化に非常に脆弱なのです。

関連:【社会はクソ】リタイア隠遁生活のすすめ

ミニマリズムより「サバイバリズム」

今回の騒動で気づきました。

隠者的で「サバイバリズム」な自己完結型の生き方が快適で安全です。

私はミニマリストほどではないですが、モノをあまり持たない生活をしてました。……が、現在は非常に困っています😫

たとえば温度計やパルスオキシメーターといった検査器がありません。ネットショッピングではアホみたいに高騰しています。買えなくはないが、転売業者を儲けさせたくありません(結局Aliexpressで注文した)。

どうして備えておかなかったんだ……!?😫

と自分のアホさに絶望しています。

実家に帰るたびに(あの世代ってだいたいそうなんですが)私はモノが溢れかえっていて辟易としていました。「モノがありすぎだろ」「断捨離しろ!」と思ってました。

でも間違ってました。私は体温計すらなくて困ってるおっさんです🤣

今後は、ミニマリストとは逆の生活が流行するような気がします。とはいっても、物を収集するマキシマリストではなく。

外部に依存しない、内部で完結するような、自己完結スタイルです。

何があっても生き残れる、必要なモノが揃っている、サバイバリストな生き方。

f:id:mikuriyan:20200422105234j:plain

↑道具がたくさんあるって幸せではないですか?

私はそういうライフスタイルを目指していきたいですね😆

なお、「ミニマリズムはそんなもんじゃねえ!」という人はコメントしてくださいね。

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!