30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

リタイアして「負け組」から「勝ち組」になりましょう

クソな社会で自由になりましょう

「勝ち組」=「経済的不安のないこと」

↑リタイアして思ったことです。

残酷な社会で「負け組」が生き残る方法

私はクソ底辺高校にいました。

そこはブルーワーカーの子、悲惨な家庭の子、貧乏な子が集まっていた。

みな、勉強なんてろくにしません。大半は高校を出たら就職していった。

私はいろいろあってぼちぼちな大学にいきました。

そこは進学校出身とか、金持ちの子が多かった。

世界がまるで違った。

私が育ったのは「勉強するのはダサい」「ヤンキーがかっこいい」「教師が暴力的に支配する縦社会」という環境でした。

でも大学いったらそんなのは私くらいだった🤣

「低学歴が貧乏なのは、勉強せずに遊んでいたから自己責任だ」

という論調があります。

でも、底辺校にいくような子どもたちには、大学にアクセスできる金も文化資本もないのです。

このことは底辺高校に1週間いれば(1日でいいかも)わかることです。

勝ち組の子は勝ち組

  • 「資本主義は実力主義だ」
  • 「有能な人間が無能な人間を支配するのは正しい」

という価値観があります。

いまどきこんな「新自由主義的神話」を信じてる人はいないでしょう🤣

現実にはだれでも知るとおり

「生まれ」

でほぼ決まります。

f:id:mikuriyan:20210403221943p:plain

私は底辺高校で、私より、大学の連中より頭の回転の早い人、優れた能力を持つ人を見てきました。

そういう人は、どーなったか?

トラックの運転手になったり、町工場に就職したり、非行に走って中退していった。

もし彼らが良い家庭に生まれたら、偉い科学者やエリート官僚になっていたかもしれません。

勝ち組には「経済的不安」がないのです

  • じゃー良い家庭ってなんだ?
  • 「勝ち組」ってなんだ?

ってことですが。

私はなによりも「経済的不安がないこと」だと思ってます。

「お金を稼がなくてはいけない」

という強迫観念がないことです。

「親がクソ金持ちな学生が集まるところ」

ってどこだと思いますか?

「東大」「医学部医学科」

なイメージがありますが。

私の経験上「美大」が多いと思ってます🤣

医者になれば年収1000万円は余裕です。

子どもを医学部にいかせる投資は合理的です。

でも、美大はほぼマイナスサムです。

学費はバカ高いのに、就職は絶望的……😅

しかしそれでも、お金持ち勝ち組家庭は

  • 「お前の好きなようにしなさい」
  • 「美大? いいじゃないか、受けなさい」
  • 「自分の子どもが芸術家志望なんて鼻が高いよ🤗」

となるのです。

これが「勝ち組」の世界なんですね……。

貧困家庭で「美大に行きたい」なんていったら、

「バカなこと言ってねえで就職しろ😠」

で瞬殺です😂

結局、世の中はとんでもなく不公平です

負け組に生まれるのは悲惨です。

自分のしたいことができないまま、自分の才能を発揮できないまま、生きていくための労働に塗りつぶされます。

しかし、勝ち組に生まれたら、自分のしたいこと、自分が才能あることをとことん追求できます。

失敗してもダイジョーブ。

親が金持ちだから援助してくれます🤣

そーして、勝ち組はさらに勝ち組になる。

起業家になったり、著名な芸術家や音楽家になったりする。

私がイヤなのは、そーいう連中が

「自分は才能と努力で成り上がった」

と勘違いすることです。

現実には、ほぼ環境で決まってしまうのです。

f:id:mikuriyan:20210403212058p:plain

「成功する秘訣は、泣き言を言わずに一生懸命努力することですね。与えられることを待ってばかりいる人にはうんざりです。僕は何も特別なものは与えられませんでしたよ」(「ふたりの人生は、何がちがったの?」。格差社会にメッセージを投げた漫画 | TABI LABO

関連:「金儲け」というクソゲーをやめると人生はかんたんになる

リタイアして経済的不安をなくしましょう

私はリタイアするまで「負け組」でした。

経済的不安にとらわれていた。

多くの賃金労働者と同じく、毎月の給料のために労働にしばられた。

生きていくのにお金が必要だ、だからお金を稼がなければいけない……。

f:id:mikuriyan:20210403205932p:plain

関連:「自分の人生が自分のものじゃない」という社畜の地獄

リタイアしてから、経済的不安がなくなりました。

節約すればお金は減らない。

いざというときは1000万円ある。

そしたら、ずっと長期的にビジョンが描けるようになりました。

給料のために労働で生活を塗りつぶすことより、もっと楽しいことがある。

  • 自分の人生をどうしたいか
  • どう楽しみたいか
  • どうデザインしたいか

そういうことが考えられるようになった。

そんで、ブログとかYouTubeみたいなショボい起業をすることができた。

はじめは一切儲からなかったが、それで「食える」くらいになった(月数万円ですが🤣)。

関連:【激安無職生活】2021年3月の支出は33360円でした

これが「勝ち組」の人生なんだ。

と私は気づきました。

彼らはお金の不安がない。

だから、自分のしたいことができるんだ。

起業したいやつは学生のうちから起業することができるし、美術や音楽のような「食えない才能」を伸ばせるんだ、と。

これに気づいたとき悔しかった。

自分が勝ち組になった嬉しさもあったが、負け組として人生を過ごした悔しさが強かった。

「成功したやつ、金持ちなやつは、ほとんどが親が金持ちなだけじゃねーか!😠」

と世界の中心で叫びたくなりました🤣

終わりに 「負け組」を経験した「勝ち組」はやさしい

「勝ち組」=「お金持ち」ではありません。

「お金の不安がないこと」です。

そしてそれは、リタイアするとかんたんに手に入ります。

ビンボーでも経済的不安のない生活はできます。

そして、お金に縛られずに、自分のほんとーにしたいことができます😘

「俺は天才だ! 有能だ! 努力した! だから愚民どもを搾取する」

こういうアホな勝ち組はクソです。

でも、負け組の人生もあきらかにクソです。

お金の不安に縛られて、生きるために死にます。

「負け組から勝ち組になった人」は?

たぶん優しいです。

負け組の痛みを知ってるからです。

お金の不安のない生活でゲットした才能を、良いことに使えるでしょう。

私のブログを読むのはたぶん「負け組」が多いでしょう。

私はそういう人たちに、経済的不安のない生活をゲットしてほしいのです。

そして自分の才能をどんどん伸ばしてほしいです。

そーすれば、世の中はもっと明るく、楽しくなるでしょう🤗

苦しむ社畜が多いより、楽しむ無職が増えた方がいい。

みなさんもリタイアして、ほんとーの「勝ち組」になりましょう……😘

関連:【清貧生活】社会から離れてひっそり暮らした結果
関連:なぜ30歳1000万円でリタイアしたのか?
関連:【自由人】生活を好きに「デザイン」できるリタイア生活
関連:リタイアに必要なのは「お金」よりも「価値観」です

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!