30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【キャンプ場より快適】雨の日野宿は「高架下」がおすすめです

無料で温泉に入り、無料で泊まる

  • 平日 ホテル・旅館
  • 休日野宿

って感じで旅してます。

休日はホテルが満室だったり高い🥺

そこで野宿です。

「雨の日はどーするの?」

ってことですが。

快適に野宿できるところを発見しました。

「高架下野宿」がおすすめです

雨の野宿ほど不快なものはない

  • トイレに出たら濡れる
  • テント内が湿度100%
  • 撤収時にぐしょ濡れでパッキングがしんどい
  • 装備を濡れたまま放置したらカビる

「だったらよお、雨の降らねえところで野宿したらいいじゃん?」

となりました。

屋根付き野宿は最高です

私はバイクにテント積んで旅しています。

探し方はかんたん。

「あやしい小道を進んだ先」

にけっこー野宿スポットがあります。

はじめはここがいいかなと思ってました。

廃道の先の用水路の上のコンクリ。

まずまちがいなく人がきません。

……とはいえここも雨が当たるのです。

そこで見つけたのがここ。

たぶん高架道路建設・メンテ用につくった道路でしょう。

立入禁止ではありません。

奥は未舗装路でだれも通らない。

また、ひと目につかない場所にあります。

ってわけでテントを張ってみます。

クルマ一台は通れるようにすみっコです。

上は道路。

雨が当たりません。

上は屋根つき、下はアスファルトという天国

「テントはるなら砂利の上だろ?😥」

というのは野宿シロート。

アスファルトの上は

  • 水平がとれていてペットボトルやカップ麺が倒れない
  • 凸凹してないのでテントやグラウンドシートが傷まない
  • 地面の湿気や泥による濡れ・汚れがない

などメリットがあります。

「高架下ではうるさいだろ?」

ってのはたしかにある。

まあ慣れますし、ノイズレスイヤホンでわりと消えます。

野宿中雨が振りましたが

  • テントにパラパラと音がするわけではなく
  • バイクも濡れることなく
  • 見回りのおまわりさんがくることなく👮

ちょー快適な野宿でした。

住めっていわれたら住めますよ……🤗

高架下野宿に必要なものって?

公園野宿と違って「水」や「トイレ」がありません。

が、まあなんとかなります。

  • 水はコンビニの洗面台でゲット。1リットルあれば大丈夫です
  • 小便はそのへんに
  • 夕食・朝食を買っておきましょう、お腹が空いて眠れないとみじめです

あとは

  • テント
  • マット
  • 寝袋

がありゃー大丈夫。

ランタンやヘッドライトはいらないと思います。

ノジュカーはステルス性が大事。

必要なものがあればスマホで軽く照らしてささっと見つける。

これで十分です。

私もランタンを自宅に送り返しました。

また、寝る前のスマホいじりは照度は最低に、さらに「Darker」などのアプリで暗くしましょう。

隠密がノジュカーの心得なのです。

おまけ 無料温泉「燕温泉 黄金の湯」にまではいっちゃう

登山野宿で困るのが

「カラダを洗うこと」

です。

登山は尋常ではなく汗をかくので洗わないと気持ち悪くて眠れません。

調べたら無料温泉があったのでいってみました。

そーとー山の上です。

無料駐車場からこんなとこを登っていく

これが無料!

当然のごとく源泉かけ流し。

登山後だからかめちゃくちゃ効きます。

ただ、洗い場はありません。

このまま出ると全身が硫黄臭くなります😂

汗臭いよりはマシですが、水タオルで軽く体を拭いたほうがいい。

おまけ:電源確保の最終手段は「公園のトイレ」

今日はノートパソコンの充電場所に困りました。

ど田舎なのでファミレスもマクドナルドもありません。

しょーがないので公園のトイレで充電しています🥺

人が来たらどきますが、きません

この記事も便座にまたがりながら書いてるのです。

環境利用闘法という感じがします😂

終わりに ゲリラ野宿こそ真のアウトドアだかんな?

今日も登山したのですが途中でキャンプ場に寄りました。

マジでキャンプブームみたいですね。

こんなゴミゴミしたとこで野宿って、なにが楽しいのかわかりません。

ほんとーに楽しいのはゲリラ野宿。

お金はかからない。

経験値たまればどんどん快適になる。

そして究極のサバイバル感覚……。

みなさんもぜひ野宿してみてください。

世界が広がりますよ……😘

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!