30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

こたつ布団に封筒型シュラフを流用して安上がりです

さらば暖房なし生活!

こたつを導入してしまいました。

きっかけは単純。

ただで譲ってもらったからです😆

うおおおおおおおお

こたつの電気代は月600円くらい?

こたつの電気代はそれほど高くないようです。

私が譲り受けたのはU字の石英管のついたモデルでした。

安価なモデル、古いモデルはだいたいこれです。私の実家のバカでかいこたつもこんなんでしたね。あとはハロゲンヒータータイプやフラットヒーターなんてのもあるみたいですが。

製品を調べると「強」で一時間4.3円、「弱」なら2.2円だそうです。5時間つけても11円。一日10時間こたつに入りっぱなしで30日過ごしたら660円です。安いなあ。

こたつ布団がなかったので封筒型シュラフで代用

こたつをもらったはいいものの、布団がありませんでした。これではセラミックヒーターと変わらない。

70cm幅の正方形タイプなので、なんとかならないかな~と思案します。カーテンを使うか? とか考えましたが……笑

結局、手持ちのシュラフを代用しました。

これは閉じた状態。

寝袋を流用って? と思うかもしれませんが、封筒型タイプはチャック全開にするとブランケットとして使えるのです。

こたつのサイズは70cm正方、足が35cmくらいありますので、最低でも140cmの幅が必要。

布団のシングルサイズは210cmx150cmで長方形でぎりぎりオーケーのようですが、たぶん隙間風がひどいんじゃないでしょうか。

このシュラフは展開時は168×190cmで、実は小さめのこたつ布団に向いています。

完成図。ありあわせのひざ掛けを追加しています。

小型のこたつのせいか、ばっちりカバーできています。

あたたかい空気が逃げることはありません。

床下には断熱クッションシートを敷いておきます。これは車中泊用にアリエクスプレスで買ったものでした。オーディオオタクはこういうので車内の遮音や振動防止をするみたいです。

安物シュラフは何にでも使える万能選手です

私がもってる寝袋は、コールマンのパフォーマー15。大学の頃野宿にハマり買ったシュラフで、アマゾンで2000円で買ってもう8年選手です。

スカスカ・ペラペラで寒い化繊の寝袋ですが、安物シュラフは汎用性がひじょーに高いのでおすすめです。スリーピングパッドのカバーにしたり、シュラフカバーにしたり、冬のひざ掛けや夏用布団にもいいです。汚れたら洗濯機でガシガシ洗って乾燥できるのもいい感じ。高い寝袋は気を使いますからね~。

 

↑今はキャプテンスタッグのが1000円以下であるみたいです。

終わりに これで冬は楽勝ですが……腰痛!

起動したら、とってもありがたい温かさで、目がとろんとしてしまいました😚

これで冬は楽勝です。

テント内生活にも慣れてきた頃だったのですが……。無料で譲るという人がいたので、飛びついてしまいました。

さらば暖房なし生活(でも寝るときはテント続けます)。

f:id:mikuriyan:20200130093659j:plain

↑(ほぼ)暖房なしでがんばった1月の電気代。安い!

難点は、こたつはすっごく腰が痛くなることです😫😫😫

いまは壁を背もたれにしてますが……座椅子がほしいです。

ま……無料でくれる人が現れるまで気長に待ちますか😘

暖かいのでまた低山登山行ってきました。ハマりそうです😁

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!