30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

退職後も「会社員時代のトラウマ」を抱えて生きていくのです

会社はトラウマの宝石箱や〜!(彦麻呂ボイス)

「お前なんて山のなかでひとりで暮らした方がいいんだ!」

と言われたことがあります。

あまりに協調性がないために私が上司に言われた言葉です。

昨晩寝転がってるときに思い出してしまいました。

リタイア者にありがちな「働いてるときのトラウマのフラッシュバック」です😅

トラウマだらけの会社員時代

会社員時代は悪夢でした。

学生時代は楽しい思い出もたくさんありましたが。

いま会社員時代をふりかえると「あんな時間は人生の無駄だったな~」と思います。

会社組織はなぜクソか?

いろいろ原因はあると思いますが、権威主義的構造がダメなんでしょう。

ようは「スタンフォード監獄実験」です。

上司は看守、部下は囚人。そして監獄のように逃げ場がない。

会社以外では「ふつうの人」でも、権力を握ると邪悪になるものです。

「苦しいことは報われる」のか?

  • 「社会人はつらいことに耐えてこそだぞ😤」
  • 「苦しいことつらいことがあるから人は成長できるんだ🤗」

という価値観があります。

これは事実だと思うんですよね。

「適度な負荷」なら人は鍛えられます。

知性や心も筋トレと同じですから。

関連:「リタイアするとバカになる」これは事実です

問題は、それが「適度」なのかどーかです。

「ジャック・ハンマー」になった社畜を私は見てきました。

f:id:mikuriyan:20201026120916p:plain

この頃のバキはおもしろかったーな……🤣

なかには自殺未遂した人とかいましたからね。

自分を必要以上に追い込むとは、命を奪いかねない危険なことなのです。

関連:「働いて死ぬ」ことはあっても「働かないで死ぬ」ことはない

苦痛とは「逃げろ」というシグナルです

苦痛は情報です。

「おまえ、マジでやばいぞ。なんとかしろよ😰」

というアラートです。

なにか変なことが起きてる、確認しろ、闘争か逃走しろ、という合図です。

苦しみや痛みがあるのは、何か異常があるからです。

それはクソ上司だったり、膨大な仕事量だったり、クソのように意味のない仕事や、人間関係のいびつさだったりします。

でも、

「逃げるな」

と私たちの社会は言います。

「万里の長城」は、外敵の侵入をふせぐと同じくらい、農奴を逃さないためにあった。

https://external-content.duckduckgo.com/iu/?u=https%3A%2F%2Fwww.telegraph.co.uk%2Fcontent%2Fdam%2FTravel%2F2018%2FAugust%2Fairbnb-great-wall-china-exterior.jpg%3Fimwidth%3D450&f=1&nofb=1

「苦痛を受け入れろ」

と社会は言います。

そのために用意されているのが、酒、スイーツ、ショッピング、グルメ、テレビ番組、SNS、ポルノ、抗不安薬、抗うつ剤です。

私たちは苦痛をまぎらわして、明日も働く。

でも、根本的な痛みの原因はなくなったわけではない。

身体と心は蝕まれていきます。

最終的には、神経系がバグり、もはや苦痛さえ感じなくなる。

社会はその状態を「適応」と呼びます。

イヤなことから逃げまくった結果

なんど裏切られても、相手を信用したがる人がいます。

「今度こそは……😊」と相手に期待をかける。

私は逆です。

一回でも「こいつ……ダメだ……😰」となったら、徹底的に距離をあけます。

対人関係だけではなく、「資本主義社会」「会社組織」「日本の労働文化」など……。

いわば「逃げグセ」ですが、私は「逃げる」という戦略がすごく有効だと思ってます。

実際、リタイアしてよかったことがあります。

会社員時代に味わったようなトラウマがひとつもないことです。

これは劇的な変化です。

私が会社員勤めをしていたのは短い期間ですが、そのあいだに受けたトラウマは数しれず😅

とつぜん涙が流れたり、車のなかで絶叫したり、酒を浴びるように飲んで泥酔することがあった。胃痛に苦しめられたり、呼吸状態がおかしくなったときもあります。

それでもがんばって働いていた。

「そんなのふつうだぞ😠」というかもしれませんが。

いま考えると異常な状態でした……😭

リタイアしてからは、そういう「ダークな思い出」は一切ありません。

クリーンでさっぱりすっきりしてます。

「逃げた先に楽園があった」というわけです……😘

関連:【隠れて生きよ】リタイアで「隠遁生活」を実現しよう
関連:【清貧生活】社会から離れてひっそり暮らした結果

終わりに 私は自分を信じて生きていきます

社会人とはなにか?

  • 自分にウソをつく
  • 相手にウソをつく

そんな人です。

私の脳みそは、寝てるとき、ふとしたときにトラウマ映像を繰り返しフラッシュバックします。

でも、脳みそは私をいじめてるんじゃありません。

🧠 「おまえ、わかってるよな? 同じ轍を踏むなよ……👊😤」

と訴えてるのです。

  • 「立派な社会人になれ!」
  • 「いい年して働かないのは悪いことだ!」

と人々は言います。

でも、私は「他人のお説教」より、「自分の脳みそ」を信用したいですね……。

私はこれからもトラウマを抱えて生きていくでしょう。

でも、トラウマが消えないからこそ、

地獄の社畜ライフに戻ることはない。

自分のしたいことだけして、ぽやぽや暮らしていくのです……😘

関連:【ビッグファイブ】「協調性が低い」人は会社辞めてリタイアしよう
関連:【結婚・仕事】「嫌なことから逃げ続ける人生」が最高です
関連:「働くのが嫌」「社会が嫌」なら逃げればいいだけです

 

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!