30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【どうせ死ぬ】「金持ちになりたくない」と無職が思う理由

富も権力もむなしいものです……🥺

  • 大権力者
  • 大金持ち

「歴史に名を残した偉人」

が大英博物館では山ほど展示されてます。

しかし、彼らはみな敗北した。

「最強者」を打ち負かしたのはだれか?

死神です💀

「必要以上の富はいらない」と思った32歳無職男性

文明以前の歴史が好きです。

スポーツ感覚で狩猟して、宝探し感覚で採集した。

楽しそー😍

でも、文明が発達するとつまんなくなります。

なんか……

「土器だらけ」

になるからです🤣

f:id:mikuriyan:20210805033704j:plain

土器にドキドキはしません🥺

土器は「富の象徴」?

なぜ人々は土器に熱中したのか?

たぶん「富の象徴」だからでしょう。

ワインにせよ、小麦にせよ、そこに蓄えるモノを所有している。

ツボが大きければ大きいほど

「オレは偉いんだぞ」

となる。

フェラーリみたいなもんかもしれません。

「ようこそわが豪邸へ🤗」

と招かれて、そこにズラッとでかいツボが並んでる。

「うあーこの人はすごい人だぁ!😲」

と驚く。

貨幣がない、金属加工の技術がない時代、土器こそが富の象徴だった。

歴史とは「彼の物語his-story」

歴史は「勝者のストーリー」です。

権力者や金持ちの記録はたくさんある。

でも、庶民は文字をもたなかった。

財産もたいしてなかった。

てきとーに生きて、てきとーに死んでいった。

だから、庶民の生活はなかなか見えてこない。 

博物館がちょっとつまんないのはそこにあります。

たとえばもし西暦3000年の博物館にいくなら、

「自民党議員の家宝や記録」より

「庶民のポケモンやマリオ」

にワクワクするでしょう🤣

「必要以上の富」は必要なのか?

「こんなに富があるのに、どうして死ななければいけないのか?😭」

というメッセージを大英博物館ですごく感じた。

彼らは絶大な権力者です。

富豪です。

偉大なる血筋です。

何百年、何千年も生きていける富をもってます。

でも、死ななければいけない。

それってすごく悲しいことです。

私たちが財産をたくわえるのはなぜか?

何年でも安心して生きていくためです。

でも、その「城壁」は死神にはまったく効かない……💀😭💀

ジェフ・ベゾスという惨めな存在

ジェフ・ベゾスは人類史上最大のリッチです。

資産20兆円。

年間1億円で生活しても、20万年生きることができます。

でも、彼はあと50年もすれば死んでるでしょう。

彼は宇宙旅行にでかけました。

すると「ベゾスを地球に帰すな」という署名運動がはじまった🤣

20万票近く集まった。

どれほどお金を儲けても、尊敬されたり、愛されることがない。

むしろ人々に憎まれたり、おもちゃにされる。

関連:【高次元の無職】ひとはリタイアしてから「自己実現」するのです

「王様ははだか」――歴史の虚像と実像

博物館に展示された「勝者たち」は立派な姿です。

「オレは賢い、私は美しい、強い、偉い、徳がある、神に近い、神に認められている、というか実は神そのものなんです……🤗」

でも、庶民はどう受けとめたか。 

  • あいつらクソうぜー
  • ウソばっか
  • 税金高すぎんだよ
  • ムダな戦争すんなカス🖕🥺

とかそんなんでしょう。

80年前の日本でもそうです。

第二次世界大戦中の民衆は

「天皇を神と崇めて熱狂した」

というイメージがある。

しかし、実は「王様は裸だ」という声もあった。

天皇がもっとも広く受けた侮辱の言葉は、馬鹿、馬鹿野郎、大馬鹿野郎、さらに、坊っちゃん、飾り物、穀潰し、偶像、「経費ノカヽル印形」であった。……戦争中でさえ、学生が仲間うちで天皇を軽々しく「天ちゃん」などと呼ぶこともめずらしくなかった。 (「昭和――戦争と平和の日本」ジョン・ダワー

しかし、私たちのほとんどはそういうことを知らない。

政府の「プロパガンダ」と違い、そういう資料はほとんど残らないからです。

上記は不敬罪の資料として「特高月報」に残ってます

終わりに つわものたちがゆめのあと

私たちは死にます。

富や権力をかきあつめても、

  • 神になれるわけではない
  • 不老不死の薬が手に入ることもない
  • 生まれ変わりもない

死んだら「ハイ終わり」なのです。

私たちにできるのは、それを認めることくらい。

そして、ムダな堡塁を築くことをやめて

「いまを楽しむこと」

です。

それが理性であり、

自由でしょう……😘

人類ができること、なすべきことは、恐怖に打ち勝つこと、自分自身も、出会うすべてのものも、いつかは消えゆく存在だという事実を受け入れること、そして、この世の美と愉悦を享受すること(ルクレティウス)

 

f:id:mikuriyan:20210805034515j:plain

お金コーナーに「例の貯金箱」があって興奮しました🐷😍

関連:【道徳羨望】お金持ちこそ「底辺労働者に嫉妬」しているかもしれません
関連:「お金持ち」より「時間持ち」がセミリタイアです
関連:【富は重荷】知識があれば「必要以上のお金」はいらなくなる

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!