30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

リタイア後の暇つぶしの方法

毎日することがなくて大変なのではないか?

「リタイア生活は退屈だ。労働から解放された次には退屈に支配される」

と考える人がいるだろう。

たしかにリタイア生活には時間が潤沢にある。ただ、私は暇つぶし、という言葉はあまり好きではない。自由な時間とは、つぶすようなものではない。何よりも求めるべきものだと思う。

とはいえ、やはり暇に耐えられない人もいると思う。

私がしていることを紹介しようと思う。

読書する

天国があるとすれば、図書館のようなものだと思う。

とだれかが言った。

正直言って、読書が最強である。図書館、コンビニ、ブックオフなんかでいろんな本を読もう。

頭の鍛錬になるし、世の中の物事を理解することで、自分の知的な広がりを感じることができる。

働いているときには、500ページもあるような大著は、どうせ読みきれないのだからと手にとることはなかった。しかし、リタイアしてからはそういう本に挑戦してみようという気持ちになる。

もちろん、知的広がりはときに危険を生む。「人生は虚無だ」「自分が生きていることは無意味だ」といったニヒリズムやペシミズムに襲われることがある。

 

1000retire.hatenablog.com

 

しかし、冒険に危険はつきもの

そういった苦悩の先に、なにか得るものがあるだろうと私は考えている。

焚き火

f:id:mikuriyan:20191107144214j:plain

この時期は外に出て、焚き火にあたることが多い。

できることなら家に薪ストーブがあればよいのだが……。

たぶん都市部で焚き火するのは難しいだろう。

私は田舎のだれも使わないような林道に侵入する。

そこで焚き火をするのだ。

火をつけるというのは人間の根源的な喜びがある気がする。火を眺めていると死ぬほどリラックスする。

火をつけるためにはいろいろな段取りが必要である。穴を掘ったり、薪を集めて、太さに応じて並べたり、ナイフで着火剤をつくったり。着火したあとも、追加の薪を探したり、適切にくべたり、とやることはたくさんある。

焚き火が安定してくれば、アウトドア用のイスに座って、ぼんやり火をながめる。

気づけば4,5時間経っていることもざらにある。

私はあまりしないが、それで料理をしたりお湯を沸かしてコーヒーを飲むのもまた格別だろう。キャンプ用品をもっていれば、そのまま一泊してもいい。

……もちろん、アウトドアの基本は「来たときよりも美しく」である。きちんと証拠隠滅後始末をしよう。

散歩

人間は歩くようにできている。

歩かなくなれば、さまざまな病に冒される。

歩かないと肥満になるし、気力が衰えて、頭は鈍くなり、夜は眠れなくなる。川を流れてるうちは清浄な水が、とどまると腐敗するようなものである。

公園やハイキングコースをやや速歩きでひたすら歩く。

一日に一万歩を目安にするといいと思う(スマホの万歩計が便利である)。

私は公園にぶらさがれる場所があると、懸垂をする。また、滑り台のヘリなんかで腕立て伏せもする。これで上半身の筋肉が衰えることはない。

音楽を聞きながら歩いていると、没我の状態になる。

瞑想とは、なにも座っているときだけしかできないのではない。

かえって運動しているときの方が、瞑想状態に入りやすいかもしれない。

散歩は偉大な思想を生む、と私は考えている。

ニーチェやカントやルソーといった偉大な思想家は、みな散歩しているからである(西田幾多郎も加えよう)。

書く

私はブログが好きでたくさん書いている。

リタイア生活をしていると、読書を通じて知識を得るほかに、いろんな着想を得ることが多い。そこでそういった物事をアウトプットするのも、有効な時間のつかいかただ。

私は別にブログを持っているけど、このブログを追加で作った。

それはもっとたくさん書きたいと思ったからである。

書くときにも、没我の状態になることがある。

手が勝手に文章を書いていく。

 

情報をあたまに詰め込むだけでは、消化不良を起こすらしい。

きちんと情報をアウトプットする方が、頭がすっきりする。

終わりに

リタイア生活で「やることがない」と言っても、

金をつかわずに、楽しめる方法はたくさんある。

もちろん、人によってしたいことはさまざまだ。本なんて読まないという人がいるだろうし、焚き火なんて退屈だという人がいるだろう。

各々がやりたいことをやればいいと思う。

有意義な時間とは、結局は自分が創りだすものだ。

私たちは労働に慣らされすぎている。一方で、自由に慣れてはいない。

命令されたことを行うことに慣れていても、自分で自分に命令を出すことには慣れていない。

自分で、自分の楽しめる時間を創出すること。

これははじめは大変かもしれないが、しだいになれていくことだと思う。

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!