30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

激安中古住宅を買うための方法と情報源

安く家を買うスキルを教えて欲しい!

という質問がありました。

f:id:mikuriyan:20200701120853j:plain

「持ち家貧乏セミリタイア」は家を買えば簡単、家を買うまでが難しいと言えます🤔

ゲロ安🤮で家を買う方法

まずはじめに……私は「こーすればいいんだぞ!🤗」と言うことには抵抗があります。

私は家を一軒買っただけのクソしろーとです。投資家でも不動産業者でもありません。自分の方法が正しいのか、再現性があるかまだわからんです。

あくまでひとりの人間の軌跡ということで参考にしてください。

家探しは大手の情報サイトでOK

  • 「お買い得の物件は市場に出回らない」
  • 「業者間やコネのある投資家など内輪で売買される」

……というイメージがありますが。

たしかにそういう例もあるみたいです。

でも、ほとんどの投資家はネットの情報をもとに買ってると思います。

私が主にチェックしているのは以下です。

だいたいの物件は「不動産ジャパン」に載っています。

「アットホーム」はおそらく不動産ジャパンほどカバーしてないのですが、物件の住所情報が乗っていることが多く、また無料の問い合わせ電話番号が載ってるので、「不動産ジャパン」で見つけた物件をチェックするときに使います。

あとはたまに「ニフティ不動産」しか載ってない物件もあるのでチェックしています。

90%くらいの不動産情報は上記で足りると思います。

あとは、まれに地場の不動産サイトにしか載ってない物件もあるので、いくつかチェックしています。

サイトのチェック方法

まずは興味ある地域を「価格安い順」でソートしましょう。

100万円くらいの物件が出てくるはずです。

まずは、アンダー600万円くらいの手頃な値段の物件をすべてスクリーニングしましょう。

興味ある物件は問い合わせ&内見しましょう。

購入に至らなければ、あとは毎日新着物件をチェックするだけです。

私は検索条件の「1000万円以下」「中古一戸建て」で絞って毎日チェックしています。

大事なのは「忍耐強さ」です

とにかく大事なのは「忍耐強さ」だと思います。

良い物件は掲載30分で買い付けが入るなんてことがあります。買い付け入れてから内見するパターンですね🤣 だからスピード勝負なところがあります。

モニターにかじりつく必要はないですが、朝晩2回はチェックした方がいいかと思います。

あとは、良い物件というのはほんとーに稀なのです。1000軒あったら1軒あれば良いほうです。だから「くじけぬこころ」が必要です……。

私も、中古住宅を探してるときは半ギレだったのですよ。

「どーして家一軒買うのにこんな苦労するんだ!😤」と……。

不動産屋を巡る必要はない

  • 「ネットにない掘り出し物の物件があるかもしれない」
  • 「業者に顔を売っておけば良い情報がもらえるかもしれない」

と不動産屋の店舗に直接行く人もいます(私も試しました)。

でもこれはほとんど意味がないでしょう。

「300万円以下の物件おしえて!」と直接乗り込んでも、ネット上にある物件を紹介されるだけです。

時間の無駄、交通費のムダです。

ちゃんと内見しましょう(業者怖くないよ)

まずは「ちょっといいかも」というレベルの物件でいいので内見しましょう。

私も「まずは内見せにゃわからん」ということで、冷やかし半分で内見してました(迷惑)。

150万円ハウスに辿り着くまで7,8件は内見しました。(大手の仲介業者だとQUOカードやお菓子をくれたりなんてこともありました😍)

「不動産業者はヤクザみたいで怖い」というイメージがあるかもしれませんが、客商売なので怖い目に遭うことはありません😅 

内見はほんとうに大事です。

実際に物件が見れることも大きいですが、業者との会話が大事だったりします。

私の150万円ハウスも、内見時にそれほど購入意欲があったわけではありません。ただ、仲介業者との会話のなかで「売主さんが売り急いでいる」という情報をゲットして「これはチャンスだな」となって買いました。

こーいう情報はネット上に載ってませんので、他の購入者と比べて非常に有利になります。

関連:150万円で家を買えた理由 

視野を広くしましょう

私が家を探してるときは、北海道から沖縄まで、ネーションワイドで家を探してました🤣

内見したなかでいちばん遠いのは、500kmくらい離れた物件でした。バイクで野宿しながら行きました😅 それは50万円の物件で、家の一部が傾いていて「ギリ人が住めるかな」という物件だったのですが。

あとは当時小屋暮らしも検討してたので、30万円くらいの土地を見に行ったりしました。

f:id:mikuriyan:20200701134901j:plain

↑は売り物件ではなく、林道散策中に見つけた納屋です😅

全国レベルは難しくても、隣接する都道府県くらいはチェックした方がいいでしょう。

安い物件はそう多くありません。

エリアを絞り込みすぎると、見る物件が限られるし、目が養われません。

私が参考にした不動産情報サイト

「楽待のコラム」は情報の宝庫です

私が参考にしたのは「楽待」や「健美家」などの不動産投資家向けサイトのコラムです。

特に楽待の戸建て投資家のコラムは読み漁りました。

中古住宅を何十件も売買してきた手練たちのコラムですので、家探しをしているふつうの人にも非常に役立ちます。

私は不動産投資関係の書籍をブックオフや図書館で20冊以上読みましたが。

楽待のコラムをがっつり読み込んだ方がずっと勉強になると思います。

一般消費者の情報は反面教師として読もう

基本的に投資家の情報だけあればOKです。

投資家は「いかに得するか」「いかに損しないか」に特化してます。目が肥えてるし、情報も確か。

ブログや掲示板の「家を買いました」みたいなパンピー情報は、あくまで反面教師として参考にしましょう。

相場より高く家を買っていたり、欠陥物件を買ってたりしますから。

150万円ハウスも、おそらく投資家は購入を躊躇するような難あり物件です。

関連:私道・がけ条例……150万円ハウスは難あり物件です

「空き家バンク」は良い物件がない

激安物件を探す上で地方自治体などの提供する「空き家バンク」を探す人も多いでしょう。

私もそうでした。

でも、空き家バンクはいい物件は少ない!

私が見るに空き家バンクにあるのは

  • 「朽ち果てていてどうしようもない物件」
  • 「立地的に終わってる物件」

特に、空き家になって朽ちかけているパターンが多い。

あるいは、限界集落で住めないような場所もある。

ふつうに住める物件なら不動産情報サイトに出すものです。空き家バンクには、すでに市場価値がゼロになって売り物にならない物件が多いです。

そして、そのわりには価格が変に高い!😭

あとは純粋にサイトのユーザビリティがクソすぎるのが多いです。

個人的にはあまり見る価値がないと思っています。

終わりに

はじめに言ったとおり、私はクソしろーとなのですが。

多少でも参考になれば幸いです。

やはり必要なのは「忍耐力」と「」かと思います。

家は大きな買い物です。

一年に一軒、良い物件に出会えれば良い方だと思います。

私もずーっと不動産情報をチェックしてますが、「これだ」と思える物件は1000軒に1軒以下です。その物件が見つかるまで、諦めないことがいちばん大事なのかなーと思います。

「安く家を買うスキル」があるとリタイア生活は盤石になります

自分が棲む家を見つけてリタイアできるだけでなく、投資用に二軒目を買って安定収入を得ることも可能だからです。

ぜひ、家を買うスキルを身につけて現代社会をサバイブしましょう😘

関連:不動産投資とセミリタイアは相性バツグンです
関連:【大失敗】不動産投資で大損ぶっこいた話  

一応おすすめの本も紹介しておきます↓ 

この人のコラムは読みまくったので、内容は間違いないと思います😘

 

 

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!