30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【孤独な無職】「ひきこもり生活」がもたらすもの

一年くらい引きこもって暮らしてます。

「孤独になれば病気になる」

というイメージがあります。

  • 不健康になるぞ
  • 精神的に病むぞ😰

しかし、現実はどーか。

心もからだも、かつてないほど健康なのです😘

ひきこもりライフから学べること

私たちは「孤独」に慣れていない

私たちはおかんのお腹から生まれます。

たいてい父親がいます。

そーして家庭という集団のなかで育ちます。

次には学校。

次には職場です。

つねに他者がいて、集団があり、社会がある。

集団の一員となるためには、ルールや規範を守らなければならない。

私たちは「よく潤滑された歯車」となるよう期待されます。

いさかいを起こさない、よく他者と調和する人間です。

群れのなかは、悪いことばかりではない🐑🐑🐑🐑🐑

  • だれかが助けてくれる。
  • いろんな人との繋がりが得られる。
  • 集団的なアイデンティティが得られる。

しかし、少数の人は、ある段階で……

「お前は俺たちにはもういらないんだ」と集団から追放される。

あるいは「俺にはお前たちなんていらないんだ」と世を離れる。

f:id:mikuriyan:20201114110158g:plain

孤独になることを選んだのか、孤独とならざるをえなかったのか。これはしばしば簡単に分け隔てられるものではない。(Outsiders & Outcasts (For Those That Don't Belong) - Youtube)

この続きはcodocで購入

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権は有料領域以外はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!