30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【泣きながらパンを食べる】セミリタイア者の憂鬱な一日

治験に落ちてむせび泣く無職男性

ベルギー治験に落ちました。

今年最大のイベントとして楽しみにしてましたが……。

すごくショックです😭

慰めに、海辺の公園でパンを食べてきました。

f:id:mikuriyan:20210616221358p:plainはちみつバターパン😍

パンを食べながら憂鬱な無職が考えたこと

いろいろ考えました。

ベルギー治験は落ちた。でも、得るものはあった

  • チケットの取り方
  • 交通アクセス
  • 滞在時の便利情報
  • かんたんなフランス語

ガッツリ調べました。

この知識はムダではありません。

いつか役立つでしょう。

また海外治験の募集があれば、応募しようと思います。

f:id:mikuriyan:20210616222936p:plain

ブリュッセルに行ったら乗り回そうと思ってたレンタルバイク

ちなみにイチオシ情報は「ホテルでの洗濯方法」です😍

お尻に敷いてバスタオルを圧縮することで、水分がしみ出てタオルが吸水します。だいたい10分も敷いてればOKです。

引用元:【快適】海外旅行、荷物を減らして小リュック1つで行く方法 

セミリタイアは夢の生活ではなく「現実」です

  • 社畜生活=悪い夢
  • セミリタイア=現実

セミリタイアというと

「夢のような生活だなあ」と憧れる人がいます。 

「甘ったれた考えはやめて現実を見ろ!」という人もいます。

「社畜ライフ=現実」

と思う人が多いのです。

でも、リタイアすると気づきます。

「社畜ライフの方が夢だ」と。

あなたが子どもの頃を思い出してください。

「サラリーマンって毎日何やってんだ?🤔」

と不思議だったでしょう。

会社、勤務時間、契約、職務、賃金形態……

ぜんぶふわふわした概念です。

社畜ライフは幻想で成り立っているのです。

リタイアするとそーいうものはなくなります。

もっとアクチュアルなことと向き合うようになります。

  • 人生とはなにか
  • 自分とはなにか
  • いかに生きるべきか

社畜ライフからのリタイアは

「悪い夢」から「良い夢」ではありません。

「悪い夢」から「目を覚ますこと」なのです。

現実には、良いこともあれば悪いこともある。

そして現実は、自分の責任で引き受けなければいけない。

人間はじぶんの時間をどうするかは、じぶんじしんできめなくてはならないからだよ。だから時間をぬすまれないように守ることだって、じぶんでやらなくてはいけない。(「モモ」ミヒャエル・エンデ 

関連:「狭い考えに囚われる」から労働はクソなんです

人間はどうせ死んでしまう

パンを食ってたら、いきなりバン!って音がしました。

そして手元のパンがなくなっている。

なにかと思ったら、トンビが私のパンを奪っていったのでした……。

めちゃくちゃビビりました😭

f:id:mikuriyan:20210616230129p:plain

でも落ち着いたら、妙に納得しました。

「これが人生なんだなあ」と。

  • 人はいつ死ぬかわからない
  • 人はいつか必ず死ぬ

人生は悲劇です。

  • 海外治験にわくわくしてたら落ちる
  • 65歳で定年退職、第二の人生だ! と思っていたらガンが見つかる
  • 億万長者になったぞ! と思ったら事故死

そんなことばっかです。

だれも運命には逆らえない。

どんな権力者でも、立派な人間でも、結局は死にます。

人生は悲劇で、そこから逃げることはできません。

人間にできるのはふたつだけ。

  • 悲劇にへこたれてしまうか
  • 悲劇のなかで気高くあるか

終わりに リタイア後に憂鬱な日もあります

リタイア生活は楽園ではありません

毎日ニコニコ暮らすわけではありません。

憂鬱を自分ひとりで受けとめなければいけないときもあります。

それがリタイア者の使命(?)なのです🤣

まあ、気持ちを切り替えていきます。

とりあえず……

明日は図書館でガッツリ読書してきます😘

関連:リタイア後に鬱病っぽくなることもあります
関連:鬱になったときの最強の治療薬を教えます
関連:【洗脳】「仕事中心の価値観」が鬱や自殺を生みます

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!