30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【買ってはいけない】ビジネス書・自己啓発書を読むのは「ムダ」です

溺れた人がつかむワラ

ビジネス書コーナーにある本をたまに読みます。

リタイアに関係する本があるのです。

が、読むたびに後悔します。

  • 「うっすい……😅」
  • 「ないようがないよう……😭」

ビジネス書を読んでも救われません

ビジネス書の書き手はいろいろです。

  • 会社経営者
  • 政治関係者
  • 一発あたった起業家
  • コンサルタント
  • インフルエンサー

彼らはなぜ本を書くのか?

  • 「私の経営戦術やお金の知識を役立ててほしい🤗」
  • 「世の中に訴えたいことがあるのだ😠」

というのは少数派です。

権威付け」がいちばん多い。

本を出せば偉い人に思われるのです。

「私はこういった本の著者です😤」

といえば、「なんかすごいなー」となるでしょう。

経歴に色をつけることもできます。

たとえば

「ミクさん ○年生まれ 〇〇大学卒 30歳でリタイア」

よりは、

「ミクさん ○年生まれ 〇〇大学卒 30歳でリタイア 主著に「ビンボーリタイアのすすめ」「ビンボー飯の絶望レシピ」など」

の方が箔がつきます。

それがどんなクソ本でも……🤣

ゴーストライターががんばって本にしている

「ビジネス書の9割はゴーストライター」

いわれています。

 「本を書いてみたい」

と考えたことあるひとならわかりますが、本を書くってクソ難しいです😅

ブログ書くのとはわけが違う。

ましてや経営者なんて文章が下手な人が多いし、書く時間もない。

そこでだれかに書いてもらいます。

出版社が子飼いのゴーストライターを紹介します。

著者の印税が8%なら、3%とか4%渡して書いてもらう。

著者は儲かりませんが、そもそも名前を売るのが目的だからいいのです。

ライターが著者にインタビューして、それをまとめる形です。

一回1時間のインタビュー5回で原稿ができあがるようです。

  • 「あのアホ社長がこんな本書けるんだ~🤔」
  • 「あの政治家は頭悪そうだけど立派な本を書くなあ🤗」

と思うことがあると思います。

それはゴーストライターが書いてるからです。

著者の言ってることがバカげていても、ちぐはぐでも、ゴーストライターはそれなりに形にします。「血がにじむ影の努力」があるってわけ🤣

ちなみにゴーストライターというとかっこいいですが(ゴーストライダーみたい😍)、一般に薄給で立場は弱いらしい。

彼らがそれでもがんばります。

それは「文筆家」というプライドのためだとか。

書かなくなったらただの人なのです……😭

出版社はゴミを売る 中身なんてどーでもいい

著者にとっては「箔付け」でも、出版社はそれを商品として売らなきゃいけない。

ビジネス書が売れるために大事なのはなにか?

本の内容ではありません。

著者が「有名な人」「今話題の人」かどうかです。

「超有名企業のえらい人」「インフルエンサー」「成り上がった有名起業家」……。

その名前さえあれば、それなりに売れる。

フォロワーが何万人もいれば、数千冊は売れるでしょう。

というわけで、

  • 名前を売りたい著名人
  • 名前を借りたい出版社
  • 文章家でありたいゴーストライター

が三つ巴になります。

そーしてできあがるのが

「内容がないビジネス書」

です……🤣

そんな本をお金を出して買ってなんになるんでしょーか?

お金と時間をムダにするだけです。

f:id:mikuriyan:20210416173056p:plain

終わりに 古典を読みましょう

これは一般論です。

なかには優れたビジネス書もあるでしょう。

ともあれ、ほとんどはゴミです🤣

私も大学生のときはわりと読んでましたけどね。

  • 内容がとにかく薄い
  • どこかで聞いたような内容のくりかえし
  • 読んで得るものがない
  • そもそも、著者の自慢話を読まされてるだけ

そんな本ばっかです。

ビジネス書の寿命はせいぜい1年です。

そんな本を読むより、もっといい本がたくさんあります。

何百年、何千年と読まれつづけている本や、

ほんとーに世の中に訴えたい・伝えたくて書かれた本があります。

「ほんとうの知恵」

はそっちにあるのです……😘

 ←今日さんこーにした本。かなりおもしろかった😍

関連:セミリタイア希望者におすすめの本・書籍【2020年】
関連:【釣り・散歩・読書】早期リタイア後の過ごし方
関連:【図書館】「本さえ読めれば幸せ」なリタイア生活です
関連:【セミリタイアの現実】リタイア生活1年をふりかえって

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!