30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

リタイア者と「承認欲求」という問題

「自分は何者でもない」という感覚にふつう耐えられない

会社の役員だろうが、部下に頼られた上司だろうが、リタイアすれば「ただの人」です。

リタイアすると問題になるのが承認欲求です。

リタイア者でも「承認欲求」を満たす必要がある

リタイアして気づいたことは、無職ライフでも「承認」が必要だということです。

孤独な無職リタイアでもそーなのです😅

私はそれまで「他人に認められたい」という感情は社会的なものだと思っていた。

つまり社会から離れたらなくなると思ってました。

でも、引きこもりライフでも承認は必要なようです。

これはおそらく食事や睡眠と同じくらい本能的ですね。

ニートや引きこもりがステキな日々を送っていても満ち足りないのは、「だれからも承認されない」という絶望のなかにあるからでしょう。

人間には認められること、尊敬されることがどうしても必要なのです。

「承認」は食事と同じように「腹八分目」で

リタイアして1万円の食費で暮らしていると気づくことがあります。

それは粗食の方が健康になれるということです。

関連:貧乏リタイアはむしろ「健康になる」のです

食べなければ死ぬが、食べすぎても死ぬ。

承認欲求もおなじで、ほどほどを求めるのがいいんでしょうね。

フォロワーや「いいね!」が欲しいために、バカな発言をしたりバカな行為をする人がたくさんいます。

「そんなにたくさんの友人がいらない」

と多くの大人が気づくように、自分を認めてくれる人は少しいれば十分なんだと思います。

ブログやYoutubeで承認欲求を得るなら「正直に」

私は割とこのブログで承認欲求を得ています。

「読みたいヤツだけ読めばいいんだ😤」と飛ばし気味に記事を書いてますが、意外と多くの人が読んでくれています😍

私がただの会社員ならだれも読まないでしょう。

アーリーリタイア者というだけでたくさんの人が読んでくれるのです。

ブログは承認欲求が手軽に得られるし、お小遣い稼ぎにもなります。

関連:【アドセンス】リタイアブログで半分メシが食えてます

もちろん、Youtube、ツイッターやインスタグラム、リアルの交友関係、なんでもいいのですが。

適度な承認欲求を得るために大事なことがひとつあります。

それは「正直にやること」だと思います。

ひとつは、ウソは長続きしないからです😅 ウソは複雑です。複雑なことは続きません。いつの時代もチェスやオセロが愛され続けるように、シンプルな方が続くのです。

もうひとつは、偽物の自分を作り上げることになるからです。インスタグラムは「今日もハッピーなワタシ!」という投稿ばかりです。偽物の自分が承認されてもいいことはありません。悲しいことがあれば悲しかった、惨めな気分なら惨めだ、それでいいのです。

f:id:mikuriyan:20200922220333g:plain
もうひとつは、ウソつきは多すぎるからです。ビリー・ジョエルの「Honesty」ではないですが、「Everyone is so untrue(みんな不正直)」です🤣 もうウソつきはいらねーんですよ。

www.youtube.com

終わりに 重要ではないが必要な欲求

リタイア後も承認欲求が必要という話でした。

大事なのは、「適度な」承認が必要ということです。

「私を褒めて」「私を認めて」というひとほどウザいひとはいません😅

一方で、どれほど独立心がある人でも、適度に他人に認められた方がいい。

  • 適度な食事で健康になれるように
  • 適度なお金に満足するのが「豊か」なように

適度な承認を得る必要があるのです。

フォロワー数10万人とか、チャンネル登録者が10万人とかは難しいですが、「適度な承認」であればそう難しくない。

「足るを知る」人にとって、人生はとってもかんたんなのです……😘 

関連:リタイアと「アイデンティティの危機」
関連:セミリタイアが「退屈」で「飽きる」理由
関連:快適セミリタイア生活も「牢獄」になりうる

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!