30歳1000万円でリタイア

150万円の家でひっそり隠棲 1000万円で生き残る

【ちょろすぎ】30歳で仕事をやめて「人生イージー」になりました

人生のちょろさにビビる33歳無職男性

いま日本のさきっちょ――知床ってとこにきています。

無料で山に登ります。

登山道に親子がいた。

うしろつかえてるんですけど!😠

無料の風呂に入ります(寄付はした)。

クソ熱くておっさんがキャッキャしてた。

私も混じってキャッキャした。

無料で泊まります。

そのへんの駐車場。

キャンプ代が惜しいんじゃないのです。

うるさいのがイヤ。

1日バリバリ楽しんで数百円なのでした🤗

お金なくても私たちはリッチです

「北方民族博物館」

が博物館でいちばん楽しかった。

私は「野蛮人」が好き。

ビンボー生活してるから。

イヌイットのアザラシの腸でつくったパーカ。防水性が高いらしい。

アザラシ狩りをするおっさん。けっこー楽しそう

北方民族のいろんなのりもの

世間的には私はビンボーです。

月4万円で暮らしてます。

それでも「野蛮人」に比べたらクソリッチ。

  • 畑を耕さなくても100円で食パン買える
  • シカの皮をなめさなくても300円でTシャツ買える
  • 木を切り倒してソリをつくらなくてもバイク買える

「中世の人々から見れば、現代の西ヨーロッパはコケインそのものだ。ファストフードはいつでも食べられるし、気象のコントロールは可能で、自由に誰とでも恋愛できる。働かなくても収入が得られ、美容整形で若さをたもつことができる」

ほんとは人生クソかんたんなのです

  • 社会は厳しいとこなんだ😭
  • 生きることは難しいんだ🥺

とほとんどの人は洗脳されている。

「人生は難しい」

そーじゃなければ

  • 赤の他人のために働こう!
  • わずかな賃金で辛い労働をしよう!

とは思わない。

カルト宗教がどーのこーのいわれてるけど。

資本主義社会は基本的には詐欺・洗脳で維持される。

現実には人生はかんたんです。

食べものも情報もいくらでもあるんだから。

あとは「気づく」だけ。

終わりに 人生がどんどんイージーになります

「10代、20代は苦労したわあ……」

と思います。

仕事をやめて3年。

人生がかんたんになっていく。

したいことしてりゃーいい。

結局、ぜんぶなんとかなるのです……😘

著者:ミクさん - 問い合わせ- 全記事 - 当サイトの著作権はクリエイティブ・コモンズの表示—非営利となります。
ブログ制作日 2019年11月5日 エンジョイリタイアライフ!